FC2ブログ

小説・初恋・5 

元来、人懐っこい性格の颯は、誰とでも話をするのが好きだった。


村の古老達が、鳥羽伏見でどんなに勇敢だったか、池田屋の襲撃が無かったら、明治維新はもっと早かったに違いないと、同じ話を繰り返し語るのも、嬉しげににこにこと聞いた。


やがて、全体の食事がほぼ終了した頃、明らかに古臭い颯の洋装をわざわざ笑いに来た者が居た。


「君の衣装は、随分年代物のようだが、外国人居留地のテーラードかい?」


「君。

失敬だろう。」


椅子を外した清輝の血相が変わったのを、颯が制した。

「・・・腕が一流かどうかは分からないが、一応仕立ては横浜の英国人の手によるものらしいね。」


「この上着は、父上が外務大臣の通詞として大英帝国に渡欧した時のものなんだ。」


さきほどまでの優雅な食事風景は、彼らの会話を聞き漏らすまいとして、随分静かになっていた。


「ふん・・・君の父上は、英語が出来るのか?」


「土佐藩の、あ、高知県というのだっけ?ジョン万次郎という通詞が居ただろう?」


「東京で直接習ったと、言っていた。

彼の息子は、ぼくらと年が同じくらいだったはずだよ。」


「へぇ・・・」


どうやら、やっと颯の血統がよさそうなのに気が付いたらしい。

「君の身分は?」と、聞いてきた。


「祖父は伯爵だ、僕はただの湖上颯。よろしく頼む。」


颯は、右手を差し出した。


「湖上、君の方が身分は上だ。でも友人になれそうだな。」


「勿論。

野良犬の臭いを気にしなければね。」


「颯さま。」


清輝が吹いた。


その場に居た者は皆笑い、颯はこの件以来多くの友人を得た。

「各自、授業に備えて、構内を確認して置くように。」


入学式の終わりに告げられたとおり、自由に構内を回った。


生物学室。


外国語教室。


物理室。


・・・階段式の珍しい教室を観て、いよいよ明日から授業が始まると思うと気分が高揚した。


「これだと、うっかり眠った日は最悪だな。」


「ここから見上げれば、丸見えだ・・・教授と目が合わないようにしないと。」


清輝は、半分本気だった。

関連記事

0 Comments

Leave a comment