FC2ブログ
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波濤を越えて 第二章 28 【最終話】 

フリッツが心配するほど、島での正樹は精力的に働いた。
好きなことが仕事になる楽しさに、夢中だった。

「正樹。荷造りは終わりましたか?」
「うん。お母さんが、湯飲みの新しいのができたら送って欲しいって言ってたから、これも一緒に送ってくれる?」
「勿論。明日のフェリーで送ってもらいます」
「何か、荷物の量が増えてゆくね」

二人で作った日曜雑器は、ドイツや雑貨屋に送るだけではなく、両親の知り合いからも頼まれて、少しずつ売り上げを伸ばしていた。
一度使えば気に入って、他のものも欲しくなるんだと、田神からもメールが来ていた。

合間を見つけては沢山のデザインの下書きを片手に、懸命に絵筆を走らせる正樹の手を止めさせるのに、フリッツは毎日苦労していた。

「少し休みましょう、可愛い正樹。……疲れているでしょう?」
「平気だよ、フリッツ。休みたくないんだ。それに新しい絵を早く描き留めないと、デザインが頭の中から溢れそうなんだよ。だから、もう少しだけ」
「そんなに根をつめて、具合が悪くなったらどうするんですか。今日はもう仕事をしてはいけません。正樹に何かあったら、ご両親が心配します。わたしも心配です」
「……わかった。一息入れるよ……」
「お茶にしましょう」

フリッツは香りのよい日本茶を淹れて、正樹の傍に置いた。

「コーヒーの方が好きなんだけど……」
「刺激物は止めておきましょう」

ふわりと零れるように微笑んで、正樹はフリッツの頬に手を伸ばした。

「専属の看護師がいるみたいだね」
「ええ。可愛い正樹の専属の看護師は、言いつけを守らない患者にはとても厳しいです」
「いつだって、甘やかしてばかりのくせに」

陽が落ちるのを認めて、正樹は窓際にフリッツを誘った。

「ほら。夕陽が落ちるよ、フリッツ。良い眺めだね。素晴らしい景色だ」

揃って眺める夕方の瀬戸内の凪は、そよとも風が吹かず、海はまるで金色の盆のように眩い夕陽を映していた。

「海全体が大きな鏡のようです。この時間の海は、ここから眺めていると、まるで歩いて渡れるような気がします」
「波もほとんどないね……ねぇ、フリッツ。この海もドイツに通じているかな」
「バルト海に?」
「僕はいつか海に還るんだ……だからフリッツがドイツに帰っても、海がつながっているなら寂しくないね」
「正樹……」

フリッツの声は震えていた。

「そんな話はしたくありません……」
「僕はフリッツに逢いに行くよ。万里の波濤を越えて、波頭の上を歩いてゆくんだ。きっと気が遠くなるほど遠いだろうけど、フリッツが待っているから、大丈夫……世界中の誰よりも愛してるよ、フリッツ……僕のマルス」

二人は互いの存在を確かめるように、互いを引き寄せるとキスを交わした。

「フリッツ……きついよ」

消えてなくなりそうな正樹の身体を、フリッツは強く抱きしめた。太い腕で胸の中に拘束された正樹が喘ぐ。

「可愛い正樹……わたしもいつか海に還ります。それは正樹よりも先か後かわかりません。でも、正樹とわたしは巡り合えます。この広い地球上で奇跡のように出会ったのですから」
「うん、そうだね」

金色の夕陽に祝福された二人の影は、やがて一つになった。
波濤を越えて……いつか巡り合うまで、互いを忘れないように。

【 完 】




本日もお読みいただきありがとうございます。
やっと着地できました。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。