FC2ブログ

小説・初恋・12(誘い) 

扉を開けたら、胸のところで祈るように両手を組んだ、如月奏の小姓が思いつめた顔で立っていた。


白菊と名乗った。


「どうした?」


「あの・・・あの・・・奏さまが。」


関わらないと決めたばかりの颯は、くるりと背中を向けた。


「行ってやれ、清輝。」


清輝がため息混じりに、ドアに向かおうとしたとき小姓が言った。


「湖上さまをお呼びなのです・・・」
「ぼくは、これから授業の下調べをするんだ。」


「大体、用があるなら人を介さず、自分で来るべきだろう。」


一目でわかるほど、がっくりと落胆して、使いの役に立たなかった奏の小姓は肩を落とした・・・


「・・・失礼いたしました。」


「ふ~ん・・・」

「可哀想にねぇ。

これからあの子が、如月の鞭を浴びるのか。」


「鞭・・・」


はっとして、颯は小姓を追った。


「わかった。同道する。」


しおれまくっていた露草に、その一言が水をかけたようだ。


「奏さま。来てくださいましたよ。」


「奏さま?」


どうやら、奥の部屋で着替えの最中だったらしい。


昨夜打たれて傷ついた小姓が、ふらふらと手伝いをしようとしたものの、打ち身の熱で身体がままならない風だった。


奏は部屋の中央で素肌にシャツを引っ掛けて、椅子に浅くかけ、倒れた小姓を不遜に見下ろしていた。


「白雪。急がないと時間が無い。」


「はい・・・はい・・・、今すぐ。」


白雪と呼ばれた小姓は、どうやら奏に靴下をはかせようとしているようだった。
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> おぱんつも???

もちろんです。(´・ω・`)←白雪

2011/01/23 (Sun) 02:36 | REPLY |   

小春  

おいおい・・・・

おぱんつも???

2011/01/22 (Sat) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment