FC2ブログ

小説・初恋・13 

颯は、すぐさま走り寄ると、白雪と呼ばれた小姓を掬って寝台に放り投げた後、厳命した。


「何もしなくて良いから、今日一日、休んでいろ。」


奏がきつい視線をよこした。


「彼は君が打ったから、熱が出たんだ。」


「見てみろ、かわいそうに。すっかり目が空ろじゃないか。」


「分からないのか?」


「・・・靴下を履かないと、ぼくが授業に遅れる。」


呆れた颯が無言になったのに気が付いた白菊が、懸命に袖を引っ張った。


「湖上さま。」


「どうか奏さまの話を聞いてください。

お願いですから。」


颯は、話を変えた。


「・・・僕に用があると聞いたから、来たんだけど?」

でもその声は、とても冷たい。

「一限目に遅れる。用件は?」

奏は、椅子にかけたまま上体を倒して、颯の顔を覗き込んだ。


「上野博物館に、行ってみないか?」


「上野博物館?

・・・・ああ、内国勧業博覧会か。」


「そう。もし興味があるなら、帰りに建築家のジョサイア・コンドルに会わないか?」


「コンドル?

驚いたな!君にはそんな伝手があるのか。」


颯は、政府に招聘されたコンドルという建築家にとても惹かれていた。


彼の作るものは本格的な西洋建築でありながら、周囲の風景に違和感なく溶け込み、和洋折衷の加減が絶妙だった。


機嫌を直し、嬉々とした表情になった颯を、奏は安堵したような顔で眺めた。

「再来週末、東京の家でコンドルを呼んで夜会を主催するから、君と君の小姓を招待する。」


「夜会って・・・洋装の婦人の同伴が基本なんだろう?」


「僕は、西洋式の踊りが出来ないし・・・でも、コンドルに会いに行きたいな・・・う~・・・」


奏が助け舟を出した。


「では、級友は女性なしでも入れるようにと、執事に言っておきます。」


「喜んで招待を受けるよ、如月。」


話をしている間に、小姓の白菊が靴下を履かせ、靴紐を結んだ。


「コンドルに、別邸の設計をしてもらう手はずになっています。」


「そうか。すごいな。」

ほんの少し、得意げな顔をして、奏の面目は保たれたかに見えた。


「如月。釦は留めないのか?」


「・・・。」



「奏さま、わたくしが。こちらをお向きください。」


颯は白菊が手を貸そうとするのを、無情に制した。


「駄目だ、白菊。」


立場が再び逆転し、先ほどの饒舌から一転、奏は俯いて黙りこくってしまった。

目元が朱を刷いたように、染まってくる。

そのままじっと眺めていれば、おそらく昨夜のようにはらはらと、双眸から涙が零れ落ちただろう。


関連記事

0 Comments

Leave a comment