FC2ブログ
FC2ブログ

漂泊の青い玻璃 1 

バイトを終えてアパートに帰った琉生は、部屋に入るなり妙な違和感に襲われた。
独り暮らしで誰も訪れるものなど無いはずの部屋に、誰かの気配がある。
4畳半二間しかない奥の部屋に、点けた覚えのない灯りがついていた。

「……あれ……?」

そっと窺って寝台の上に誰かが横たわっているのを確認する。顔の方に毛布が掛けられ、血の気の無い足先だけが見えていた。
鼓動が早くなり、昏い不安が広がってゆく。

もしかすると、この場所を父に見つけられたのかもしれない。
そこに父が居たらどうしようと思った。

琉生は義父が怖かった。別段、父が大男だと言う訳でもない。むしろ神経質で痩せぎすなくらいだった。背などはもう琉生の方が高いくらいだったし、抗えば若い琉生の方に分があるかもしれない。
それでも近くによると、血走った目に射すくめられるような気がして、言葉が出なくなる。母が亡くなって以来、琉生は自分を凝視する父が苦手だった。

母を失ってから父の言動はおかしくなった。
少しずつ精神の均衡を崩し、面差しの似た琉生といない母を混同し始めた。
確かに琉生は母に似ていたが、そこまでそっくりと言うわけではない。
妻の死を受け止められない父の粘った重い視線と執着は、琉生にはどうしようもなく、二人きりになるのが恐怖だった。

血の繋がりの無い家族の中で、疎外感を感じながら琉生はいたたまれない思いで、毎日ひっそりと父と顔を合わさないようにして過ごした。
二人の兄は優しかったが、琉生はだからこそ父の尊厳を壊してしまうようで、余計に相談できなかった。
思い詰めた琉生は、父から逃げるために高校を卒業と同時に、全てを捨てて身体一つで家を出た。

*****

そっと近づき、顔に掛かった毛布をめくった琉生は、絶句した。

「ひっ……!」

毛布の下にいたのは、琉生が二度と会いたくない義父だった。
しかも横たわった義父は、既に土気色でこと切れていた。
驚いたように見開かれた瞳が、視線を交わすことなく空を見つめている。

「お……お父さん、なんで……あっ!?」

後頭部を、思いきり鈍器のようなもので殴りつけられ、琉生はその場に昏倒した。
誰が父を手に掛けたのだろう。
意識を手放した琉生に、誰かが「琉生」と声を掛けた気がするが、その声はもう琉生には届かなかった。
倒れ込んだ琉生の唇に、声の主はそっと長い指で触れた。

「護ってあげられなくて、ごめんね、琉生。……もう、辛いことはお終いだよ。みんな終わらせてあげる。」

静かな部屋に、優しい声が響いた。




お読みいただきありがとうございます。
意味深な感じで始まりました。(〃゚∇゚〃)
この声の主は一体誰なのでしょう……

エチはいつもどうり薄っすらしかないけど、頑張ります。(`・ω・´) 此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

6 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

> いきない、サスペンス 二人の兄がどうかかわるか。

そこを言ってしまうと、ねたばれなのでこのちんはお口にチャックなのです。

。。義父の早い終結はあっぱれ。

義父は過去話に、ちょくちょく出てまいります。(`・ω・´)

> これから蒸し暑かったり、梅雨になるから 此花ちんもバテませんよう!

ありがとうございます。ばてないようにがんばります。(〃゚∇゚〃)

2014/05/27 (Tue) 21:03 | REPLY |   

nichika  

ノスタルジックな曲をかけて・。。・

いきない、サスペンス 二人の兄がどうかかわるか。。。義父の早い終結はあっぱれ。
これから蒸し暑かったり、梅雨になるから 此花ちんもバテませんよう!

2014/05/27 (Tue) 15:48 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> あたらしいお話のはじまりですが
> あわわわわ (@_@;)

のっけから意味深な場面なのです。(`・ω・´)
>
> 儚げな琉生くん。
> まだまだ周りの大人に見守られるべき存在なのに、
> これから先も、つら~い試練てんこ盛りなのでしょうか…

このちんは優しいので、つら~い試練てんこ盛りなんて、ないのです。(`・ω・´)←ぬけぬけ~
何とか着地できるように、がんばります。

> ドキがムネムネ~(^_^)v

ドキがムネムネしてもらえるようにがんばります。(〃゚∇゚〃)

2014/05/27 (Tue) 09:55 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> ゚+。゚(ノ`・Д・)ノオォオォ゚。+゚ 
> こ・これは…ミステリーですかぁーー!?

一応ミステリーっぽく始めました。(`・ω・´)←きっとすぐに犯人ばれそう……
>
> 此花さま、御無沙汰です
> 新作品の連載を 楽しみに待ってました♪

しばらくお休みしてしまいました。すっかりご無沙汰です。

> o(@^◇^@)oワクワク...byebye☆

わくわくしてもらえるように、頑張ります。(`・ω・´)

2014/05/27 (Tue) 09:51 | REPLY |   

ちよ  

あたらしいお話のはじまりですが
あわわわわ (@_@;)

儚げな琉生くん。
まだまだ周りの大人に見守られるべき存在なのに、
これから先も、つら~い試練てんこ盛りなのでしょうか…

ドキがムネムネ~(^_^)v

2014/05/26 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   

けいったん  

゚+。゚(ノ`・Д・)ノオォオォ゚。+゚ 
こ・これは…ミステリーですかぁーー!?

此花さま、御無沙汰です
新作品の連載を 楽しみに待ってました♪
o(@^◇^@)oワクワク...byebye☆

2014/05/26 (Mon) 21:58 | REPLY |   

Leave a comment