FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 29 

哀しみの中に居ても、人は前を向いて生きて行かなければならない。

成長した子どもたちは、それぞれに母のいない寂しさに慣れ、日常を取り戻しつつあった。
琉生も抱えた空虚にいつしか慣れ、兄たちは懸命に琉生を支えた。

しかし父だけはいつまでも、捕らわれた暗闇から脱出できなかった。
仕事と称し、書斎に引きこもって物思いにふけるばかりだった。

中学に上がった琉生は、朝、サッカーの練習に出かける隼人の為に食事の用意をする。
通いの家政婦は、夜の間に食事の支度をしてくれたが、簡単なものなら出来るからと、琉生は朝食の支度をかって出た。
電話で心配する尊は、理系大学の二回生となっている。

「心配いらないって。お味噌汁もインスタントだから、簡単だよ。ご飯も夜の内にタイマー掛けておけるし。卵料理は得意なんだ。尊兄ちゃんこそ、ちゃんと食べてる?」
「朝から学食が開いてるから、こっちは飯の心配はいらないんだ。いいか、琉生ばかりすることないんだぞ。たまには隼人にやらせろ。」
「ん~。隼人兄ちゃんが手伝ってくれると、余計に手間かかるんだよ。フライパンに油入れないで卵落したりするんだもの……あ、言うと怒るから内緒ね。」

琉生の明るい声に、安心する。

「親父はどうだ、変わりないか?」
「ん。家政婦の織田さんが、ご飯は部屋に運べば食べてくれるって言ってた……ただね。お酒の飲み過ぎが心配だって。いつかこっそり覗いたら、部屋の中にウイスキーの瓶がごろごろ転がってるんだよ。」
「そうか。相変わらずなんだな。」
「何日も姿を見ない日もあるんだよ。大丈夫かな、お父さん……。お仕事ちゃんとできてるのかな。」

尊は、様子を見に土曜に帰るからと言って電話を切った。
母の愛用のエプロンを掛けたまま、琉生は隼人を起こしに行く。
ぱたぱたとスリッパで階段を駆け上がる琉生の足音に気付き、父親が部屋を開けてうるさいと怒鳴ろうとしたとき、父の目には振り返った琉生が違う人物に見えた。

「……!」
「あ。おはよう、お父さん。ごめんね、うるさかった?……ぼく、もうすぐ出かけるところだよ。もう一度、隼人兄ちゃんを起こしておくね。」
「……珈琲を淹れてくれないか……?」
「いいよ。ご飯も食べる?今朝はフレンチトーストと昨夜の残りのポテトサラダだけど。ウインナーも焼く?」
「……ああ……そうだな。」
「じゃあ、すぐ準備するから、着替えて降りてきて。」
「いや……上に持って来てくれ。まだ仕事の途中だ。」
「お仕事してたの?分かった。じゃあ、出来たら書斎に持っていくね。」

ぼさぼさの頭を掻きながら起きて来た隼人に、早く食べてとせかしながら、琉生は父が朝ご飯を食べる気になったと、明るく報告した。

「お仕事も始めたみたいなんだよ!良かった~。お父さん、少しは元気出たんだね。ずっと部屋に引きこもっていたから、このままだと身体壊しちゃうって心配してた。」
「……琉生。親父のことはいいから、オレンジジュース。」
「もうっ。隼人兄ちゃん、ジュースは冷蔵庫!ぼくは珈琲持っていくんだから、自分で用意して。」

制服の白いシャツの上にエプロンをつけて、忙しそうにしている琉生に、隼人はふと既視感を覚えた。

「琉生……」
「ん?」

勿論、彼女は健康的な薔薇色の頬を持っていなかったが……

「琉生。似てるとは思っていたけど、そうしてると、なんかお母さんみたいだな。身長が同じくらいだからかな。」
「お母さんのエプロンだからでしょ?はいはい。隼人君、いつまでもゆっくりしてたら遅刻しますよ~。」
「ちび琉生!こら!」
「あははっ。」

琉生の姿に、面影を重ねたのは隼人だけではなかった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(`・ω・´)

哀しみを乗り越えて、琉生は中学生になりました。
[壁]ω・) ちびだけど……

( *`ω´) 聞こえてるぞ~


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ






関連記事

2 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> あわわわわ… (((( ;゚Д゚)))
> ちびっこ琉生、
> お母さんのお顔立ちや
> 背格好も似ているとなると…

中学生になったばかりの琉生なのです。ちびだから、今頃お母さんと名時くらいの背格好……[壁]ω・)チラッ
>
> お父さんが動き出したら… !?

Σ( ̄口 ̄*)一体、どう動くんだろう~

> なんだか、においます。
> ピンチ勃発しちゃいそうですー

いけない感じに、お父さんが壊れてゆくのでしょうか……(´・ω・`)
>
> えらいこっちや~、やばす~!!
> 尊兄ちゃん早くご帰宅を~!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/慌てふためく琉生←
理性が残っているのを祈るばかりです。
でも、愛ゆえなので、ちょっと悲しいのです。(´・ω・`)

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

>  

2014/06/24 (Tue) 20:38 | REPLY |   

ちよ  

あわわわわ… (((( ;゚Д゚)))
ちびっこ琉生、
お母さんのお顔立ちや
背格好も似ているとなると…

お父さんが動き出したら… !?

なんだか、においます。
ピンチ勃発しちゃいそうですー

えらいこっちや~、やばす~!!
尊兄ちゃん早くご帰宅を~!!

 

2014/06/24 (Tue) 00:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment