FC2ブログ
FC2ブログ

杏樹と蘇芳(平安) 1 

平安のころの話である。



広間に引き据えられたまだ幼さの残る兄弟は、人買いにさらわれてここに連れて来られた。
傍で丸くうずくまって震える幼い弟を、半身で庇う麗しい兄は年のころはまだ13,4の少年であった。

「年は?」

人買いの質問に、きりりとまなじりを上げ兄が答えた。

「14歳。これなる弟は、8歳でございます」
「元服は?」
「筑紫(九州)に流された父の元に参り、そこで仮元服の仕儀となるはずでございました」
「元服前か、それは良かった。無垢の美童でなくては買い手がつかぬ」
「買い手……?」

人買いがずいと足を進めて、青ざめた兄の水干に手を掛け引き裂いた。
結び玉がころりと取れて、薄い少年の上半身が露わになる。

「あっ!何をなさいますっ!」

思わず胸を掻き寄せた兄に「良い眺めじゃ、そのままにしておけ」と、人買いはいう。

「わが名は、山椒大夫。そなたら兄弟を、砂金一袋で手に入れた」

目の前にいる男の名は山椒大夫という。
戦で親を亡くした孤児を集め、奴婢として使い田畑を増やし今はたいそうな分限者(金持ち)となっていた。
先の戦で女房子供を無くし、この度の戦で鬼神のごとき働きをし、認められたということだった。

「あそこに見える山のふもとから海までが、わが領地じゃ」
「この地の国司(役人)に訴えてもよいが、おそらく徒労に終わるだろうよ。わしがその国司じゃからの」
「そんな……!」

兄の握り締めた手が、真っ白になったのを見て人買いの山椒大夫はからからと笑った。

「いとけない弟は寺に預けて、坊主どもの慰みの稚児とする。汐汲みの役にも立ちそうにないからの。そちは、山で萱を刈れ。屋根の吹き替えが近い」

言い捨てて退出しようとするのを、兄が止めた。

「お待ちください!山椒大夫様!」
「なんだ。」
「弟と一緒に働かせてください!わたくしが、弟の分まで働きます」
「おまえが?」
「はい。細腕なれど、懸命に萱を刈ります。ですから、弟を寺にやるのはおやめください。どうか!どうか!」
「ふむ……」

裾に縋り必死に見上げた瞳は、山椒大夫を捉える。
人買いは武骨な腕を伸ばすと、兄の頬に触れた。
ぷつと元結を切れば、女子よりも美しい瑞々しい美童だった。
豊かな黒髪に、手を差し入れぐいと顔を寄せる。

「天眼石のような目じゃ。魔除けになるかの」

意味が分からず兄は、ただじっと人買いの元締めを見つめていた。

「弟が稚児になるのはいやか?」

こくこくと必死に頷く兄の細い顎(おとがい)に手を掛けると、山椒大夫は無垢な口を吸った。
抗いかけた両腕が上がりかけて拳を作り、やがて下ろされた。
利口な兄は、すっかり立場をわかっていた。
ここで下手に抗えば、弟の身に難儀が起こる。
息を詰めて口を吸われるのを必死に耐えた。

「誓って、弟の分も働くのだな」

やっと離されて息を吐いた兄に、信じられない言葉が振ってきた。

「寝所へ参れ」

呆然とした兄は、山椒大夫の寝所へと引き立てられた。
弟が引き裂かれた兄の衣服を肩に引き揚げながら、「兄上……」と泣いた。
両親へ顔向けができないようなことはするまいと、兄は優しい目を向けた。
弟を守るのが、わたしの役目だ。
この災厄から、きっと守ってみせる。

「大丈夫。親方さまと話をしてくるだけだよ。お前はいい子で待っておいで。ずっと、兄さまとご一緒できるようにお館さまに頼んで来ようよ。」
「兄さま」
「ほら。大きな目が涙で溶けてしまう。兄上は、お前の笑った顔が好きなのだから」
「兄さまぁ……蘇芳(すおう)はいい子でお待ちします」
「うん、蘇芳。あとでね……」

頬を寄せて甘い涙を吸ってやり、促されるまま寝所へ向かった。
兄と呼ばれる少年は、数えの14歳。
まだ閨房のなんたるかも知らない、無垢な子供だった。

話は、数日前に遡る。






小説(BL) ブログランキングへ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK
関連記事

0 Comments

Leave a comment