FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 21 

幸いなことに母は、琉生が中学にあがっても直、しばらくは永らえた。
少しでも琉生の傍に居てやりたいという願いは、何かに届いたのだろうか。

季節は幾度も、木々の色を変えた。

*****

その頃を思い出すと、琉生の記憶の中の母は、西洋のお伽噺に出てくる少女のように静かに横になっていた。
快活に家事をする母の姿はもうなかった。
ゆっくりと時は過ぎ、花がしおれるように母は床につくようになっていた。

広いリビングの陽の射す場所に、美和は自分の大きな揺り椅子を置いた。
そこからは琉生が帰ってくるのが見える。
学校から一目散に走って帰る琉生を待って、その頃、すっかり弱ってしまった美和は、優しく微笑んだ。

「おかえりなさい。琉生。」
「ただいま、お母さん。これ、咲いてたから摘んできた。」
「可愛い。もう、春なのね……」

琉生は庭に咲いていた蝋梅の黄色の花を一枝、グラスに挿した。
春を告げる小さな花弁が、曇りガラスでこしらえた造花のようだ。
微かに花の香がリビングに漂った。

この頃、すでに食事を摂れなくなっていた美和は、胃ろうの手術をしていた。
椅子に座っている以外は、横になっている時間が長くなっていて、誰の目にも、ひどく衰弱していると分かる。
今度何かあったら、責任が持てません。すぐに、入院していただきますと、医師に引導を渡されていたのを引き延ばしていた。

「気分はどう?少しは眠れた?」
「ごめんね……琉生。」
「ん?なんで謝るの?」
「お母さんね、本当は琉生と二人で、この家を出て行くつもりでいたの。……病気になったから、できなくなっちゃった。隼人君にも、出て行くって言ったのにね。」
「それって、大分前に尊兄ちゃんと隼人兄ちゃんが、喧嘩した日の事……?あれなら、もういいんだよ。お母さんが病気になってから、お兄ちゃん達は気を使ってくれるしすごく優しいんだ。最初この家に来た時みたいに、ぼく達すっかり仲良しなんだよ。」
「そうなの?もう今は、尊君と隼人君も喧嘩していないのね。良かった。」
「隼人兄ちゃんが、ごめんねって言ってた。良くわからないけど、お母さんとぼくのことを誤解してたって、いっぱい謝ってた。倒れたのも自分のせいかもしれないって、すごく落ち込んでたんだよ。だから何も心配しないで、お母さんは病気を治して。隼人兄ちゃんも、早く元気になればいいなって言ってた。」

母は優しく微笑んだ。

「そうだったの。……隼人君のいいところは、自分が悪いと思ったらすぐに謝れるところね。琉生も見習わなきゃ。謝るのって、すごく勇気がいるもの。」
「うん。そうする。」
「隼人君はサッカーの試合?」
「毎日、グラウンドに通ってる。隼人兄ちゃんかっこいいから、クラスの子にいいなぁってすごく羨ましがられるんだよ。イケメン好きの女の子達、きゃっきゃっ言ってる。皆、兄貴なんて、うるさくて乱暴で大っ嫌いだって言ってるけど、ぼくはお兄ちゃん達の事好き。」
「そうね。琉生のお兄ちゃんは二人とも素敵だものね。琉生にお兄ちゃんが出来て良かったって、お母さんはいつも思ってるの。琉生が一人ぼっちになったら、どうしようって心配だったの。」
「お母さん……もうすぐいなくなるの?……ぼく……お母さんがいなくなるの嫌だよ。」
「いつかの話よ。お母さんも琉生の傍にずっといたいから、頑張るね。」
「ん……」

琉生は目許を赤くして、こくりと頷いた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
限られた母との時間なのです……(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚「いなくなっちゃ、やだ……」

(〃^∇^)o 「琉生くん、このちんいじめっこじゃないから~」
( *`ω´) 「ほんとか~」

|)≡サッ!!←逃げた~


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 琉生が幼かった頃、
> 保育園のお遊戯室の窓からは、
> お迎えに来てくれるお母さんの姿が
> 一番早く見 つけられたように、
> リビングの窓からは、琉生が帰ってくる姿が
> いち早く見えるね。
> ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ お母さん~~!!

そうなんです。(〃゚∇゚〃) 実はそこに引っ掛けたのです。気がついてくださってありがとうございます。
立場が変わって、少しだけ、琉生が成長したと思っていただければ嬉しいです。。
>
> 大槻のお父さんは、身体中の痛みを我慢しながらも、
> 最後は安らかなお顔でお星さまになられました。

愛する者が傍に居たから、安らかでいられました。きっと心配事はいっぱいあったはずです。
今も見守っていてくれるかな~

> だから、お母さんには、少しでも長く
> 琉生のそばで微笑んでいて欲しいのですが、
> お母さんとのお別れの日が
> 確実に近づいているようで…
>
> 最近、ちよの涙腺は、緩みっぱなしです 。゚(゚´д`゚)゚。

(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚+ちよさん、ありがとう~
でも、寺川のお父さんが傍に居させてくれないの……

なんとか琉生が幸せになるようにがんばります。(`・ω・´)←嘘つきこのちん

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/06/16 (Mon) 20:55 | REPLY |   

ちよ  

琉生が幼かった頃、
保育園のお遊戯室の窓からは、
お迎えに来てくれるお母さんの姿が
一番早く見 つけられたように、
リビングの窓からは、琉生が帰ってくる姿が
いち早く見えるね。
─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ お母さん~~!!

大槻のお父さんは、身体中の痛みを我慢しながらも、
最後は安らかなお顔でお星さまになられました。

だから、お母さんには、少しでも長く
琉生のそばで微笑んでいて欲しいのですが、
お母さんとのお別れの日が
確実に近づいているようで…

最近、ちよの涙腺は、緩みっぱなしです 。゚(゚´д`゚)゚。




2014/06/16 (Mon) 00:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment