FC2ブログ
FC2ブログ

終(つい)の花 18 

一度熱が出始めると、一衛は元々が余り丈夫な質ではないので、数日寝込むことになった。涙を浮かべて苦い薬を飲む一衛を思うと、直正は可哀想でならなかった。
話を後にして、早く家に連れて帰るべきだったと思う。

「叔母上。一衛の容体はいかがですか?咳は治まりましたか?」
「直さま。まだ熱が下がりませぬ。あの子は誰に似たのか、本当にか弱くて困ります。」
「そうですか。また、様子を伺いに参ります。叔母上もお疲れになりませんように。」

心配の余り何度も顔を出す直正に、風邪をうつしてはいけませんからと、叔母は面会を許さなかった。
やっと熱の下がり始めた日の明け方。
夜が白む前、厠に立った一衛は、雨戸から細く差し込む月の光の中で、たくさんの白うさぎが跳ねる夢のような光景を見た。
朝、床上げをしながら、雨戸を開ける母に嬉しげに声をかけた。

「母上。一衛は夕べ、可愛い雪うさぎが集まって、仲よくお庭で遊ぶ夢を見ました。」
「一衛。それは夢ではないかも知れませんよ。ほら、こちらにいらっしゃい。」

母は一衛を呼ぶと、厚い綿入れを着せかけた。
雨戸を開け放した一衛は、夕べの夢が現実だったと知り、歓声を上げた。

「わぁ……!たくさん。」

狭い庭一面に、たくさんの雪うさぎが跳ねていた。
きらきらと雪の結晶が朝日を弾く。
鮮やかな赤い実を目に使い、小さな耳は、難を転じると言われる南天の葉。
大きなうさぎの横には、寄りそうように小さなうさぎがいた。親子のようにも、兄弟のようにも見える。

「誰かのいたずらかしら。それにしても、ずいぶんたくさん作ったことね、可愛らしいこと。」

一衛には、庭一面で跳ねる雪うさぎを誰が作ったか分かっていた。

「母上。直さまは?」
「直さま?……ああ、そういえば、今朝は臥せっておいでになるそうですよ。毎日鍛練なさっている直正さまにしては、お風邪を引くなんて珍しいことね……一衛?床上げをしても、熱が引いたばかりなのですから、まだ戸外にでてはいけませんよ。」
「直さまにお見舞いに差し上げたいのです。綿入れを着てお庭からお届けに参ります。母上、お盆をお貸しください。」
「長い時間、戸外に出ては駄目ですよ。やっと床上げしたばかりなのですからね。」
「あい。」

一衛は、庭に降り積もった柔らかな新雪の上に降りると、そっと掬った。
ふわりとした雪の結晶が、眩く陽を弾いて光る。

「直さま……」

大好きな直さま。
お優しい直さま。
父上よりも、母上よりも一衛に優しい直さま。
いつも一衛は、直正が大好きだった。
この感情がどういうものか、まだ幼すぎてよく分からなかったが、慕う気持ちは本物だった。
どこまでもどこまでも、直さまの後を付いて行きたいと思っていた。

お風邪を引いた直さまにお見舞です……と文を添えて、届けられた枕辺の雪うさぎ。
直正の作ったうさぎの傍らに、一衛が懸命に作った不恰好な小さなうさぎが並んでいた。
縁側からそっと覗き込んで、病床の直正を見舞った一衛が、「直さまと一衛です。」と笑った。

「直さま、一衛は雪うさぎになりました。」

両手を頭に置いて、ぴょんぴょんと跳ねて見せた。
病床の紅い顔をした直正が、元気になった一衛を眺めて嬉しげに破顔した。

幼い日、直正のそばには、常に一衛がいた。
それは二人が大きくなっても変わらなかった。




本日もお読みいただきありがとうございます。

(´・ω・`) 「わたしとしたことが、風邪を引くとは……」直正、反省中~
ヾ(´・” ・`。)ノ〇「直さまに。お見舞いを作るのです。」

yukiusagi.gif

キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン♡ 「これをわたしに」
(〃゚∇゚〃) 「あい♡」

いつもコメント、拍手、ポチありがとうございます。
とても励みになっています。   此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ




関連記事

0 Comments

Leave a comment