FC2ブログ
FC2ブログ

波濤を越えて 2 

仕事場を出た頃、見計らったように電話が鳴った。

「はい」
「俺。もう仕事終わりだろう?飯でも食いに行こう」
「そうだね。じゃあ、いつもの場所で良いかな?」

親友の田神からだった。
高校生のころ色々な事があって、深く傷付いた正樹を心底気遣ってくれた数少ない友人だった。
大学を卒業してから田舎に帰ってきた田神は、こうして時々声をかけてくれる。
結局行きつけの居酒屋で食事をすることになった。

「正樹、こっち」

奥のいつもの席で、ビールを飲んでいた田神が手を挙げた。

「店長が、いい魚が入ったって言うんで、刺身の取り置きしてもらってるぞ」
「いいね。それでもう酔ってるの?」
「魚が美味いんだ。酒が進むのは仕方がないさ。乾杯しようぜ、乾杯!」

はしゃぐ田神の頬はすでに赤い。

「すっかり出来上がってるじゃないか。なんに乾杯するんだ?」
「そうだなぁ。そうだ、えーと……久しぶりに会った正樹の人生に、乾杯だ」
「あはは……先週も会った気がするけどな」
「いいから、とりあえず飯を食え。少しは太れよ」
「体質だもの、仕方ないよ」

田神は大学を卒業後、父親の酒屋を継ぐつもりだったのだが、大手量販店のあおりを受けて商売はうまくいっていなかった。
幸い、教員試験に合格したので、地元で小学校の教師をしている。子供相手の仕事は、とても性に合っていて毎日充実しているらしい。

「そういえばさ、高校の先輩に柳瀨って人がいただろ?覚えているか?」

田神は声を潜めた。

「……いたね。確か生徒会長だったよ」
「なんか、あまりいい噂聞かないだろ?頭は良かったけど、性格悪かったよな」
「そうだっけ……卒業してからは一度も会ったことないし、もう忘れた」
「あいつが、起業したって話を知らないか?」
「さあ……興味ないし」
「なんか、東京ですげぇ借金を拵えて、逃げ帰ってきたらしいぞ。株で大損したって話だったかな。ほら、アメリカの恐慌が日本に影響したってニュースでも言っていただろ?野球部の連中も借金申し込まれたやつがいるんだ。正樹も気をつけろよ。片っ端から声をかけて回っているらしいからな」
「接点もないし、向こうから何か言ってくるとは思えない。関係ないよ。」
「だったら、いいんだけど……」
「心配性だな、田神。お互い連絡先も知らないんだ。訪ねて来ないと思うよ」

柳瀨という上級生に関しては、苦い思い出しかない。
できれば関わった過去の記憶を葬り去りたいくらいだ。

「あのさ……こんなことを言いたくないけど……正樹には関係なくても、向こうにはあるかもしれないだろ?気をつけろよ。本当に金に困ったら、わらをもつかむような気持ちで誰にでも声をかけるかもしれないだろ?」
「うん、ありがと、田神。でも、心配しなくても大丈夫だよ。叔父は金持ちだけど、僕の家はごく普通の家だって田神も知っているだろう?。無心の対象にはならないと思う。だから心配してくれるのはうれしいけど、この話はこれでおしまいだ」
「そうか。でももし何かあったら、抱え込まないで言えよ?何もできないかもしれないけど、俺は正樹の友達だからな」
「いつまでも子供じゃないよ」
「そうかな?」
「大丈夫だって。本当に田神は心配性なんだから」
「正樹が、能天気すぎるんだ。見かけは繊細なくせに、中身が雑なんだよ」

正樹はふふっと笑った。婚約者もいるくせに、正樹の事に関して、いつも田神は心配性ばかりしている。兄弟のいる田神にとって、正樹も手のかかる弟みたいな存在なのかもしれない。

「上手そうな魚だなぁ。この魚のあら炊きとか食べたいなぁ」
「あると思うぞ。聞いて来てやろうか」
「うん」

カウンターに向かう田神の背中は、大きくて温かい。
学生のころと変わらなかった。




本日もお読みいただきありがとうございます。
親友の田神と正樹は、同じ男子校に通っていました。レベルの高いいわゆる進学校です。
田神は文武両道で、ノーマルな設定です。
でも、正樹のことをとても大事に思っています。
|д゚)……だったら、何とかなっちゃえと……と思うのですが、うふふ~(*´▽`*)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

0 Comments

Leave a comment