FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 30 

珈琲を運んできた琉生を、じっと真正面から寺川は見つめた。
琉生は、父の書斎に入るのは初めてだった。

「あの……お父さん?珈琲ここでいい?目玉焼きはちょっと焦げちゃったたけど、おいしいと思うから温かいうちに食べてね。」
「ああ……そうだな。そうしよう。」
「じゃあ、ぼくは学校に行ってきます。」
「ここにいろ。」
「え……っ?」
「同じことを何度も言わせるな。ここにいろと言ったんだ。」
「駄目だよ。もうすぐ期末考査が始まるし、急がないと遅刻しちゃう……」

寺川は琉生の腕を取った。

「傍に居てくれないか……?お前が傍に居ないと、何も書けないんだ。仕事をしようと思っても、何も浮ばない……頼むから、離れないでくれ。」
「あ……の……お父さん……?」

琉生はふと澱んだ部屋の空気に気がついた。

「そうだ。お父さん、空気を入れ替えようよ。お酒と煙草の臭いが籠ってる。いくら、空気清浄機が有っても、こんなところで仕事してたら体に障るよ。ね?気分転換もしなきゃ。空気を入れ替えたら、きっと気分も変わるよ。」

明るい琉生の声に、ふと寺川は意識を外に向けた。庭の常緑樹の梢を風が揺らしていた。

「そうか……そうだな。空気を入れ替えよう……」

階下から、琉生を呼ぶ隼人の声がした。

「ちび琉生!遅刻するぞ!」
「は~い!じゃ、お父さん。片付けは(家政婦の)織田さんにしてもらって。行ってきます。」

思わず伸ばした手は、空を掴んだ。
ぱたりと閉じられた扉は、寺川を拒絶した。
それはまるで、黄泉と現世の境目にある黄泉比良坂(よもつひらさか)のように、固く生者を拒んで愛するものを彼方へと連れ去ってしまった。

寺川は開け放した窓に近寄り、階下を眺めた。
視線に気付いた琉生が、振り返って手を上げる。
何気なく思わず振り返した寺川の目に、涙が浮かぶ。

「美和……ああ……」

長い嗚咽が響いた。
網膜に焼きついた妻が、微笑む。

『弘樹さん……』

*****

土曜日、久しぶりに自宅へ戻った尊は、父の書斎の窓が開け放たれているのを見た。
母が亡くなって以来、部屋に入った者は父親以外誰もいないはずだった。
ノックをすると、中から入れと父の声がした。
机に向かう父の背中が見える。

「お父さん、尊です。ちょっといいですか?」
「ああ。」
「仕事を再開したんですか?」
「最近、やっとモノを書く気になった……。短いコラムを書いてくれないかと、発注が有ったんでな。パソコンを開くのも久し振りだ。少しは働かないと、飯が食えないから受けたんだ。大した連載じゃないが、少しは待っている読者もいるらしい。」
「そう。それは良かった。それにしても……この部屋、ずいぶんさっぱりと片付きましたね。空き瓶が転がってるとばかり思ってたのに。お母さん以外に触らせるのは、あれほど嫌がっていたのに、思い切って業者でも入れた?」
「業者なんぞ入れられるか。勝手にあちこち触られたら、資料が散在するからな。美和なら、どこに何があるか分かっているから、大丈夫だ。」
「お父さん……?美和って……」
「まあ、いろいろ不慣れで、必要なものを時々捨てたりもするが、そのうち慣れるだろう。」
「ちょっと待ってください、お父さん。誰の事です?この部屋を掃除したのは誰なんです?」

一瞬、寺川は顔を歪め視線を泳がせた。
尊は思わず、父を見つめた。




本日もお読みいただきありがとうございます。 (`・ω・´)

じわじわ浸食されてゆく、父の内面です。
……琉生はどうなるのかな……(´・ω・`)

エチ場面もなく……甘い場面もなく……キスシーンもなく……[壁]ω・) いいのか、これで……と思いながらお話は進んでいくのです。(〃^∇^)ノ


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

4 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> (o゚Д゚o)マッ!!  寺川がぁーーー!
> いくら琉生が 美和と生き写しのように似ているからって こりゃ ヤバイわぁ。。。

[壁]ω・)チラッ……やばいのです。琉生は男の子だからそれほど似ていないと思うのですが、多分似たところを探してしまうのだと思います・

> 尊兄ちゃん、気づいたのなら 今の内に 何とかしてよ!!
>
Σ( ̄口 ̄*)え~と……何とか頑張りまっす。

> [H]場面・・・? 甘い場面・・・? キス・・・?
> 此花さま、今の所無くても 全然( `д´)b オッケーです!

どこがBLやね~んの展開ですが、オッケーなんですね。(`・ω・´)b
いつか、うっすら出てくると思うのでお待ちください。[壁]ω・)ほんとか……

> それは トッテオキものとして 楽しみにしていますから♪
> このこの焦らしぃ~( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン★( ;゚∀゚)汗タラー、エーット...byebye☆

(°∇°;)焦らしテク……なさそう~
コメントありがとうございました。 ヾ(〃^∇^)ノ逃亡~

2014/06/25 (Wed) 20:42 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 尊お兄ちゃん、ご帰宅早々、
> お父さんの異変に気がついたかな? (((( ;゚Д゚)))

Σ( ̄口 ̄*)何かおかしいと気がついたみたいです……さて、どうなりますやら。
>
> お父さんは、2度も妻とのお別れがあったから、
> 心が不安定ですね。

とても不安定です。自尊心の高い人なので、少しずつ傷ついていったのだろうと思います。
美和だけは、自分を置いて行ったりしないと思っているのです。

> しかも死を受け止められない美和さんへの執着心が、
> これから琉生を苦しめるのでしょうね…

きっと精神的には、認知症が進んでゆく状況です。琉生も大変です。
>
> 此花さまのいじめっこモード、
> スタートでしょうか!?

♪ψ(=ФωФ)ψこのちん、いじめっこじゃないから……あ、顔間違えた~

> やばす~(>_<)
> お兄ちゃんズは、琉生を守ってあげてください<(_ _*)
> よろしくたのんます。

お兄ちゃんたちがこの先、ちゃんと琉生を守れるかどうかなのです。

(`・ω・´)「がんばりまっす!」

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/06/25 (Wed) 20:35 | REPLY |   

けいったん  

(o゚Д゚o)マッ!!  寺川がぁーーー!
いくら琉生が 美和と生き写しのように似ているからって こりゃ ヤバイわぁ。。。

尊兄ちゃん、気づいたのなら 今の内に 何とかしてよ!!


[H]場面・・・? 甘い場面・・・? キス・・・?
此花さま、今の所無くても 全然( `д´)b オッケーです!
それは トッテオキものとして 楽しみにしていますから♪
このこの焦らしぃ~( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン★( ;゚∀゚)汗タラー、エーット...byebye☆

2014/06/25 (Wed) 11:10 | REPLY |   

ちよ  

尊お兄ちゃん、ご帰宅早々、
お父さんの異変に気がついたかな? (((( ;゚Д゚)))

お父さんは、2度も妻とのお別れがあったから、
心が不安定ですね。
しかも死を受け止められない美和さんへの執着心が、
これから琉生を苦しめるのでしょうね…

此花さまのいじめっこモード、
スタートでしょうか!?

やばす~(>_<)
お兄ちゃんズは、琉生を守ってあげてください<(_ _*)
よろしくたのんます。

2014/06/24 (Tue) 22:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment