FC2ブログ

小説・約束・23 

後は、ひたすら学校まで全速力で駆ける。
・・・良平を待ちかねた者がいた。

「おはよう!」

待っていたのは勝次と同じ、小作の息子だったがその顔は不自然なほど蒼白だった。

「良平。夕べ勝次の母ちゃんが死んだ。」

「何で・・・!?」

良平は、立ち尽くした。

「・・・ぼく、勝次の家へ行ってくる・・・。」

「一限目、教練だよ。まずいよ。」

「佐藤は腹を下して帰りました!先生にそう言っておいて。」

それだけ言って、一目散に駆けた。
昨夜、待ち合わせの場所に来なかった勝次を、臆病風が吹いたに違いないなどど思ってしまった、自分に腹がたった。
約束を破るような勝次じゃないと、知っていたはずなのに、どうして勝次の家に行ってみなかったのか、良平は自分を責めた。
背中のかばんの中で、弁当箱がかたかたとうるさかった。
おなかの大きい、勝次の母を心配して、良平の母は先日も貰いものの「きんつば」を届けたのに、いきなりの訃報を聞いておどろいているだろう。
国中の食べるのものが枯渇してゆく中で、生めよ増やせよと、無理な標語が電柱にまで張られていた。
苦労して大きくしても、戦争に取られるんじゃね~・・・と、ぽんぽんと大きなおなかを揺すりながら、ついこの間まで野良にも出ていたのだ。
とても元気そうに見えたのに・・・。
・・・家の前に、お弔いの旗が揚がっていた。

関連記事

0 Comments

Leave a comment