FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 28 

帰りを待ちわびていた母の元に、琉生は息せき切って走った。

「お父さんの絵、すごかった~。ぼく、見に行って良かった。また、絶対見に行くんだ。」

孤独な老人が絵を眺めて涙した話を、琉生は母に教えた。
琉生の話は、母を喜ばせた。

「そう。その方はそんなに喜んでくださったの。良かった。」
「お父さんはいないけど、絵の中に三人でちゃんといたよ。お父さんと話した気がしたんだ。お母さんも一緒にいけたら良かったね。いつか、行こうよ。」

母は柔らかな微笑みを向けた。

「お母さんは……もうすぐお父さんに会いに行くから、琉生の話をいっぱいするね。」
「やだ……。お母さん……そんなこと言わないで……」
「大丈夫よ……琉生。琉生は一人じゃないでしょう。寺川のお父さんも尊君も隼人君もいる。それにね……お父さんの絵を見たでしょう……?お父さんもお母さんも琉生の事、大好き。お母さんの所に生まれて来てくれて……ありがと……琉生。琉生はいつも……わたし達の希望だったのよ。」
「う……ん……」
「琉生……好きな絵を……描いてね……お母さんも、お父さんもずっと琉生の傍に居るから。」
「ん……」

母のベッドに突っ伏し、シーツに顔を押し当てて、琉生は涙をこらえた。
既に抜けるように白い肌になってしまった母が、優しく琉生の頭を撫でる。力ない母の指に、長くはないと琉生も感じていた。
束の間、息子と二人の時間に、伝えたかった父の残した絵の話をし、母は安堵したのかもしれない。

寺川と尊の帰りを待ちかねたように、母の容体は急変し、翌日から人事不省に陥った。
父と共に緊急搬送されてゆく意識のない母に、琉生は心の内で別れを告げた。


明け方近く、琉生は微睡の中に居た。
誰かの細い指が、ふっと優しく名残を惜しむように、琉生の頬に触れた気がする。

「お母さん……さよなら。」

もう二度と、今生で生きて母に会う事は無いと確信していた。

まるで静かにろうそくの炎が消えるように、寺川の父が買って来た病気平癒のお守りを握り締めて母は逝った。

「美和……」

妻の亡骸を前に慟哭する寺川の父に、誰も声を掛けられなかった。
家族は深い悲しみに包まれていた。
琉生は母の傍に寄れないまま、母の遺影の前に摘んできた花を手向けた。

*****

父親の時計は、その日を境に時を刻むのを止めた。
言い換えれば、浮かび上がることもできない混沌の中に、自ら身を沈めた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(`・ω・´)

とうとうお母さんが儚くなってしまいました。(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚+


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

> 束の間……あっけない二人の時間

琉生はきちんとお母さんにお別れを告げました。(´・ω・`)   
>
> うー寺川の父がこれから変貌していくのでしょうか  (。┰ω┰。)
> 怖いよ~ 

少しずつ壊れてゆく寺川パパを書いてゆこうと思います。 (´・ω・`) 怖いよね~←

> 琉生の父が描いた絵に、フランダースの犬を思い出しました。 ルーベンスの絵も
> フワフワ優しいタッチだった。 なにかあったら心の避難所として絵の場所を
> 聞いておいて良かったきがします。

おお~、nichikaちん、核心をついてくるなぁ……
きっと琉生にとっては大切な場所になったはずです。(´・ω・`) ばれてた~

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃) ←ちょっと、焦ってるこのちん……

2014/06/23 (Mon) 22:22 | REPLY |   

nichika  

(TωT)ウルウル

束の間……あっけない二人の時間  

うー寺川の父がこれから変貌していくのでしょうか  (。┰ω┰。)
怖いよ~ 

琉生の父が描いた絵に、フランダースの犬を思い出しました。 ルーベンスの絵も
フワフワ優しいタッチだった。 なにかあったら心の避難所として絵の場所を
聞いておいて良かったきがします。

2014/06/23 (Mon) 14:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment