FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 13 

琉生は母と別れ、尊と隼人と三人で、前方の席に座った。

「琉生くん、ほら、こっちこっち。」
「お~、やるなぁ、隼人。いい席じゃないか。」
「きゅうこうじゃーが好きだって言ってたからさ、前の方が喜ぶって思ったんだ。ほら、ここならレッドがすぐ傍を通るだろ。琉生くんは、ここの通路側に座るんだよ。」
「うん。」
「おれたちは、すぐ横の席にいるからね、何かあったらすぐに隣りの尊お兄ちゃんに言うんだよ。」
「わかった~。」

運動神経の良い隼人は、人の群れをかいくぐって走り、うまく中央の席を3つキープしていた。

開演のベルが鳴り響き、真正面に白いドライアイスの煙と共に、琉生の大好きな天光戦隊きゅうこうじゃーが現れた。

「求めた光をまといし正義の伝道師、きゅうこうじゃー見参!」

ポーズを決めた、5人揃ったきゅうこうじゃーの姿に、琉生は思わず足をばたつかせ声を上げた。

「ぅわ~っ!」

「尊兄ちゃん、ほら。あいつ、すっごい喜んでる。」
「ほんとだ。」

尊と隼人は戦隊ショーよりも、初めて会った琉生の動向の方が気になる様だ。

「求光の力で、必ず悪を倒す!来い!」

5人の戦士が手にした輝く光の武器、きゅうこうブラスターで、地球征服を狙う怪人を次々に倒してゆく。
初めて見る生の舞台に、夢見心地の琉生は、身を乗り出して一生懸命声援を送った。

やがてレッドは、卑怯な敵の罠に落ち、右腕を痛めて絶体絶命のピンチを迎えた。

「ここがお前の墓場だな、きゅうこうレッド!」
「くっ……きゅうこうブラスターの引き金さえ弾けたら……この手がっ……!」
「ふははは。きゅうこうブラスターの無いレッドなど、こうしてくれる。」
「ぐわぁーーっ!」

怪人は傷めた右腕を踏みつけた。
敵の前に倒れたレッドを心配して、子供たちの悲鳴が上がる。心配のあまり、琉生も思わずその場に立ち上がっていた。

「レッド~!がんばれ~!」

悲痛な音楽が、いやがおうにも臨場感を盛り上げてゆく。

「みんなの応援が足りないよ!せ~の!きゅうこうじゃーレッド、がんばれ~!」
「がんばれ~!」
「もっとだよ!せ~の!きゅうこうじゃーレッド、がんばれ~!」
「がんばれ~!」

進行役のお姉さんが、上手く子供たちを乗せてゆく。
やがてレッドは逃げ惑いながら、琉生のすぐ傍の通路まで逃げてきた。琉生は間近で本物の(と、琉生は思っている)きゅうこうブラスターを見て目を丸くしている。
進行役のお姉さんが、「そこの君」と琉生を指さした。

「レッド!こうなったら、お友達に応援を頼もう!お友達はきっとレッドの事を助けてくれるよ!」

どうやら、隼人の手に入れた席は、ショーに参加できる子供を選ぶ特別な席だったらしい。事前にショーへの参加を求められた隼人が、代わりに琉生を参加させることにしていた。

「応援してくれるのか?」

琉生はこくりと頷いた。
選ばれた戦士となった琉生は、レッドと共に引き金を引き、怪人を倒すことになった。

「君も共に戦ってくれ!僕は右手を傷めてしまったんだ。きゅうこうブラスターの引き金が引けないんだ。頼む。」

他のきゅうこうじゃーもやってきて、琉生を励ました。

「怪人をめがけて、5つのきゅうこうブラスターで一斉に攻撃するんだ。がんばってくれ!君なら出来る!」
「僕らと共に力を合わせて、地球を守ろう。」
「行くわよ!」
「……らじゃ!」

大人しい琉生が、戦隊の敬礼を返したのに後方にいる母は驚いたが、琉生は真剣だった。本気できゅうこうじゃーと共に怪人と戦うつもりだった。

「今だ!撃てーっ!」

4人のきゅうこうじゃーと琉生の撃ったきゅうこうブラスターは、一つの眩い閃光となり怪人に命中した。
大量の白煙に包まれて、敵は断末魔の叫びをあげた。

「やった~!」
「当たった~!」

周囲の子供たちから喝采を受け、琉生の頬は紅潮していた。

「ありがとう!君のおかげで怪人をやっつけることができたよ。君の名前は?」
「大槻琉生。」
「琉生くん、勇気をありがとう。これからも応援よろしくな!」
「また、逢おう!」
「らじゃ!」

琉生にとって、まるで夢のような時間だった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

きゅうこうじゃーの戦隊ショーで琉生は大盛り上がりです。
(*/∇\*) キャ~「琉生くん、レッドを助けた~」

(`・ω・´)「ありがとう。君のおかげで地球は救われた。」
\(\o-)ヘン~(-o/)ゝシンッ!!\(`O´)/トウ!!
(〃^∇^)「きゃあ~」

ほのぼのとした戦隊ショーです。今は素顔の戦隊ショーは中々チケット取れないみたいですね~

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

> \(\o-)ヘン~(-o/)ゝシンッ!!\(`O´)/トウ!!
> 本当に飛びそうですね~~パタパタ

子供ってどうしてあんなに戦隊ものが好きなのでしょう。
此花も好きです。←
思わず戦隊設定考えてしまいましたよ。(〃^∇^)
  
> 尊と隼人兄弟が琉生を優しく見守っている昨日からの情景にほのぼの

ほのぼのしてくださってありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

> 永遠に続けば。。。
> まぁ ♪ψ(=ФωФ)ψ ←がゆくゆく出てくでしょう(笑)

[壁]ω・)チラッ……だから、このちんはハピエン主義だと言っているのに~( *`ω´)
♪ψ(=ФωФ)ψ←これが出てくるのは、もう少し先です。うふふ

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/06/08 (Sun) 21:07 | REPLY |   

nichika  

懐かしい

\(\o-)ヘン~(-o/)ゝシンッ!!\(`O´)/トウ!!
本当に飛びそうですね~~パタパタ  
尊と隼人兄弟が琉生を優しく見守っている昨日からの情景にほのぼの
永遠に続けば。。。
まぁ ♪ψ(=ФωФ)ψ ←がゆくゆく出てくでしょう(笑)

2014/06/08 (Sun) 18:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment