FC2ブログ
FC2ブログ

隼と周二 【眠りのラビリンス・後編】 

妄想の世界に行きかけた周二の脳裏を、大魔神と化した天敵、パパ沢木の姿が横切った。

「でもよ、隼。高校を卒業するまでは、ぱんつ脱がないってのが,,隼とくそ親父の決めた純愛じゃねぇのか?」
「それはもういいの!ぼくにも、我慢の限界があるんです~。」
「じゃ、取りあえず風呂に行かないとな。隼も一緒に入るか?俺、昨夜はそのまま寝ちまったから、洗ってねぇんだ。汚いのはいやだろ?」
「周二くんのなら洗って無くても平気。ぼく、周二くんの事大好きだから、喉の奥まで挿れてちゃんとしゃぶれるよ。」
「しゃぶれる……って隼。隼の口から聞いたらとんでもなくエロいな。今日はいつもと違うな。」
「大人の漢ですからっ。(`・ω・´)」
「じゃ、やってみろ。」

元々無いに等しい理性は、あっさりと崩壊する。
隼は頬を染めて跪くと、ほんの少し躊躇した後、周二の持ち物に自分からあ~んと口を付けた。
ちろちろと必死に拙く舌を這わせる隼の額に、うっすらと汗が浮かぶ。
深く呑み込んで、喉元からこみ上げる吐き気を我慢しながら、懸命に奉仕する隼を、愛おしく思う。
周二は思わず、自分の股間に隼の頭をぐっと押し付けた。

「出すぞ。零さずに全部飲めよ。そしたら、ちゃんと愛してやるから。」
「う……うん……っ」

周二の奔流が、押さえきれずにどっと溢れた。
何度も強くグラインドする腰にしがみつき、ごくりと何とか粘り気のある白濁を懸命に飲み込んで、その場に崩れた隼は肩で息をしながら口を開いて見せた。

「で……きたよ。周二くん……約束通り愛してね。ぼく、ずっとずっと、周二くんに愛されたかったんだよ……周二くんの野生のぞうさんを生で……ぼくのあそこに挿れてください……」
「おう。がんばったな、隼。」
「だって、ぼく周二くんのこと好きだから……」

佐々○希似の濡れた黒い瞳が黒曜石のようだった。

「積極的な隼……まじ可愛い。もっと早くこうすりゃよかったな。」

妄想の挙句、隼の丸い肩に顔をうずめた周二だった。

*****

「ん~、重っ……?」

被さって来た周二の身体の重さに目覚め、うっすらと目を開けた隼は、周二の頭を抱いた。

「周二くん……いい子。ゆっくり眠ってしまおうね。さあ、みっつ数えたら、周二くんはぼくと出会った頃に戻ってゆきます。うんと昔……12年前の秋です。」
「ん……?」
「1・2・3……はいっ。」
「う……?あれ……?なんだ?ここ……」
「周二くん?お昼寝中の木庭周二くんは、今何歳ですか?」
「何歳って、俺は年長さんだぞ。5歳に決まってんだろ?」

固く目をつむった周二は、隼の眠っていた寝台に転がっている。

「いいですか?目を開けたら、5歳の周二くんが大好きな人が目の前にいます。抱きしめて名前を呼んでください。できますか?」
「……ああ。」
「大好きな人に会えたら、周二くんはもう一度夢の中へ帰ります。いいですね。」
「わかった。」
「それではゆっくり目を開けてください。目の前にいる大好きな人は誰ですか?」

周二はじっと隼を見つめた。

「周二くん?ぼくが誰かわかりますか?」

問われた周二は双眸に溢れそうになった涙を、ぐいと拳で拭うと応えた。

「……母ちゃん……。」

目を見開いた隼は、ちらと松本の方へ視線を送った。
こくりと松本が頷く。
周二は隼の中に、とうに亡くなった母を見ていた。周二は隼の胸に顔を埋めた。

「周二くん、いい子。いつも傍に居ますからね……さあ、おやすみなさい。」
「うん、母ちゃん。俺が起きるまでそこにいて。」
「いいよ。ずっと手を繋いで居るからね……世界で一番大好きだよ、周二くん。安心して眠ってね。」
「母ちゃん。俺も母ちゃんが好き……母ちゃん……」

安心して眠りに落ちた周二は、どこかあどけない顔をしていた。

******

パパ沢木は腹を抱えて大爆笑していた。

「単純な奴だな、一発で落ちたのかよ。」
「パパ。そんなに笑っちゃ駄目です~。周二くんはぼくの声が好きなんだよ。ね~。」
「暗示に掛かりやすいタイプだろうとは思ってたけど、あっはははーーーー!!どこまで単純なんだよ、野獣!」
「……くそ親父~~!!」

