FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 43 

琉生は助手席で、不安そうにしていた。
初めての一人暮らしだ、無理はない。

「学校からも塾からも近いんだ。いい場所だろ?」
「うん。え~と……すごくアンティークな建物だね。」
「築40年ものだからな。でも中は、思ったより綺麗なんだ。解体が決まってから、住人も引っ越しを始めているから、静かだよ。」
「じゃあ、あまり人がいないんだね、ここ。」

琉生は鍵を受け取ると、自分の城になった部屋へと足を踏み入れた。

「わぁ~……台所とは別に2つも部屋がある。へぇ~、家具もこれ全部備え付けなの?」

琉生はあちこち見て回った。

「エアコン何て贅沢だから、扇風機で我慢しろと言いたかったんだが、備え付けなんだ。建物は古いけど、家電はまだ三年くらいしか経ってないそうだ。いい物件だろ?」
「でも……尊兄ちゃん。ぼく、高いところは払えないよ?夏休み以外、バイトはできないし、お母さんのお金は大事に使わないと。うんと、切り詰めなきゃ。」
「心配するな。同級生の親が不動産屋だったんだ。友達割引で、敷金礼金無しで家賃は3万5千円だ。しかも光熱費、水道代込みだぞ。」
「すごい~!尊兄ちゃん、見て、見て。トイレとお風呂が別々だ。」

話も聞かず、違うところで感動している琉生の姿を見て、尊は吹きそうになった。

「気に入ったか、琉生。」
「うん。ここなら油絵描いても平気だね。臭いを気にしなくていいなんて、うれしいなぁ。ぼくね、美術部で油絵始めたから、自分のアトリエが欲しかったんだ。それに、部屋があるから、尊兄ちゃんにも隼人兄ちゃんにも泊まってもらえるね。」
「そうだな。早速、隼人が帰りに寄るそうだ。晩飯はどうする?」
「近くにスーパーあったっけ?」
「あるぞ。行ってみるか?」
「うん。ぼくカレー作るよ。三人で食べよう。」

琉生は尊の心配を他所に、妙に明るかった。
二人でカートを押し、あれこれ食材を見繕いながら、細々とした調味料なども買い揃えた。

*****

スパイシーな香りが漂い始めた頃、やってきた隼人と共に、ささやかな夕食を食べはじめた琉生が、ぽつりと言う。

「お父さん……今頃、一人だね。」
「琉生?」
「ご飯、ちゃんと食べてるかな……って思って……」

スプーンを握りしめて、琉生は俯いていた。自分だけ父を捨てるように家を離れ、尊と隼人と一緒に食事をするのを、申し訳ないと感じているらしい。

「何か……寂しいね。……ぼくの家は、ずっとあの家だったから……お兄ちゃんたちが居ても、ここは何だか他所のおうちみたい。それに、お父さんはいつも家で仕事をしていたでしょう?下に降りて来なくても、いつも気配はしていたんだ。だから……ご飯のとき、いないのが何か……変な感じ。」
「琉生……今は仕方がないんだ。親父は病気だから、しばらく琉生とは会わない方が良い。兄貴と俺で散々話し合って決めたんだ。」
「琉生も納得したじゃないか。それにね、お母さんに琉生の事は僕達でちゃんと守りますって、約束したんだよ。だから、琉生は不自由でもしばらくこの部屋で暮らすこと。いいね?」
「お母さんと……?」
「そうだよ。お母さんは僕達の母親でもあったんだ。琉生のお父さんの絵の事は聞いていなかったけど、もっと話す時間があれば話してくれていたと思う。琉生がなりたいものを見つけたら、夢を叶えるために手を貸してやってねって、頼まれたんだ。」
「そっか~」

