FC2ブログ
FC2ブログ

Café アヴェク・トワで恋して30 

学校にも行かないで夕刻までゲームセンターで時間をつぶし、自転車にまたがってぼんやりと往来を見ている時、友人につつかれた。

「ねえ。あいつ、お前の事をずっと見てるんだけど、知り合い?」
「ん?」

言われた先に立っていた、スーツの男に見覚えがあった。

「知らね。……なぁ、夕飯どうする?マクド?」
「俺、今月もう小遣いないからなぁ、コンビニのカップヌードルでいいや。」
「じゃ。行こうぜ。」

その場から立ち去ろうとしたとき、男が近づいて、遠慮がちに声をかけてきた。

「……洋貴……?あの……ずいぶん久しぶりだね。わからないかな?」
「尾上。知り合いなんだろ?俺、先行くわ、じゃな。」
「あ、うん。」
「元気そうだ。安心したよ。ずっと連絡が取れなかったから、心配していたんだ。」
「……」

黙ってしまった弟の顔を覗き込んで、兄はにっこりと笑った。

「迎えに来たんだ。」
「え?」

ずっと望んでいた言葉だった。
別れた兄が、このいたたまれない境遇から、いつか自分を救いに来る。
そんな夢にまで見た兄の言葉に、弟は戸惑った、

「早く独り立ちしたくて頑張ったんだけど、今頃になってしまったよ。待っていてくれと言えなくてごめんな。」
「何をしていたの……?」
「うん。あのね……」

色々なコンクールに応募をしていたと、兄は語った。

「大きな賞を取って、やっと認められてね。自分の店を持つことができたんだ。」
「店?」
「ケーキの店だ。頑張ったんだよ。」
「ふ~ん……」
「褒めてくれないのか?いつか、ケーキの店を作るって約束しただろう?」
「ガキの頃の約束なんて、もう時効だ。」
「洋貴。遅かったのか?」

弟は、すん……と鼻を鳴らしてそっぽを向いた。

「……もう別の家族がいるじゃないか。弟か妹か知らないけど……一緒に暮らしているんだろ?」
「そうだな。だけど、一日だって忘れたことはなかったよ。俺は洋貴と一緒に暮らすことだけを思って、ここまでやってきたんだ。俺はもう家を出た。あの家に残っているのは親父の家族だ。」
「それって……」
「俺の家族は、昔から洋貴だけだ。洋貴と暮らすために頑張ったんだよ。」
「……お兄ちゃん……」

ぐっとこみ上げるものがあった。寂しい風穴に、温かい何かが満ちた。

「行こう。」

*****

未成年だった尾上は、母親の傍を離れることができなかった。
兄と共に暮らしたいと口にしたら、母は半狂乱になって手が付けられなかった。

「黒崎の家に戻るの?あんたはお母さんの傍にいたいって言ったじゃないの!洋貴……お母さんを捨てないでよ。」
「お母さんには……恋人がいるだろ。俺なんかいなくても寂しくないだろ?」
「いやよ!絶対にいや!黒崎の家には絶対行かせない!」
「関係ないって言ってるじゃないか。」

不安定な母親との話は、どうにも埒が行かないので、結局兄が出向いて母親を説得した。
経済的に助けたいんだと話をしたら、やっと頷いた。




本日もお読みいただきありがとうございます。
普通の兄弟みたいよね~(´・ω・`)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントnさま

(´・ω・`)やらかしました~。
電話がかかってきたので、ついそのまま確認せずにあげちゃった。
お知らせありがとうございました。すまぬ~

2015/09/24 (Thu) 21:57 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 21:13 | REPLY |   

Leave a comment