FC2ブログ

Café アヴェク・トワで恋して35 

ランチの仕込みに呼ばれた直は、尾上と松本の傍から離れた。
荒木の指示に従って、慌ただしく野菜を刻み、パスタ用のソースを作り、カツに衣をつけてゆく。
尾上は頭を下げた。

「店長。すみませんが、昼まで抜けさせてください。」
「兄貴の店は、昨日で閉めていると思うぞ。」
「はい。家の方に行きます。電話でも話せるけど、直接会って言いたいんです。居るかどうかわからないけど、行ってきます。」
「そうか。ま、気のすむまで話して来い。」

尾上は駆け出した。

自分の前では完璧に見えた兄が、内側に弱い部分を持っていても、自分にとって兄に代わりはないと言うつもりだった。
それが、少しでも兄の足元を照らす光になるのなら、道を踏み外しかけた自分が、物心両面で兄にどれほど助けられてきたか、きちんと言葉で感謝を伝えようと思った。
ゆくべき道を示してくれた兄がどんな人間でも、出来るなら今度は自分が支えになりたいと尾上は考えを巡らせた。
兄弟として過ごした時間はわずかでも、それがきっと血というものなのだから。

*****

尾上と黒崎がどんな会話を交わしたか、直も松本もその後を知らない。
何事もなかったように、せわしなく働く直の姿を、松本は頼もしく思いながら見つめていた。

出会ったときは、緊張のあまり椅子から転げ落ちた。
黒崎に傷つけられた心は、今も癒えているとは言い難い。何度も割れた皿で、指先を傷つけながら、すみませんと肩を震わせて泣いていた。
それでも、直は前を向く。

「直。楽しそうだな。」
「はい。すごく。」

顔を上げた直が、松本に満面の笑顔を向けた。

「好きだぞ。」
「おれもです。」

黙って揚げパンの生地をこねていた荒木は、力任せに大理石の調理台に叩きつけた。

「二人ともいっぺん死ね!」
「妬くなよ、荒木。お前にもそのうち、誰か最愛の男ができるって。」
「……おっと。」

荒木は、危うく生地を取り落しそうになった。

「何で、俺の恋人が男限定なんっすか?俺、昔っからおっぱい星人で、筋金入りの女好きで有名なんすよ。」
「そうなのか?尾上といい感じだったから、てっきりそうなのかなって思ってた。」
「言っておきますけど、俺は良識ある上司として尾上に接しているだけですからね。松本さんみたいに、面接初日にスタッフに手を出すようなことはしません。大体、店長ならもっと店長らしくしないと、他のスタッフに示しがつかないでしょう?雇ったパティシエに手を出すなんて前代未聞の事件ですよ。事件!」
「直。このカツ、切れ込みいれてんのか?」
「はい。歯の弱い人も食べやすいように、格子に細かく入れてあります。火も通りやすくなるって、荒木さんが……」
「そっか。……ん?荒木、なんか言ったか?」
「は~……」

荒木は脱力した。
このバカップルには何を言っても無駄なのだと、すでに諦めの境地だった。

「……もう、いいっす。好きにやってください。」
「直。荒木が好きにしろって。なぁ、ちょっとだけ、家に帰ろうぜ。」
「駄目です。まだ仕込み途中なんですから。」

以前にも繰り返された光景を、荒木はため息混じりに眺めるしかなかった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

変わらぬ光景にほっとしながら、荒木は少し尾上も心配をしているでしょうか。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 尾上も 尊敬&大好きな兄・黒崎の為に 直に意地悪したんだね。
> でも 旅立つ黒崎と話しをしたから 直に抱いていた憎しみも 綺麗サッパリと消えたみたいだから ほんと 良かったよ~!

尾上は、直のせいで黒崎がダメなやつになってしまったと思ったみたいです。
身びいきって怖いですね~

> だってぇ このまま ずっと 誤解されたままでは やっと 薄~くなって来た直のトラウマ度も増すばかりですもの。
> 皆が 仲良しになったから お店の雰囲気も 今まで以上に 素敵になるよね♪

何とか前を向いて進めそうです。本当はあの声の出どころとか、拾えていない伏線もあるのですが、兄弟だから声が似てたのね……で済ませました。(〃゚∇゚〃) ←ダメっこ

> ただ 松本店長の直への エロさも さらに増しているのは・・・(苦笑)
> 皆、ナカヨシ♪(p´・∀・)乂(・∀・`q)コヨシ♪...byebye☆

相性というのはしようがないですね。直は、松本の事が大好きですが、腰が軽い奴だといつか知って泣くかもしれません。
うふふ♡
思いがけず愛おしいキャラになって、お話がすすみました。
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2015/10/01 (Thu) 00:00 | REPLY |   

けいったん  

尾上も 尊敬&大好きな兄・黒崎の為に 直に意地悪したんだね。
でも 旅立つ黒崎と話しをしたから 直に抱いていた憎しみも 綺麗サッパリと消えたみたいだから ほんと 良かったよ~!

だってぇ このまま ずっと 誤解されたままでは やっと 薄~くなって来た直のトラウマ度も増すばかりですもの。
皆が 仲良しになったから お店の雰囲気も 今まで以上に 素敵になるよね♪

ただ 松本店長の直への エロさも さらに増しているのは・・・(苦笑)
皆、ナカヨシ♪(p´・∀・)乂(・∀・`q)コヨシ♪...byebye☆

2015/09/30 (Wed) 13:07 | REPLY |   

Leave a comment