FC2ブログ
FC2ブログ

終(つい)の花 東京編 28 【最終話】 

同じ時。

まどろんでいた一衛は、下から呼びかける子供の声に気付いた。
直正が九州に出立して以来、気の利くお染が時々差し入れをもって島原屋に顔を出す。
食欲はなく、会うことも許されなかったが、気持ちがうれしかった。
独りで横になっていると、いいことはあまり考えない。不安ばかりが胸に迫ってくる。
直正が戦で倒れ、一人残されたらと思うと涙が溢れ胸が痛くなるばかりだった。

「かずえさま~、かずえさま~。来ましたよ~。」
「一太郎ちゃん……」

窓枠に取り付けられた紐の先で、ちりんと鈴が鳴る。
出立前に、直正が人を呼ぶときにはこれを鳴らすんだよと、取り付けたものだ。
食事だけは差し入れてくれたから、必要はなかった。発作の時には波が収まるまで、辛抱強く一衛は我が身を抱いて耐えた。
いつしか長い紐は、風で窓の外に垂らされて揺れていた。
小さな子供には神社の鈴のようで面白いらしく、一太郎は来るたびに鈴の緒を引っ張って鳴らし一衛を呼んだ。

「そうだ……あれを……。」

枕もとの小箱に手を伸ばし、直正の作ってくれた竹とんぼを取り出した。
ほんの少し動いても、ままならぬ体は一衛を悲しくさせる。
楼閣の一室で朽ち果てるのは覚悟していたが、せめて直正がここにいればと思う。
休み休み、何とか這って窓枠の傍まで来た一衛は、咳と共に昇ってくる吐き気を抑え、窓の外に玩具を落とした。

「かずえさま~!きゃあっ!」

風に乗った竹とんぼは弧を描いてふわりと舞い上がり、高い空に吸い込まれるように飛んでゆく。

「わ~いっ!母さま。ほら、あんなに高く!」

一太郎は声を上げて行方を追った。

*****

ひきつるような咳に襲われていた。
褥が深紅に染まるほどの多量の喀血が、受け止めきれずに白い肌に散っていた。
血の海に倒れている一衛は死期を悟り、何気なくふと笑った。
血痰が気道に詰まり、もう呼吸はできなかった。
息のできない苦しさに、知らずに敷布を掴む。

「直さま……とうとう……お別れ……です。一衛は、もう……お終い……みたいです……」

目を閉じる前、一衛は空に伸ばした血染めの細い指に、恋しい直正の指がふわりと絡んだのを見た。

『 さあ、いこうか 』
『 直さま 』
『 遅くなってしまった 辛くはなかったか 』
『 あい 』

恋しい人の手に、一衛は頬を寄せた。

「……直……さ……」

耳朶にささやく直正の言葉が、共に逝こうと一衛の耳にこだまする。
手を取り合い、互いに嬉しげに微笑むと、もう離れぬと直正が告げた。
それは神仏が今わの際に見せた、優しい幻覚だったのかもしれない。

『 わたしは大地を渡る風になって どこまでも一衛の側にいる だから もう何があっても泣くことはない わたしはとこしえに一衛の傍にいるのだから 』

『 ああ うれし   』

*****

警視庁から届いた直正の訃報を知らせようと、一衛の部屋を訪ねた日向は絶句した。
大量の血を吐き、苦しんだはずの一衛は、驚くほど安らかな顔をしている。
血の海の中で、一衛はこと切れていた。

「とうとう、お独りで散ってしまわれましたか。相馬さまがお迎えにいらしたのですね。……綺麗なお顔ですよ、一衛さま……」

あれほどの事をした自分を信じ、一衛を預けて直正は遠国の土になった。
おそらく帰れぬだろうから後は頼むと、直正の残した文には記されており、有り金すべてを託してあった。
呼ばれて背後から部屋をのぞいたやり手婆が、その場に悲鳴を上げて腰を抜かした。

