FC2ブログ
FC2ブログ

隼と周二 学園の狂騒 1 

周二が、すこぶる不機嫌なのには理由があった。
沢木が隼に、コンタクトレンズにするのを許したのだ。
裸眼視力が、0、1もない隼の眼鏡は、俗に言う牛乳瓶の底で分厚く、眼鏡を外すとまるで別人と言う少女マンガのような事実は周囲をざわつかせた。
周二の心配したとおり、退院して久し振りに沢木隼が学校に現れたとき、一瞬空気が固まりそしてすぐに熱を持った。

「うっそ!誰?沢木?」
「ええ~っ!あのチビのダサ眼鏡の下って、この顔?」
「なに、なに?超、可愛い!やばいって」
「人形みたいじゃん、すっげ綺麗。どういう事だよ、これ」
噂を聞いて隣のクラスからも溢れて向かってくる級友の声を受け止め切れなくて、隼は困っていた。
「あのっ。コンタクトにしたんだけど、へ、んっかな?」
群がったクラスメイトは、ぶんぶんと顔を振った。
「可愛い~!」
「何で今まで隠してたの?」
「沢木って、フリーだったよね。これならすぐに」
ダンッ!!
激しい音を立てて、机が2、3台勢い良く転がった。
教室の後列で、いつもどおり静かにしていた周二だったが、恋人が困った顔をするのをほおっておけなかった。
「周二くん」
ざっと視線が寄せられて、まずいと思ったが仕方がない。
小さくふるふると顔を振って、駄目と合図を送ってきた隼に、ちらりと視線を送って周二は教室を後にした。
(くそったれ、隼は大昔っから、天使だっつーの)
やだあ、こわ~い、と女子の声が小さく聞こえる。
あいつ、得体が知れないから触らないほうがいいって、そんな声も聞こえてきた。
乱暴だよな、ヤクザみたくね?と続く声に皆が賛同したとき、可愛い声が反論したのに気付いて足を止めた。
「違うよ、周二、くんはっ、乱暴じゃないよっ。がっこじゃ、何も言わないけど、本当はとっても優しいよ」
「沢木?あいつのこと知ってるの?」
隼は、親しい人以外の人前で話をするのは、余り得意じゃなかった。
それでも懸命に自分を庇おうとするのがいじらしくて、思わず口角があがった。
「うんっ。ぼく、「めのほよう」で放課後……あ」
「なに?めのほう……?」
さすがに、言ってはいけないことだと気が付いたようだ。
両手で口を覆って固まった。
視線が集まって皆、隼が何か言うのを待っている。
「仕方ね~な、もう」
周二が戻って、沢木の親父に世話になったんだと言い訳しようとした時、からりと前方の扉が開いて全校生徒憧れの樋渡蒼太が現れた。
「失礼。執行部の沢木はいるかな?」
「はいっ、います。何ですか、生徒会長」
「文化祭での生徒会主催の劇の話だけど、一応ぼくが脚本書いたから目を通しておいて」
「はいっ」
脚本を受け取った、生徒会執行部書記の沢木の手元をクラスメイトが覗き込んだ。
周二と隼の通う高校は、一応進学校として一目置かれ、文化祭の完成度も高いといわれていた。
毎年、生徒会が行う劇も、全国演劇コンクールの本選まで進んだこともある。
もっとも、その時は戦時下を懸命に生きる高校生達の話だったが、生徒会長の持って来た台本にクラスメイトはざわめいた。
「これ、何かの冗談だよな。」
「まさか、うちの学校でこれはやらんだろ」
「タイトル、すげぇ」

作・演出 樋渡蒼太
タイトル・緊縛のラブレレラ

夕陽の差し込む、旧校舎の生徒会室。
樋渡蒼太は、品の良い細い黒に近い緑のフレームをくいっと、人差し指で上げた。
「ぼくの脚本に何か問題でも?沢木」
「クラス中、大騒ぎになってます。過激すぎるんじゃないかというのが、全体の意見です」
「そう?こんなの、なんともないけどなぁ」
「声に出して読んでみて、沢木。この主人公は、君をイメージして書いたものなんだ。できるだけ、感情をこめて読むんだよ、沢木」
「はい」
隼は台本を取り上げると、乞われるままに大きな声で朗読を始めた。
「緊縛のラブレレラ」

