FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 41 

父が口を挟む前に、素早く寄り切ってしまおうと尊は考えた。

「琉生は一通りの家事はできるし、うちの家事は(家政婦の)織田さんに、これまで通り頼めばいい。それで親父に不都合はないと思うんだけど、どうかな。」
「あ、そうだ。すっかり忘れていたけど、通帳に記帳してきたんだ。琉生の通帳にお母さんの生命保険が入金されていたよ。」

寺川は不安そうに「生命保険……?」とつぶやいた。

「そうだよ。お母さんが昔から掛けていた小さな保険は、受取人が琉生になっているから琉生の通帳に振り込んでいいよねって僕が聞いたでしょう?覚えてない?確か初七日が終わったころの話だよ。お父さんが好きにしろって言ったから、保険会社に琉生の通帳番号を知らせておいたんだ。確認するなら持ってくるけど?」
「通帳……?」

部屋から出て行った尊を目で追う寺川の様子は、明らかにおかしかった。
視線が空を彷徨った。
次々に畳み掛ける尊の話を、認知しかねているそんな風だった。

「……どういうことなんだ……?」

隼人は、父親の様子を横目で観察しながら、両親が再婚したときに撮った一枚の記念写真をそこに置いた。

「親父。この写真覚えてる?」

10年も前のまだ若く健康な美和と、寺川、子供たちの姿がそこに有った。

「この家に来た時に撮った写真だな。」
「そうだよ。ウエンディングドレスは仰々しいからって、白いワンピースだったね。子供心にもすごく綺麗だった、お母さん。」
「そう……そうだったな。春だった。」
「お母さんの服の影に隠れているこの子が、琉生。今、中学二年生だ。」
「そんなはずはない。美和は……」
「この子がお母さんだったら、俺より年下だよ。おかしいだろう?美和さんが亡くなったのは二年も前だ。親父が体調がすぐれないって言うから、俺達三人で三回忌の法要も済ませたんだよ。」
「……美和が死んだのなら、あれは誰だ……?何故……美和と同じ顔で、俺に笑いかけるんだ?」
「それが、この写真の子。大きくなった琉生だよ。」
「琉生……」
「琉生は、親父が寂しいのは自分と同じだって言ってる。だから、親父の傍に居たんだよ。そんな琉生とお袋を間違えちゃ可哀想だ。」

隼人を見つめる寺川は、賢明に愛する妻の記憶を手繰っていた。
細くなった妻は、いつも自分の事を「弘樹さん」と名前で呼んだ。
だが、呼べば傍に来る妻は、怯えたように自分の事を「お父さん」と呼ぶ。

「これが、お母さんの遺影。一番いい笑顔だからって、お父さんが選んだんだよ。優しい人だったね……短い間だったけど、僕らは良い家族だったよ。」

寺川は椅子に崩れ落ちて、顔を覆った。

「ち……がう。美和は今、出かけているだけだ。俺が酷く叱ったから、雨の日に出て行ったんだ。」
「親父。お母さんは亡くなったんだ。親父が病院で看取ったんじゃないか。俺達に部屋を出て二人きりにしてくれと言っただろう?親父はたった一人の実の息子の琉生も部屋から追い出したんだぞ。なのになぜ、親父がお母さんの死を認められないんだ。」

思わず語気を荒げた隼人を、尊が制した。

「隼人!責めるな。お父さんには分かっている。そうでしょう?認めたくなかっただけなんでしょう?」

寺川はぼんやりと尊に目を向けた。

妻は、寺川が買ってきたお守りを握り締め、眠るように逝った。
長い闘病生活で、まるで樹が朽ちるように静かに命を終えたのだった。
長く苦しまずに済んで良かったと、小さくなった妻の顔に触れた寺川は、呟いたのだ。

「ああ……そうか。あれは、美和の連れ子だったのか……。」
「そうだよ。お父さんも辛かっただろうけど、琉生にもたった一人の母親だったんだ。もうこれ以上、琉生を僕ら家族に縛りつけるのはやめよう。」
「それが、あれの望みなのか?」
「琉生の望みというより、僕らがそうしたいんだよ。琉生には自由に生きて欲しいんだ。きっと、お母さんもそう願っていると思うよ。」

寺川は、長いため息をつくと、掠れた声で尊と隼人の望む答えを振り絞った。

「……好きにしろ。金は好きに使えばいい。」





本日もお読みいただきありがとうございます。(`・ω・´)

なんとか二人の思惑通りに父の説得ができたようです。
(*´・ω・)(・ω・`*) 「とりあえず、ほっとしたね~。」「うん。」

突然ですが、一応ここまでで第一部といたします。
新しい展開になってゆきますので、次回からは第二部……というか、正直言うとストックが無くなってしまったの……
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!←

着地点も決まっているのに、連載途中で家人が入院するというアクシデントに見舞われてしまいました。
出来る限り頑張りますが、不定期更新になるかもしれません。
今後もよろしくお願いします。  此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

8 Comments

此花咲耶  

奈々さま

> このちん。元気ですか。

 ヾ(〃^∇^)ノ元気でっす~!

ななちんは勝手に、このちんのお部屋に入り込んでいたんですが、全くコメしない、大ばか者で、すいません。

いえいえ~。お越しいただいていたのですね。うれしいです。(〃゚∇゚〃) 暑くなりましたが、奈々ちんもお元気でしたか?

お家の方大丈夫ですか?

ありがとうございます。(〃ー〃)低空飛行ながら、何とかやってます。年なので心配しているのですが、言うこと聞かないのでっす。( *`ω´) 「じっとしてろよ~!じじい~」

このちんの、更新がなくて最近さみしいな~でもこのちんのお家の人の事も心配だから・・・でも催促みたいになってたら、ごめん。

8月になったら、連載を再開する予定です。(`・ω・´)←墓穴
なかなか時間が取れないのですが、暇を見てちょっとずつ書いてます。(*/∇\*) ぬけぬけ~

私はこのちんの事、毎日考えてるよ。だから、更新ではなくても、このちん日記でも、うれしいな。でも無理しないでね。

Σ( ̄口 ̄*)こ……このちん日記……!そういえば、HP更新した時だけ、こっそり書いてる場所があったのでした。忘れてたよ~

もう少ししたら、再開できると思いますので、待っててください。待っていてくださる方がいると分かって、すっかりうれしくなってしまったこのちんです。奈々ちん、ありがとうございます。
またね。 ヾ(〃^∇^)ノ

2014/07/23 (Wed) 09:35 | REPLY |   

奈々  

このちん。元気ですか。ななちんは勝手に、このちんのお部屋に入り込んでいたんですが、全くコメしない、大ばか者で、すいません。お家の方大丈夫ですか?このちんの、更新がなくて最近さみしいな~でもこのちんのお家の人の事も心配だから・・・でも催促みたいになってたら、ごめん。、私はこのちんの事、毎日考えてるよ。だから、更新ではなくても、このちん日記でも、うれしいな。でも無理しないでね。

2014/07/22 (Tue) 23:16 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 第1部の冒頭のシーンを思い出すと、
> 寺川お父さんの執着心は、
> 相当、琉生を苦しめていたようだから…
> まだまだ安心できない予感~ ↜(╰ •ω•)╯ψ

♪ψ(=ФωФ)ψうふふ~、伏線張ったの覚えていてくれた~
寺川パパは、琉生の存在をどうしても息子と認知できない状態なのです。
(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚「大丈夫だ、琉生。」「うん……」

> 第2部の開始を楽しみにしております。

ありがとうございます。がんばります。(`・ω・´)

> 此花さま。
> 毎日の更新はもちろん楽しみにしておりますが、
> 此花さまのペースで更新していただくのが一番なのですよ~
>
> ご家族さま、早く快方にむかいますように。
> 元気玉送ります~~~~!!
> (ノ ゚Д゚){======◎元気になれ~!!

(〃^∇^)o彡〇元気玉、キャッチ~!
色々とご心配していただきありがとうございます。
ぼちぼち無理をしないで、がんばりたいです。

皆さまもありがとうございます。
再開まで、もう少しだけ待っててください。よろしくお願いします。 此花。

2014/07/09 (Wed) 00:00 | REPLY |   

此花咲耶  

nichika さま

> ほんの少し 父が美和さんを好きで、痛む気持ちも分からないではない ←微妙な日本語

(。'-')(。,_,)ウンウン そうなの。琉生は可哀想だけど、それだけ妻を愛しているということですものね。
[壁]ω・)いつか、自分で気づく日が来ればいいのだけど……

> 尊と隼人 考えたらお互いにまだ若いのにこんなに配慮ができるなんて…

年の割にしっかりしています。きっと、二人は真剣に琉生を守りたいと思っているのです。特に隼人は、以前に琉生をいじめちゃいましたしね~(´・ω・`) すまぬ~
>
> お家大変 ヾ(*´・ω・`)ラジャー☆彡
> 暑さや湿度で疲れが余計負担に感じるとき  此花ちんもしっかり睡眠が取れますように
> 身体が資本 癒しで妄想は一杯してくださいませ。

(〃▽〃)ありがとうございます。少しだけお休みしますが、すぐ復活しますのでよろしくお願いします。
脳内でいっぱい考えます。(〃゚∇゚〃)

> 隼と周二のCPやわんこのところで遊んでます♡

ありがとうございます。▼・ェ・▼おれ、遊ぶ~!
またね。 ヾ(〃^∇^)ノ

2014/07/08 (Tue) 23:52 | REPLY |   

ちよ  

第1部の冒頭のシーンを思い出すと、
寺川お父さんの執着心は、
相当、琉生を苦しめていたようだから…
まだまだ安心できない予感~ ↜(╰ •ω•)╯ψ
第2部の開始を楽しみにしております。

此花さま。
毎日の更新はもちろん楽しみにしておりますが、
此花さまのペースで更新していただくのが一番なのですよ~

ご家族さま、早く快方にむかいますように。
元気玉送ります~~~~!!
(ノ ゚Д゚){======◎元気になれ~!!

2014/07/08 (Tue) 20:50 | EDIT | REPLY |   

nichika  

ほんの少し 父が美和さんを好きで、痛む気持ちも分からないではない ←微妙な日本語
尊と隼人 考えたらお互いにまだ若いのにこんなに配慮ができるなんて…

お家大変 ヾ(*´・ω・`)ラジャー☆彡
暑さや湿度で疲れが余計負担に感じるとき  此花ちんもしっかり睡眠が取れますように
身体が資本 癒しで妄想は一杯してくださいませ。
隼と周二のCPやわんこのところで遊んでます♡

2014/07/08 (Tue) 13:51 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> これで やっと 琉生を 危険な寺川から離せる 。。。ホッ ε=┐( ̄ω ̄:)┌
> あのままだったらと、考えると・・・怖かったぁー

うふふ……♪ψ(=ФωФ)ψ
もう一波乱来るのです……[壁]ω・)
>
> 所で 此花さま、ご家族が入院されたと!!
> 病気か怪我か分からないので この言葉が相応しいか 分りませんが。
> 一刻も 早く 良くなられることを 心より切に祈ってます。
> ☆彡 (-人- )  星に願いを・・・...byebye☆

そうなのです。最近、入退院の繰り返しです。
寄る年波なので、仕方がないのでしょうが言うこと聞かないのです~(´・ω・`) 困るのよ~
なんとか時間を作ってがんばろうと思います。
'`ィ (゚д゚)/←早く書きたいです。
ご心配ありがとうございました。がんばります。(`・ω・´)

2014/07/06 (Sun) 23:51 | REPLY |   

けいったん  

これで やっと 琉生を 危険な寺川から離せる 。。。ホッ ε=┐( ̄ω ̄:)┌
あのままだったらと、考えると・・・怖かったぁー

所で 此花さま、ご家族が入院されたと!!
病気か怪我か分からないので この言葉が相応しいか 分りませんが。
一刻も 早く 良くなられることを 心より切に祈ってます。
☆彡 (-人- )  星に願いを・・・...byebye☆

2014/07/06 (Sun) 09:56 | REPLY |   

Leave a comment