FC2ブログ
FC2ブログ

隼と周二 (続)狂った夏 4 

隼の病室の外、ぼんやりと佇んで、俺は入室許可が下りるのを待っていた。
あれから三日目、やっと沢木が逢うのを許してくれた。
仕事で迎えにいけないからおまえが行けと、退院する日を教えてくれたので、すっ飛んで来たのだった。

「周二くん。久しぶりだね」
「隼……もう、大丈夫なのか」
毎日通ってきてはいたが、ずっと隼の部屋に入るのは許されなかった。
余りにひどいことをした罰だと思って、じっと(妄想の中で隼をあんあん言わせながら)耐えた。
脳裏に浮かぶ苦悶の表情の隼が心配で、まともに眠れずげっそりと目の周りがくぼみ、眼下の隈は特にひどかった。
守役の木本が、周二のほうが病人になるんじゃないかと本気で心配して、沢木に頭を下げてくれたようだ。
「子連れ大魔神」沢木も、余りの落ち込みように同情し、今回に限り仕置きは許してやるといったくらいだ。
どんな仕置きが待っていたのか、想像するのも怖いけど。

一つだけ分かったことがある。
ぶん殴られたり締め落とされたりするよりも、隼に逢えないのがこんなに辛いなんて、思いもよらなかった。
学校で視線以外言葉を交わすことも希な俺達だったから、いつの間にこんなに深く隼に想いを寄せていたのか、自分でも不思議だった。
早熟で女と体の関係ばかり追ってた俺が、幼い隼をこんなに好きでたまらない。
我ながら、こんな一途な恋が出来るとは思ってなかった。
「これね、病院の借りてたおねまき、紐がもつれちゃったの。ほどいてくれる?」
入院している間、介護用の短いケアねまきを、借りて着ていたみたいだ。
退院するから、私服に着替えるつもりだったらしい。
上手くほどけなくて、固結びになっていた。
ベッドに並んで腰掛けると、膝上20センチの短いワンピースのようになっている打ち合わせに手をかけた。
俺が色々な意味でお世話になったことのあるお姉さんが、マットの横で跪く時に着ているくらいの短さだった。
裾が割れて太ももの奥まで丸見えになった隼は、そっちにはまったく無防備で、固くもつれてしまった紐に困っていた。
「ほら、ほどけたぞ」
「周二くん、ありがと」
ガーゼのねまきを背中に滑らせると、丸い肩が現れて、下から俺を見上げる大きな澄んだ目に視線が絡む。
俺は、もう少しでこの愛おしいものを失う所だったのかと思うと、温かい命を抱き寄せずにはいられなかった。

「生きてて良かった、隼」(作者注:古い牛乳を飲んであたっただけです)
「周二くん。大げさだよ」
紐を解いたら前がはだけて、薄い胸と幼い性器が見える。
何でぱんつを穿いていないか聞きたい所だが、目の保養優先でこの際触れないことにする。
何のふくらみも無い滑らかな白い胸に、ほんの少し薄い桃色に色づいた清らかな小さな突起。
「さわってもいいか……?俺の隼を、ちゃんと確かめたいから。」
「んっ」
そうっと力を入れないように、傷つけないように、殻のない水玉子に触れるようにやわやわと指先でなぞった。
「あ、んっ」
爪で弾くと、胸の先がほんの少しぷくりと質量を増やし、色が濃くなった気がする。
「隼、あぁ、俺の隼……生きててよかった……」

横から抱きしめて、そっと大切に寝台に横たえた。
介護に便利な病院のねまきは、着脱がしやすいように計算されているとは聞いていたが、実践してみて優れものだとわかる。
隼が怖がらないように、胸の中に抱きこんでそっと手を伸ばし袖を抜いた。
ありがとう、介護おねまき。

震える両の手が、俺の手を力なく押さえて拒む。
指の先を平らな胸に這わせながら、胸元に顔を埋めた。
鼻腔に広がる隼の匂いは、今は消毒薬の匂いを含む。
右の胸を犬のようにしつこく舐め回しながら、ずっとさわさわと指先で左胸を摘み上げていた。
ささやかな突起がやがて濃い桜色に染まり、隼の小さな口から切なくも甘い吐息が漏れた。
「はっ、あっ。やっ、周二くん。おっぱ……い、やっ」
ほんの少しだけ、強く吸ってもいいか、隼。
うんと優しくするから。
「聞いちゃやだ……んっ」
薄い胸に、恥らったように震える紅い尖りに口をつける。
敏感になった薄い皮膚に、そっと歯を当てると隼の背中が弓なりに反って緊張する。
白い肢体が薄紅に染まってのけぞるのを見ただけで、身体中から色々なものが噴きそうだった。

抱きしめているから怖くないだろ、隼。
追い詰めて追い詰めて、おまえから挿いれて欲しいとねだるようにしてやるから。
小さな顔を両手で包んで、潤む瞳に唇を寄せた。
固く目を瞑って怯えている隼に、小鳥が餌をついばむような幼いキスを優しく落とす。
「んっ、っふ」
「隼。俺の名前を呼んで」
「しゅうじくんっ」
なまめかしく濡れた唇が、ぎこちなく俺の名を呼ぶ。
紅い舌先で、いつか俺のモノを嘗め回し、早くここに挿れて欲しいとねだれ、隼。
「周二くん」
「くっそ」
抱き合うだけじゃ物足りない。
身体を入れ替えて、深く舌を絡ませる大人のキスを覚えて、隼。
絡めて吸って、みんな飲んで。
「周二く、んっ、んっ、んっ」

耳朶に響くのは、うっとりと深いキスをむさぼる隼の声。
「あぁ、隼」
腕の中のやわらかい愛おしい存在に、俺は獣になって喰らいつきたかった。
「んっ、あの、しゅうじ、くんってばっ。あのっ……パパが見てるけど、へいき?」
「ぱぱ?……パパ……?うげっっ!!」
「よぉ」
「あpyx1#~~~v!!!!」

ざっと音を立てて、全身の血が逆流した。   


                
                       続・狂った夏 (完)






小説(BL) ブログランキングへ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK



関連記事

0 Comments

Leave a comment