むかし、むかし。
中世のある町にそれはそれは美しい、ラブレレラという「男の娘(こ)」がおりました。
両親と「男の娘(こ)」と三人、仲良く暮らしていましたが、ある日あっけないはやり病で母親は他界してしまいます。
父親は商人でしたので、他国との取引が有るためしばらくすると外国に行かなければなりませんでした。
「おとうさま。一人でお留守番するのは寂しいけれど、ラブレレラはいい子でお帰りをお待ちします」
「おまえが一人で寂しく留守番していると思うと、おとうさまは心配でたまらない。いっそ、おまえに貞操帯をつけることも考えたが、不自由でかわいそうだ。だから、おとうさまは新しい「男のお母さん」をむかえることにしたよ。一緒に「男のお姉さん」が二人もできるんだよ、仲良くしてもらいなさい。」
「まあ。新しい家族が三人も?何て素敵なことでしょう……ん~?」

さすがにちょっとおかしい気がしたので、隼は小首をかしげた。

「これって、灰かぶり(シンデレラ)姫のパロディですか?先輩」
「そうだよ、サンドリヨン。気にせず読み進めて」
「はい」

新しい男のお母さんと、男のお姉さん達は、たいそう立派な体格でラブレレラは驚きました。
胸板は厚く、上腕の筋肉と来たらおとうさまより、立派かもしれません。
ラブレレラは、どきがむねむねしました。
「はじめまして。おかあさま、お姉さま方。ラブレレラと申します」
新しい家族の前に立った男の娘、ラブレレラはどこからどうみても女の子にしか見えませんでした。
「まあ、憎たら……可愛らしいこと。おまえには最初の贈り物があるわ。」
「さあ、贈り物の新しい箒(ほうき)よ。この新しい箒で家の中も外も綺麗にしなさい。そして、その見事な刺繍のドレスは勿体無いから脱いでおくことね。汚さないように」
「でも……でも、ぼく。これを脱いでしまったら、はずかしいです」
「おかあさまの言うことは絶対よ。でないと、その布の少ない下着もむしってしまうわよ」
「いや、いや。お姉さま。おっしゃるとおりにしますから、お願い、ぱんつはとらないで」
口答えは許されず、ラブレレラは小さな下着(パニエとコルセット)とガーター姿のまま箒とバケツを持って、涙を浮かべ掃除をはじめました。
「あらあら、あまえの恥しらずなぴんくのゾウさんが覗いているわ。虐められると震えるのね」
「いや、いや。おかあさま、そんなことをおっしゃらないで」
「こことここに、もう1つの贈り物をあげましょう」
震える小さな贈り物を、胸の二つの小さな突起にテープで留められて、ラブレレラは喘ぎました。
後の孔に震えるおしっぽを入れましょうと言われて、ラブレレラは涙ぐみました。
「あん。いや、いや、これではお掃除が出来ません」
「そう?だったらこれだとどうかしら?」
最大出力で、体内で震える異物に、ラブレレラは床に倒れて身悶えしました。
「きゃあっ。ち……くび、変。いやあっ。お願い、このままではどうにかなってしまいます」
「そう、だったらどうして欲しいのか、おねだりして御覧なさい」
真っ赤に頬を染めて、ラブレレラは四つんばいになりました。
「熱く燃えるぼくのおしりを、おかあさまとお姉さまで満たして、お願い。このままでは、どうにかなってしまいそう」

「ゆっくりと腰を振っておねだりするラブレレラに……って!だめっ!!無理っ!!こんなの文化祭の劇でやっちゃだめっ!断固、反対っ!」

本気の涙目で、血相を変えて抗議する隼に生徒会長、樋渡蒼太は微笑んだ。
「そこまでか。想像以上にがんばったね。ごめんね、間違ったみたい。本物の脚本はこっちだった、沢木。感情込めて、これも読んで」
「……作・演出 樋渡蒼太。タイトル・緊縛の桃雪姫?きゃあ~」
隼は脚本を投げ捨てた。






小説(BL) ブログランキングへ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK




関連記事

0 Comments

Leave a comment