琉生は、泣き笑いの顔をあげた。




ここが琉生のお城なのです。(〃゚∇゚〃) わ~……
御家賃が安いので、あまり綺麗な建物ではないのですが、好きなだけ絵が描けるのでいいかな。

このまま平穏だといいのですけどね~


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ






関連記事

4 Comments

此花咲耶  

nichika さま

> 古くても、いごごちの良さが大事な気がします。

大切なのは居心地ですね。初めての一人暮らしは、少し不安なスタートみたいです。

> 外野がどうみても、本人が住みよい場所なら、そこは楽園(笑)なーんて。

(。'-')(。,_,)ウンウン きっと、お兄ちゃん達がしょっちゅう来てくれるので、楽しい日々のはずです。
でもこのちん……♪ψ(=ФωФ)ψ←うふふ~

> 相変わらずいじらしい琉生の発言に、兄弟は複雑でしょう。

琉生は何気なく口にしましたけど、お兄ちゃん達は結構胸がいたいんじゃないかと思います。
早く幸せな日々が来ればいいなと思います。♪ψ(=ФωФ)ψあ、顔まちがえた~←
(〃゚∇゚〃) コメントありがとうございました。

2014/08/03 (Sun) 23:11 | REPLY |   

此花咲耶  

奈々さま

> ひさしぶりにPCを開けて・・・わーい、このちんだ!おかえりなさーい。

(〃゚∇゚〃) 奈々ちん、ただいま~♡

そして読者の為にこれまでのあらすじ、まで書いてくれてたんですね。ありがとう。もちろんいままでのストーリーはバッチリ頭の中にはいっております。でも、このちんの、心配りに感激しました。

いっぱい時間が空いてしまったので、あらすじ付きです。(`・ω・´)おお~、これまでのお話も覚えてくださっているんですね。ありがとうございます。

さあ琉生くんが一人暮らしを始めたとの事。今後の展開がめっちゃ楽しみです。当分エチなしですって~。なんてこと、気にしないよ。キッパリ!(よっ、ななちん男前)。

奈々ちんが男前になったので、安心してエチ無しで……[壁]ω・)チラッ。

それにしても琉生くんってやさしい。カレー作ってもパパさんのこと気にかけてあげるんだから。ママが亡くなって心が壊れるって・・・パパさんよっぽど愛してたのね。でも琉生くんを襲ったらダメじゃん。

区別がつかないのを分かっているけど、悲しいね~。琉生は、お母さんのことが大好きだったから、許したい気持ちもあるんだろうけど、今はちょっと離れます。

二人の兄もパパとおんなじDNAを持っているんだから、琉生くんに惹かれる気持ちはあるよね。さあさあこれからの展開が待ち遠しいです。

お兄ちゃん達のこと、大好きな琉生はこれからどうなってゆくのかな……と思案中です。着地点は決まってるので、頑張ります。

このちん。いつもお疲れ様あーーー。お家の方もお大事に。

ありがとうございます。暑いので奈々ちんも、お体に気を付けてくださいね。コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/08/03 (Sun) 22:50 | REPLY |   

nichika  

古くても、いごごちの良さが大事な気がします。
外野がどうみても、本人が住みよい場所なら、そこは楽園(笑)なーんて。
相変わらずいじらしい琉生の発言に、兄弟は複雑でしょう。

2014/08/03 (Sun) 21:42 | EDIT | REPLY |   

奈々  

ひさしぶりにPCを開けて・・・わーい、このちんだ!おかえりなさーい。そして読者の為にこれまでのあらすじ、まで書いてくれてたんですね。ありがとう。もちろんいままでのストーリーはバッチリ頭の中にはいっております。でも、このちんの、心配りに感激しました。さあ琉生くんが一人暮らしを始めたとの事。今後の展開がめっちゃ楽しみです。当分エチなしですって~。なんてこと、気にしないよ。キッパリ!(よっ、ななちん男前)。それにしても琉生くんってやさしい。カレー作ってもパパさんのこと気にかけてあげるんだから。ママが亡くなって心が壊れるって・・・パパさんよっぽど愛してたのね。でも琉生くんを襲ったらダメじゃん。二人の兄もパパとおんなじDNAを持っているんだから、琉生くんに惹かれる気持ちはあるよね。さあさあこれからの展開が待ち遠しいです。このちん。いつもお疲れ様あーーー。お家の方もお大事に。

2014/08/03 (Sun) 17:51 | REPLY |   

Leave a comment