苦虫を噛み潰した顔の周二には、一言もなかった。
松本に話を聞いて、あわよくば隼に催眠術を掛け、自分からねだって来るように仕向けるはずだった。
その前に浮かれた松本が、パパ沢木と話をしていたらしい。

「いいから、やってみろって。隼。面白そうだろ?」
「周二くんにそんなことして怒らない?」
「怒るわけないだろ?催眠術にかかっても、隼の名前を呼ぶかどうか確かめてみるだけだ。野獣がどれだけ隼の事を好きか、気になるだろ?」
「ん~、ちょっとだけ。」

そして、周二はあっさりと隼の声で暗示にかかり、大好きな人の名を呼んだ。

「母ちゃん」と。

「どいつもこいつもうるさいっ!世界中の男はみんな生まれつきマザコンなんだよっ!!」

ころころとどこかで虫が鳴く。
季節はすっかり秋だった。




前後編をお読みいただき、ありがとうございました。(〃゚∇゚〃)
いつも通り、何の進展もなかった二人なのでした。

( *`ω´)周二: くそ~……なんで、俺がこんな目に。
(〃゚∇゚〃)隼: 周二くんが大好きなのは、お母さんだったんだね。可愛かったよ、周二くん♡
(*つ▽`)っ)))パパ沢木:笑わせるなよ、野獣~

ヾ(。`Д´。)ノ周二:いい所なしじゃねぇか!くそ~~ぼけ、かす~!
 ( -ω-)y─┛~~~~パパ沢木:べつにいつものことだろ?
( *`ω´) 周二:あ~、むかつく~~!





にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

2 Comments

此花咲耶  

Re: 面白かったよ~v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

> 「母ちゃん」…って、…ってぇ~~~!
>
> そこの デクノボウ (#`・ω・´)σ 周二、
> マザコンのあんたには 隼の おパンツを脱がすのは まだまだ早いわぁ~~~!

ヾ(。`Д´。)ノやかましいわ~!!俺は明日にでも隼のぱんつ脱がすんだよ!
(*ノ▽ノ)いや~ん♡純愛です~

> 隼の催眠術に アッサリコーンと掛かるマヌケ周二のせいで 
> 沢木パパの恋人になるチャンスを逃しちゃったではないですか!!!゛(`ヘ´#) ムッキー
>
> ∑(*゚ェ゚)エッ!? 既婚者のくせにですって?
> そこはそれ 「大人の関係」でね♪゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚

(〃゚∇゚〃) 「きゃあ~、けいったんさんと、パパが大人の関係~?」
 ( -ω-)y─┛~~~~「俺ならいつでもいいぞ。泊りに来い。」
Σ( ̄口 ̄*)「……まじかよ、くそおやじ?」
(ノ´▽`)ノ□ヽ(´▽`ヽ)「けいったんさんと枕投げ~」
[壁]ω・)「違うぞ、隼、大人の関係ってのは、あんなことやこんなことや……」
■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ「余計なこと言うんじゃねぇ。」
>
> ところで 催眠術を掛ける時 よく 鎖の付いた時計などを 目の前で振り子のように揺らしますよね。
> 隼は、周二に ナニを揺らして かけたのでしょうね?

どうやら一番催眠術がかかりやすい状態というのは、電車で揺れて眠くなっている時らしいです。安心できる声も必要です。
隼の声は周二にとって特別なので、一発でかかったみたいなのです。マザコンがばれました。

( *`ω´) くそ~

> U・J・Uノ" パオパオ~パオーン♪…( ̄∀ ̄)ウシシ♪...byebye☆

2014/09/27 (Sat) 12:47 | REPLY |   

けいったん  

面白かったよ~v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

「母ちゃん」…って、…ってぇ~~~!

そこの デクノボウ (#`・ω・´)σ 周二、
マザコンのあんたには 隼の おパンツを脱がすのは まだまだ早いわぁ~~~!

隼人の催眠術に アッサリコーンと掛かるマヌケ周二のせいで 
沢木パパの恋人になるチャンスを逃しちゃったではないですか!!!゛(`ヘ´#) ムッキー

∑(*゚ェ゚)エッ!? 既婚者のくせにですって?
そこはそれ 「大人の関係」でね♪゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚

ところで 催眠術を掛ける時 よく 鎖の付いた時計などを 目の前で振り子のように揺らしますよね。
隼は、周二に ナニを揺らして かけたのでしょうね?
U・J・Uノ" パオパオ~パオーン♪…( ̄∀ ̄)ウシシ♪...byebye☆

2014/09/27 (Sat) 09:51 | REPLY |   

Leave a comment