FC2ブログ

小説・初恋・17 

時の大臣よりも高給取りといわれた、外国人の教授は皆熱心で、東洋の島国での教師生活を楽しんでいた。


西洋の王室では、社交界と言うものがあって貴族の子女はある年齢が来ると、王や皇帝の列席の中お披露目されるそうだ。


美しく流れるようにダンスを踊ること、それは教養のひとつであり紳士淑女の嗜みであると、モンテスキュウ教授は語った。


颯のは、ほとんど柔の組み手のようだと散々言われたが、練習の甲斐あって何とか形にはなってきたと、二週間余り奮闘の末やっと及第点を貰った。


「あとは、踊る相手との呼吸がすべてです。実際に踊る相手は誰ですか?」


思わず、考え込んだ颯の目線の先に、奏が見えた。


二階の教室から、ぼんやり校庭を眺めるその視線の先に回って、下りて来いと手を振った。

「なんですか?」


毎日、リボンを直してやるようになって、ほんの少し表情が柔らかくなった・・・様な気がする。


「頼みがある。如月、踊ってくれ。」


優雅に見えないドレスの裾をつまんで、奏は恭しく腰を折った。


「お断りです。」


「なぜだ。」


鼻白む颯に、教授は貴婦人にはそれなりの申し込む礼儀作法があるのだと、教えた。


「え・・・と。・・・よろしければ、私と踊っていただけませんか・・・?」


「喜んで。」


・・・紛れも無い血統のよい貴婦人が、身体を預けて艶然と微笑む。

軽やかに踊る女役の奏は、水を得た虹色の魚のように、くるくると回る。


寄宿舎のテーブルに飾られた、ねじ式のマイセンのつややかな陶器人形のようだ。


ぱんと教授が手を叩く音で我に返った颯は、自分が奏に見とれていたらしいと気が付いた。


「如月。君が、女性でなくてよかった。」


颯のほんの小さな褒め言葉が、奏の心に楔を打った。


「あやうく見とれて、婚約者を泣かせる所だったよ。」


小さな貴婦人の顔が、無理やり微笑もうとして悲しげに歪む。




・・・見えない硬質なドレスが、どこかで軋んだ・・・

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 颯のほんの小さな褒め言葉が、奏の心に楔を打った。
>
> kokoga point 彡(-ω-;)彡ヒューヒュー奏のこころに風・・・

颯は鈍感ですからね~、かわいそうです。(´・ω・`)

2011/01/23 (Sun) 02:40 | REPLY |   

小春  

NoTitle

颯のほんの小さな褒め言葉が、奏の心に楔を打った。

kokoga point 彡(-ω-;)彡ヒューヒュー奏のこころに風・・・

2011/01/23 (Sun) 00:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment