FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 45 

表まで出た尊と隼人は、短い会話をした。

「しっかりしているように見えても、琉生も取った年だな。」
「そうか?僕は一度も琉生をしっかりしていると思った事は無いぞ。」
「え?尊兄にとって、琉生はどういうイメージなんだ?」
「僕にとっての琉生か?最初に遊園地で会った時から変わらないよ。戦隊物が大好きで、お母さんの後に隠れてた。小さくて可愛かったな。」

隼人は呆れた。

「そこで止まってるのか。だったら可愛くて仕方がないはずだな。まぁ、せいぜい甘やかしてやって。じゃね。」
「ああ。明日からはよろしく頼む。また、電話する。」

*****

部屋に戻ると、新しい居間のラグの上で琉生は丸くなって眠りこんでいた。

「琉生。ほら、起きろ。そんな所で眠ってしまわないで、お風呂入ってから寝よう。」
「ん……」

琉生は尊に手を伸ばし、首に手を回した。

「こら、琉生。目が覚めてるんだろ?くすぐっちゃうぞ。」
「あはは……尊兄ちゃん。ごめん……ったら!わあ~」

ふと視線が絡んで、琉生は尊に身体を預けた。

「迷惑かけてごめんね……尊兄ちゃん。」
「謝るのは、こっちのほうだ。えいっ!」

尊は琉生を抱え上げて、そのまま回った。思わず強く抱き付いた琉生が声を上げる。

「ちょっ……!わ~、目が回るって!」
「重いぞ、琉生。」

わざとらしく腰を叩く尊に、年だね~と琉生は笑った。
笑ってはいたが、頬は濡れていた。

「……琉生?どうした?」
「ぼく……もしも……尊兄ちゃんが居なかったら……って考えたら、すごく怖くなったんだ。」
「馬鹿だな……僕はいなくなったりしないよ。琉生は僕にとってかけがえのない……」

期待を込めて見つめる琉生から、思わず尊は視線を外した。

「……誰よりも大事な……弟なんだから。」
「弟……。そっか……。ぼくは、お母さんの連れ子だもん、そうだよね。」
「琉生?」
「……なんでもない。」
「言っただろう?もう我慢するのはお終いにして、言いたいことは言わなきゃ駄目だ。言ってごらん?」
「やだ。尊兄ちゃんは、きっとぼくを嫌いになる……嫌われたくないから言わない。」

琉生は自分の鼓動で、部屋の空気が振動している気がした。
大切な関係を失うような気がして、ずっと秘めて来た思いを口にした事は無かった。
だが、二人きりの今は、もしかすると勇気を出してもいいような気がする。
琉生が誤解してしまいそうなほど、尊はいつも優しかったから……

尊の瞳に映る自分が弟だとしても、傍に居られる安心感が琉生を大胆にしていた。
それは琉生も知らない、秘めた尊の気持ちと同じものだったのだが、琉生は気付いていなかった。
尊はそっと愛おしむように、両手で琉生の顔を包んだ。

「嫌いになったりしない。言っただろう?僕はどんなことが有っても、琉生の味方だよ。約束する。」

くしゃと思い詰めた顔が歪み、涙と秘めた思いが零れてゆく。

「尊兄ちゃんが……好き。誰よりも一番……好き。」
「琉生。僕も琉生が大好きだぞ。」

琉生はふと悲しげな表情を浮かべた。

「違う……んだ。ぼくの「好き」は尊兄ちゃんの「好き」と同じじゃない。だって……ぼくは尊兄ちゃんと……」
「僕と?続きは……?琉生、言って。」

尊は琉生の口から、その先を言わせたかった。
しかし、涙にくれてしまった琉生は、それ以上の勇気を振り絞れずに唇を震わせた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
あら……ちょっと、甘い空気に……?[壁]ω・)チラッ
 ヾ(〃^∇^)ノちょっとだけ~~


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ





関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> w(● ̄0 ̄●)wワォッ! まさかの 琉生からの告白~!

(〃゚∇゚〃) 言っちゃった~♡
>
> もし そんな時が来たら 尊からだと思っていたので…
> まぁ 未遂で終わっちゃったけど、これは予想外でした。

うふふ~、予想を裏切ることができて、よかったです。琉生は両親を亡くしているので、愛には貪欲なのかもしれません。
>
> 寺川父から守る為に 一人暮らしさせたのに 寺川父を心配する琉生
> その優しさは、素晴らしいけど、時として…( ; ´Ω`)(´Ω` ;)ねぇ

(。'-')(。,_,)ウンウン ちょっとあほですね~
>
> 過去編が続いていますが、そろそろ 「今」に戻るのでしょうか?

もう少し過去が続きます。早く琉生を大きくさせないといけないので、大忙しです。(`・ω・´)

> あの いけ好かないオッサン刑事に 何故か会いたくなって来たので♪
> あぁー勘違いしないで下さい!
> 決して決して 好みではありませんから~~!!

あ、おっさん好きのけいったんさんが炸裂してる~(〃゚∇゚〃)
渋谷刑事は、隼パパのように渋い男前ではなくて、定年前のしょぼいおやじですけどね。

> 何と言うか…
> 人って 汚いとか怖いと分かっていても 見たくなるものでしょ?

おお~、言い訳してるぞ~キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン♡ 可愛いぞ~、けいったんさん。

> そうそう そんな感じです。うん!“O( ^ - ^ )O”...byebye☆

今に戻れば、お話は佳境に入ります。
琉生はお兄ちゃん達と、幸せになれるかな~ ヾ(〃^∇^)ノ

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/08/05 (Tue) 22:15 | REPLY |   

けいったん  

w(● ̄0 ̄●)wワォッ! まさかの 琉生からの告白~!

もし そんな時が来たら 尊からだと思っていたので…
まぁ 未遂で終わっちゃったけど、これは予想外でした。

寺川父から守る為に 一人暮らしさせたのに 寺川父を心配する琉生
その優しさは、素晴らしいけど、時として…( ; ´Ω`)(´Ω` ;)ねぇ

過去編が続いていますが、そろそろ 「今」に戻るのでしょうか?
あの いけ好かないオッサン刑事に 何故か会いたくなって来たので♪
あぁー勘違いしないで下さい!
決して決して 好みではありませんから~~!!
何と言うか…
人って 汚いとか怖いと分かっていても 見たくなるものでしょ?
そうそう そんな感じです。うん!“O( ^ - ^ )O”...byebye☆

2014/08/05 (Tue) 08:56 | REPLY |   

Leave a comment