FC2ブログ

紅蓮の虹・20 

「あれは・・・百合・・・?」

異世界から覗いているような、コウゲイの記憶の断片の中に懐かしい友人の面影を見た。

長い髪をゆるく束ね、両の手を身体の前にかざしていた。

おぼつかない足取りから、盲いてからまだ間もないとわかる。

「四郎様」

「百合」

二人は手を取り合った・・・

「わたしは、百合の目になりたい・・・」

「四郎様、お姿は百合の胸に焼きついております。」

二人の後ろから、コウゲイが手を伸ばし、少女の目に柔らかく触れた。

「・・・あ・・四郎様!」

盲目の少女に、四郎が光を与えた奇跡は瞬く間に島原中の噂となった。



  

まじかよ・・・

「それは、やっちゃいかんだろ。」

俺は、過去の話だということを忘れてコウゲイにツッコミを入れた。

「えらいことになってんじゃん・・・」

「だから、わたしのせいだと言った。」

島原の乱を率いる、美しい少年のカリスマ性は、確かに神域のものだったのだ。

何しろ、本物の龍が絡んでるんだから。

「他にも、何かやったんだろ?」

俺は、コウゲイを責めた。

「大したことじゃない。」

コウゲイはそういったが、まだ人の部分が多い俺にはわかる。

それを人は「奇跡」と呼ぶのだ。

畏敬の念を込めて。








関連記事

0 Comments

Leave a comment