FC2ブログ

小説・初恋・14 

「せっかく親元を離れて学生生活を送るのだから、そのくらいは自分で出来るようになれ。」


「今のままじゃ、一生何も出来ない京人形で終わるぞ。」


「ほら。

一人できちんと出来るように、教えてやるから。」


椅子に座った奏の肩越しから、釦のはめ方を征四郎に教えるように丁寧に教えてやった。


「最初は釦の、端っこをつまむんだ。そう・・・」


「慌てなくていいから、ゆっくり。」


奏は少し、くすぐったそうにしていたが、嫌そうではなかった。

奏の、焚き染めた香が鼻をくすぐる・・・


「そら。

反対の指・・・親指と人指し指をホールの側に迎えに行くように持っていって。

釦の端っこが来たのを捕まえる。」


「そのまま、離さずに持ってろ・・・」


「そう、指で釦の横を、反対側に押すんだ。」


「・・できた。」


「二つ目もやってみろ。」


不器用な子供のように、頬を上気させて、一生懸命奏は釦と格闘した。

驚くことに奏は、投げ出さずに半時もかけて、釦をとめた。


感動の面持ちで自慢げに姿見を覗き込む奏は、感情の暴走した昨夜と同じ人間とは思えない。


その豹変振りに、如月奏という人間は生まれたての子供のように、ただ何も知らないだけなのだと颯は理解した。


一人で寝巻きを着たとき、父親に褒めてもらおうと長い時間玄関で待っていた、年の離れた弟。

そのまま、その場で眠ってしまった征四郎と奏は、かぶって見えた。


「ほら。タイは難しいから、今日は結んでやろう。」


「顎を上げて。」


奏は颯の言うまま、待っていた。


「手というのはね、鞭を振るうよりも、釦を留めるほうが優雅に見える様に出来てるんだ。」


「働く者たちの手元を見たことがあるかい?」


「いえ。」


「大工の棟梁の手などは、まるで手妻(手品)を扱うように見える。

一度、見てみるといい。」


じっと、奏が不思議そうに見つめる。


「僕に、そんなことを言ったのは、君が始めてだ。」


「友人になるつもりだから、言う。」


「友人・・・?」


奏は、聞きなれない言葉を問い返した。

関連記事

3 Comments

此花咲耶  

nichika さま

奏のシリーズは、お気に入りです。
まだブログではなく、「魔法の島」で書きはじめたとき、初めて感想をいただいた作品なのです。
結局、いろいろな作品の根底に、奏のタイプがいる気がします。(〃▽〃)

2013/02/03 (Sun) 21:08 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 良い感じ(*^ω^)ノ∠※PAN!オメデトクラッカー♪

この場面、お気に入りです♪

2011/01/23 (Sun) 02:37 | REPLY |   

小春  

お~

良い感じ(*^ω^)ノ∠※PAN!オメデトクラッカー♪

2011/01/22 (Sat) 23:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment