FC2ブログ
FC2ブログ

Café アヴェク・トワで恋して 8 

直が眠ったのを見届けて、家に帰るはずの松本は、寝顔を見ながらそのまま寝込んでしまった。

翌朝。
短いアラームの音に飛び起きた松本は、慌てて服を着始めた。

「うわっ。やべぇっ!着替えに帰る時間がない、直、悪いっ。すぐ出るから。駅前でタクシー拾うわ。」
「あっ。待ってください。」
「いや、いくらなんでも、このままじゃあかんだろう。せめて下着くらいは帰って替えないと、店に行けないからな。」
「あの……ありますから。店長の着替え。」
「は?」
「好みじゃないかもしれませんけど、買っておきました。」

そう言って、直は下着一式とシャツを取り出してきた。新しい靴下もある。
シャツは普段松本が着ているような高級品ではないが、今はいているパンツに合う色合いだ。
鏡の中の松本によく似合っているのを確認して、直はほっと息をついた。

「お、いいじゃねぇか。直はほんとに気が利くなぁ。センスもいい。」
「買い物行ったついでに、スーパーで間に合わせに買っただけです。安物です。」
「何言ってるんだ。俺好みだよ。直は気の付くいい嫁だな。」
「……褒め言葉になってません。」
「あはは……時間ができたな。コーヒーだけ呉れるか?直も一緒に出るだろ?」
「ちゃんと食べておかないと駄目です。簡単なものしかできませんけど、ハムエッグ作りますから、朝ご飯食べていってください。」

直は冷蔵庫からオレンジジュースを取り出し、グラスに注いだ。

「すぐにできますから。」
「お、フレンチトースト……?やっぱり、いい嫁じゃねぇか。」
「口当たりは甘いですけど、シナモンシュガーだけですから糖分はそんなに入っていません。」
「うめぇな。こんな風に、直と毎日朝飯を食えたら最高だな。」

松本は何気なく口にしたが、直には思いがけない特別な言葉だったらしい。

「……店長は、誰にでもそんな風に言うんですか?」
「ん?思ったことは相手に直接伝えないと、通じないだろ?」
「そうですけど。」
「思ってるだけで、相手に通じるなんて絶対にないからな。だから、言葉があるんだよ。直の飯はうまかった。ごちそうさま。」
「お粗末さまです。」
「直、7時30分前だ。」
「あ、おれももう出ます。店に行かないと。」
「片づけどうする?」
「少しですから、洗ってしまいます。」
「よし。手伝う。洗い物は俺がやるから、直は支度しろ。」

松本も長らく木本の下で雑用をこなしていたせいで、洗い物などは慣れている。
手際よく片づけをこなした。

「直。出かける前のチュウ~♡は?」
「一緒に出かけるんだからしません。」
「つまんね~。なぁ、ちょっとだけ。直~、チュウ~♡」
「聞き分けのない子供みたいです。」

それでも、頬に一つぎこちないキスを贈られて、上機嫌な松本だった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
松本みたいに能天気な男と、引っ込み思案な直の取り合わせは、どこか不思議です。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> あー・・・、デレちゃって・・・
> 松本って こういう人だったのかぁーーーーΣ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン

結局、こういうタイプなのです。上手くいった恋に、舞い上がっています。
(*つ▽`)っ)))「直が、可愛いんだよ~。」←
>
> 周平や木本よりも ラブラ相手に対するラブラブ度が、一番じゃないですか!?
> きっと 不甲斐無い周平やドS木本を見ていて アーならない様に コーならない様にと思っていたのかもしれません。
> ふーん なるほど これはダメか・・φ(・ェ・o)メモメモ

意外に手が早いタイプだったみたいです。普通の恋人同士のお話のまま終わるかな~?

>
> でも こういう人って 愛する人が傷つけられたり悲しませられたりした時の 怒り具合は ハンパないでしょうね!
> このまま 松本の側で 直くんの幸せな笑顔が続いて欲しいけど・・・

きっとそういうタイプだと思います。直情型だから、バシタを泣かせる奴は、本気で絞めると言う感じです。
此花、直くんには本当のことを言うと、もう少し泣いてほしいんですけど……。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。
>
> 背後で聞こえた「おい 上手く逃げたな」が、気になります
> あれは 直の不安が生み出した幻聴か?それとも・・・
> <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>...byebye☆ 

おおっ!伏線に気が付いてくださってる。Σ( ̄口 ̄*) 
もう少し後で、そのあたりの話になります。待っててください。
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

ヾ(。`Д´。)ノ「こらぁ、けいったん。てめぇ、しばらく会わねぇうちに俺の名前忘れやがって。誰が周平だ!周二だろっ!間違えんじゃねぇっ!」
(*つ▽`)っ)))「良いじゃん、大して変わらないって。」
(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚「隼~、此花のあんぽんたんが~」「よしよし。」

あはは……おまけでした。

2015/09/02 (Wed) 20:31 | REPLY |   

けいったん  

あー・・・、デレちゃって・・・
松本って こういう人だったのかぁーーーーΣ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン

周平や木本よりも ラブラ相手に対するラブラブ度が、一番じゃないですか!?
きっと 不甲斐無い周平やドS木本を見ていて アーならない様に コーならない様にと思っていたのかもしれません。
ふーん なるほど これはダメか・・φ(・ェ・o)メモメモ

でも こういう人って 愛する人が傷つけられたり悲しませられたりした時の 怒り具合は ハンパないでしょうね!
このまま 松本の側で 直くんの幸せな笑顔が続いて欲しいけど・・・

背後で聞こえた「おい 上手く逃げたな」が、気になります
あれは 直の不安が生み出した幻聴か?それとも・・・
<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>...byebye☆ 

2015/09/02 (Wed) 11:55 | REPLY |   

Leave a comment