FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 40 

明け方近くになって、琉生と尊は自宅に帰って来た。
琉生の髪は、親切な看護師の手によって整えられていた。

老人介護に携わっていると、何でもしなきゃいけないのよ、だから任せてねと手際よく琉生の髪は短くなった。
鏡を覗き込んだ琉生は、突然サイドが刈り上げたようになった自分の髪形に、慣れないようだった。

「おかしくない?隼人兄ちゃん、笑わないかな。」
「そうだな……何だか男の子みたいだって言うんじゃないか?」
「怒るよ。」
「ははっ、似合ってるって言ったんだよ。」
「だったら嬉しいけど。」
「ほら。家に入るぞ。隼人が待ってる。」
「う……ん。」

敷居が高いと感じているような、琉生の様子だった。

「ぼく……部屋に行ってる。」
「そうだな。隼人と僕で話をしておくよ。琉生は、少し眠ると良い。目が覚めたら話をしよう。おやすみ。」
「おやすみなさい……あの、尊兄ちゃん。」
「どうした?」
「迎えに来てくれて、ありがと……嬉しかった。」

そう言うと、琉生ははにかんだように、目許を染めた。

*****

「さて、これからが大変だぞ。」

尊は隼人の部屋を訪ねると、看護師と交わした話をかいつまんで説明した。
隼人は二人の帰りを待っているうちに、待ちくたびれて眠り込んでしまっていたようだ。

「それで、琉生は?一緒に帰って来たの?」
「部屋にいるって。その方が良いだろう?親父がどう出るか分からないが、琉生にはややこしい話は極力聞かせたくないからな。」
「そうだな。」
「それと、髪の毛がずいぶん短くなってるんだ。からかうなよ?」
「そこまで俺は薄情じゃないぞ。でも、下手に気を使わないで、いつも通り軽くいじっておくよ。自然にね。」
「いいお兄ちゃんだ。」
「琉生も可哀想にな……まさか親父がおかしくなるとは考えもしなかったよ。」
「僕もだ。とにかく策を練ろう。」

二人はいくつかのパターンを想定しながら、前後策を練った。
文章を書く仕事をしているだけあって、下手な考えではおそらく太刀打ちできないだろう。先手を幾つも考える必要が有った。

尊の想像通り、父は頑なに受診を拒否し、一筋縄ではいかなかった。
病院と聞くなり、顔色を変えて気色ばんだ。

「ふざけるな。何で健康な俺が病院へ行かなきゃならないんだ。」
「だから、健康診断だって言ってるじゃないか。長い間、ふさぎこんでただろう?僕達もお父さんのことを心配していたんだ。大酒飲むしさ、人間ドッグが嫌なら、せめて肝臓の検査だけでも受けてくれよ。」

看護師の森川は、とりあえず病院に連れていらっしゃいと言ってくれた。
後は上手く医師に話をしてくれる手はずだった。

「自分の事は自分が一番わかる。もう仕事も再開したし、体調は万全だ。検査入院なんぞで休むわけにはいかん。勝手に予約なんぞ入れおって。すぐに断っておいてくれ。」

取りつくしまのない父の言葉に、思い切って尊と隼人は切り出した。
さりげなく。
細心の注意を払って。

「後、もう一つ。俺達、話し合って琉生に独り暮らしさせようかって言う事になったんだ。」
「……なんの話だ。」
「親父には不愉快な話題かもしれないんだけどさ。親父の再婚相手の忘れ形見だよ。縁あって兄弟になったけど、血がつながってるわけじゃないし、これからのこともある。進路のことを考えたら、この家にいるよりも一人で暮らした方が良いと思うんだ。俺は家には寝に帰るだけだし、尊兄ちゃんだって大学がある。親父が書斎に籠れば、どのみち琉生は独り暮らしみたいなものだろ?無理に同居させるのも可哀想だと思ってさ。」
「僕もその方が良いと思ったんだ。自立するには早いけど、気兼ねしながら同居するより、時々顔を合わせるぐらいでいいんじゃないかな。」

二人は打ち合わせ通り、話をした。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

いい方向に進めばいいなぁ……と尊と隼人は一生懸命です。
(*´・ω・)(・ω・`*) 「うまくいけばいいけどね。」「そうだな。」


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

nichika さま

> 尊には愛しみの 隼人にとっては、もともとは大好きな弟でしたよね

はい。今は二人とも元通りの、いいお兄ちゃんです。
今後はそこを膨らませてゆきたいと思っています。(〃゚∇゚〃)

> 早く父を立ち直らせたら・・・
> 抵抗は強そうだわ 自覚ないし、琉生を妻と思い詰めだしているし。

一筋縄ではいかない設定です。今は少し落ち着いていますが……

> 飲酒が酷くなると、ブラックアウト症状  闇に入ったら引き揚げるのは困難
> 悲しいかな これも中毒  本来楽しいお伴なんだけどね

そうなのです。憂さを晴らすはずのものが、心身を駄目にしてゆきます。

> さり気なく 此花ちんが介護のこと  周りも親がそういった状況になり深く沁みます

痴呆症ではなく、心因性のもので周囲の人や物を認知できない状態になることがあるのだそうです。
寺川はそううつ状態にもなったりしながら、精神のバランスを失ってゆきます。此花の周りも色々大変なことがいっぱいあります。(ノд-。)がんばらないとな~

> 隼人兄ちゃんを気にするのに
> 刈り上げ~学校に行くの(´・д・`) ヤダ  言わない琉生はもう~良い子すぎて

(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚「変じゃない……?」「変じゃないよ、琉生。男の子みたいなだけ。」
(°∇°;) 「……」

> 男の子みたいだって 「ぞうさんあるもん! パオーン」 ← いかん!違うシリーズ
>
> ではv(*'-^*)

[壁]ω・)チラッ「ぞうさん、あるもん……」
ε=(ノ゚Д゚)ノ 「食わせろ~、隼!」
 ヾ(〃^∇^)ノ 「いや~ん♡」

違うシリーズも書きたいなぁ……時間がないので困ります。
コメントありがとうございました。がんばります。(〃゚∇゚〃)

2014/07/05 (Sat) 21:16 | REPLY |   

nichika  

やっと気づけたね

尊には愛しみの 隼人にとっては、もともとは大好きな弟でしたよね
早く父を立ち直らせたら・・・
抵抗は強そうだわ 自覚ないし、琉生を妻と思い詰めだしているし。
飲酒が酷くなると、ブラックアウト症状  闇に入ったら引き揚げるのは困難
悲しいかな これも中毒  本来楽しいお伴なんだけどね

さり気なく 此花ちんが介護のこと  周りも親がそういった状況になり深く沁みます

隼人兄ちゃんを気にするのに
刈り上げ~学校に行くの(´・д・`) ヤダ  言わない琉生はもう~良い子すぎて
男の子みたいだって 「ぞうさんあるもん! パオーン」 ← いかん!違うシリーズ

ではv(*'-^*)

2014/07/05 (Sat) 10:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment