FC2ブログ

小説・初恋・27(如月奏一郎の悲しみ ) 

ほどなくして如月奏一郎は、父の精神異常に気が付いた。


婚約者を失ってから数日を置いて、性急に見合わせられた遠縁の沙耶宮は、30を越えて手まりをつき、人形を抱く童女だったのだ。


戦慄の婚姻を勧める父に、奏一郎は絶望し、実家に戻ろうとするが、既にそこは家屋すらない更地になっていた。


全て、湖西の歪んだ思惑通りに進む・・・


「お父様は、とてもお寂しい方でした。」


天然痘のあばたが残り、見目は確かに人並みとは行かなかったが、生前、母は父を悪く言わなかった。

「母は、夢を見たのですよ。」


思い返す母の声は、とても優しい。


「物語の光源氏と末摘花のように、いつか心が寄り添う夢。」


「わたくしは、お父様をお慰めする術をもたなかったけれど、いつかお目にかかったら優しくして差し上げてね、奏一郎。」


「あなたは、とてもお父様に似ているから、きっと気に入っていただけるでしょう。」


それで母は、幸せだったのだろうか・・・

母が亡くなったと知らせをやっても、顔すら見せなかった父親。


酷薄な微笑を浮かべて、自分の全てを支配しようとする父は尋常ではなかった。


深く葛藤するうち、やがて奏一郎は不治の病を得る。


初めて吐血したとき、思いがけず父は優しかった。


だがそれが自分を思うのではなく、財産を守る跡継ぎを失う心配でしかないと知ったとき、彼は病床で深く絶望した。


・・・父にとって如月奏一郎の存在理由は、それ以外どこにもなかったのだ。

・・・そんな時、ただ側で見守るしかなかった、童のような妻が懐妊した。


十月十日後。


「おめでとうございます。若様ですよ。」


祝福と共に、絹に包まれ寝屋につれてこられた嬰児と対面し、父親になった奏一郎は顔を覆って涙した。


和子に対面した父親に喜びはなく、あるのは悲嘆の言葉だけだった。


「父上・・・」


「父上・・・。

この子の父親は誰なんです・・・?」

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> ・・・・・・・・・・
>
> う~ん、恐ろしや・・・・・
>
> 父親はね・・・・・・・・・

(´・ω・`)懷かしい・・・奏のぱぱんの名前、奏一郎でしたね。

2011/01/24 (Mon) 19:57 | REPLY |   

小春  

う~ん・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

う~ん、恐ろしや・・・・・

父親はね・・・・・・・・・

2011/01/24 (Mon) 15:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment