FC2ブログ
FC2ブログ

隼と周二 狂った夏 1 

熱を持った床で、ぼんやりとした意識が戻ってくると、後頭部の痛みに襲われた。
あちこちに、擦り傷が有った。

「周二くん……?、周二くんは……どこ?」
顔の側にある靴の持ち主を見上げて、思わず問うた。
返事はなく、先の尖った靴が横たわった隼(しゅん)の脇腹を軽く蹴った。
「周二ってやつなら、お前が傷つけた車の弁償費用を作ってるんだろ?」
冷ややかな声が降って来る。
「親父の外車は、特別仕様のだからな。ありゃ高いぜ」
かけていた眼鏡はどこかに行ってしまって、視界もはっきりとはしない。
身体を起こそうとして、じゃら……と硬質な音に身がすくんだ。
「え?何、これ……?」
両腕が縛められるように、金属の枷が嵌められていた。
「王子様が帰ってくるまで、いい子にしてな。貰うもんもらったら、帰してやるからよ」

唐突に、隼(しゅん)は思い出した。
放課後、塾へ急いでいるとき、誰かが自分の自転車の後輪に当たり、自転車ごと車道に押し出されたのだ。
歩道を走っていた自分が悪かったが、転びそうになったとき、普段余り話もしたことの無い級友が道路に叩きつけられるのを、間一髪で助けてくれた。
自転車だけが車道に滑ってゆき、走ってきた黒塗りの外車にぶつかった。
まるで、ドラマのワンシーンのように、わらわらと数人の、一目でそれと分かる風体の男達が車から降りてくる。
その姿に、隼は怯えた。
「おい。このチャリの持ち主はどいつだ」
転んでしまった隼の目線に、柄の悪い青年が降りてくる。
「てめえか。弁償できるんだろうな」
「あ……」
いきなり胸倉を掴みあげられた隼は、突然のことに呆然としてしまって、蒼白になったまま唇が震えて返事も出来なかった。
ぽんぽんと、誰かが宥めるように背中に優しく触れる。
「おにいさん。同級生のよしみで俺が払ってやるよ。いくら?」
庇うように目の前に立った級友の名前を、何とか思い出した。
「だめ、木庭周二くん。だめっ」
振り返った友人は、どこか嬉しそうに言った。
「沢木。俺の名前、知ってたんだ?」

こくと頷いたが、それどころではない。
きっと法外な値段を吹っかけられるだろう予感がした。
「ぼくね、きっと入学するとき保険とか入っているはずだから、調べてもらうっ。だから……あっ」
全ていい終わらぬうちに、鳩尾に手刀が入って隼は路上で呻いた。
「はい、はい。話は事務所でつけましょうね」

何故か丁寧に、自転車は道路の隅に寄せられ、隼と周二は自転車が傷つけた車に乗せられた。
押し込められるときに抗って、後頭部を打たれ気を失った。
シャツは羽織っているが、制服は脱がされズボンも下着も奪われていた。
間抜けな恰好に気が付いて、身体を丸める。
視力が弱く部屋の様子が分からないので、余り恐怖は無かったが、自分をかばった級友が心配だった。
クラスの中でどちらかと言うと目立つ、大柄の喧嘩っ早い少年。
会話を交わしたことも、挨拶を交わすことも希だったが、目が合うとお互いほんの少し笑い合う位の仲だった。
毎日、柔らかく視線を交わすのを、楽しみにしていた。
「あの、服を返してください。それと、これも……」
手錠を外してと、口に出すのが怖かった。
「なんで?」
「え?なんでって、こんな格好、恥ずかしいです」
口許の片端をあげて、見張り役のチンピラらしき男が笑った。
「へぇ、恥ずかしいんだ。だったら、こんなことされたらもっと恥ずかしいのかな?」
両手を縛めている金属を掴んで、真上にあげるとシャツの前が開いた。
膝立ちにされると、内腿に隠されていた隼の可愛らしいものが振れる。
「あっ、やめてっ!やーっ!」
温い空気を混ぜるように、まだ若い青年が、縮こまった隼の下腹部に手を伸ばしかけた。
「やっ、あっ」
逃げようにも、手首が頭上に上げられたままだ。
殺されると、幼稚な隼は思った。
恐怖のあまり床に崩れ落ち、意識が飛びそうになったとき、勢い良くドアが開き周二が転がり込んできた。

「てめぇっ!何やってんだよ!」
聞き覚えのある声に、凍りついた時間が解けて瞬時に涙が溢れた。
「し、周二くん……周二くん……えっ……えっ……」
輪になった腕を掛けて、必死にかきついた。
「泣くな、隼。俺がいる」
「こわい、こわい……よぉ」
今、縋れるのは目の前の周二しかいなかった。
温かい胸に引き寄せられて、しばらく背中を撫でられていたら、やっと人心地がついた。
周二が向き合って胸に抱えた同級生の額に、そっと唇を寄せた。
「きっと、助けてやるから、泣くな」
「う……ん」
可哀想なほど涙は止まらず、喉元から細い嗚咽が漏れていた。
周二が顔を落として、甘く耳元にささやいた。
泣き濡れた頬の涙を、吸われた気がした。
「待ってろ。きっちり、話つけてくるからな」
「んっ……ごめ……んね、ごめんね、周二くん」
何の関わりも無い周二に、迷惑をかけているのが辛かった。

夕日を背に、周二を坊ちゃんと呼ぶ男が隣室にいた。
「周二坊ちゃん、あれで良かったんですか?」
「ああ。親父の車に傷なんて付いてないしな、やっぱおまえのA級ライセンスは伊達じゃないな」
「坊ちゃんが、あのねんねの餓鬼に執心してるなんざ、まだ信じられませんけどねぇ」
ふっと、周二は息をついた。
「俺だって信じられねぇのに、お前にわかってたまるか」
泣いて縋った隼の顔を可愛いと思う。
叫んだ隼を抱きしめてやりたいと思う。
そして、いつかあの幼い身体を思うさま、抉ってやりたいと思う。
喘ぎ乱れるその全てを、間近で見たいと思う。
それから……

「くそっ!夏のせいだよ!」

湿った風が吹いた。






小説(BL) ブログランキングへ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK


関連記事

0 Comments

Leave a comment