「静かにおし。弔いを出すから、おまえは寺に知らせておいで。」
「だ、旦那さま。病気の遊女は皆、寺の中に放り込むのではないのですか?もったいない……」
「この方には先に弔いの金をもらっている。わたしもそこまで欲深ではないよ。ああ、そうだ。ついでに化粧師を呼んでおくれ。せめてもの餞だ。」

へぇ、と不満げな返事をして、老女は寺へと走った。

化粧師の手によって、そげた頬に含み綿を入れ、青ざめた顔に薄く死に化粧を施された一衛は、在りし日のまま秀麗に美しかった。
化粧師は驚いて、日向を振り返った。

「……島原屋さん、ご覧なさいまし。この仏さんの美しいこと。これで、綿帽子でも被せてやったら、まるで花嫁御料のようじゃありませんか。」
「兄さん。そんな戯言はお気の毒です。このかたは、生まれついてのお武家さまですよ。とうとう、散ってしまわれましたが……やっと、楽になれましたね、一衛さま。」

日向は静かに仰臥した一衛に近づくと、喉を突く嗚咽をこらえながら心の内で詫びた。
出会ったときに見逃せば、違う人生があっただろうか。

秋。
古里は紅葉が燃えていた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
やっと最終話です。
(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚「わかってたけどバドエンだった~」「まあまあ。」

あとがきを上げたいと思います。     此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ






関連記事

2 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 連載お疲れさまでした。

ありがとうございます。やっと終了しました。(〃゚∇゚〃)
>
> 大好きな直さん、一衛のお話。
> 『命 一葉』で結末を知っていたけれど
> 今回も毎日、毎日、目が溶けるほど
> 泣いてしまいました。

(´;ω;`)ノ□「ちよさん、ありがとう~、はい、ハンカチ。」

> 時代に翻弄された二人……
> 以前此花さまが仰っていた、
> 「懸命に生きてこその武士道」を貫いた二人。
> 刹那的で美しい生きざまでした。

二人が懸命に生きたことが伝わればうれしいです。
会津は丸ごと時代に翻弄されていました。大藩だったのに、とんでもないことになりました。
生真面目すぎたのだと思います。

> 『命 一葉』とは一部違う所がいくつかありましたね。

一つのエピソードして書いてあったので、長いお話を組み立ててゆくうち、つじつまの合わないところは変更するしかなくなりました。
Σ( ̄口 ̄*) ←「やべぇ。つじつまが合わね~!」←此花

> 嶋原屋の日向が一衛の最後をお見送りしてくれた事に
> 救われました。

実は当初の予定では、有り金すべてを奪った上、一衛の亡骸を寺に放り込む予定でした。
もう少し、直正と一衛の姿を見て、心を入れ替えるような場面があればいいなと思っていたのですが、意外にいい人で終わりました。救われたとおっしゃっていただけて良かったです。


> ステキなお話を今回もありがとうございました。

お読みいただきありがとうございます。コメントもありがとうございました。嬉しかったです。(〃゚∇゚〃)

> 雪うさぎ、読みにいってきます。
> ぴよーん
>   ∩∩
>   (。・ω・)♡
>   OuuO  ←かわいい~(*つ▽`)っ)))
挿絵が何も描けませんでした。もっと時間があればと思います。
せめて、容保さま描きたかったです。
またね。(〃゚∇゚〃)

2015/07/09 (Thu) 01:20 | REPLY |   

ちよ  

連載お疲れさまでした。

大好きな直さん、一衛のお話。
『命 一葉』で結末を知っていたけれど
今回も毎日、毎日、目が溶けるほど
泣いてしまいました。

時代に翻弄された二人……
以前此花さまが仰っていた、
「懸命に生きてこその武士道」を貫いた二人。
刹那的で美しい生きざまでした。

『命 一葉』とは一部違う所がいくつかありましたね。
島原屋の日向が一衛の最後をお見送りしてくれた事に
救われました。

ステキなお話を今回もありがとうございました。

雪うさぎ、読みにいってきます。
ぴよーん
  ∩∩
  (。・ω・)♡
  OuuO

2015/07/08 (Wed) 23:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment