FC2ブログ
FC2ブログ

朔良―そのままの君でいい 13 

下から小橋を見上げると、つんと細い顔を向けた。

「じゃ、帰ります。」
「え~っ!?」

小橋は慌てた。
必死に告白して、ここまでやっと連れて来たのに、帰られたのでは苦労が無駄になる。

「待って、朔良君。すまない。直ぐに開けるよ。ただ言い訳だけ先にさせてくれるかな。いつもはこうじゃないんだよ。僕はどちらかというときちんとしている方だと自分では思ってる……どうぞ。」

重い鉄の扉が、やっと開いて朔良は足を踏み入れた。
想像通りの温もりのある空間だった。小橋の言う通り、そこまできちんと片づけられてはいないが、それでも雑然としてはいない。
仕事に懸命で、自分の事に手が回らないという印象を受けた。

「座っても?」
「あ。どうぞ。後、何か飲む?アルコールもあるけど?」
「では、ジンジャーエールを下さい。」
「ちょっと待っててね。ソファに掛けていて。」

小さなキッチンで甲斐甲斐しくグラスを用意する小橋が、朔良が座っているソファから見えた。
初めて訪れた部屋なのに、何故か心地よい。ずっと欲しかった居場所を手に入れた気がして、朔良は涙ぐんだ。
小橋に見られないように、そっと涙をぬぐったが、ずっと朔良を目の端でとらえていた小橋は朔良の様子に気付いた。

「朔良君。今日はゆっくりできる?」
「はい。」
「そう、良かった。疲れていなければ、夕食の買い物に出ようか?」
「作るんですか?」
「そうしたいんだけど、いいかな?一人暮らしが長いから、少しは料理もできるよ。何が食べたい?」
「北京ダック。」
「朔良君……あのね。」
「冗談です。」

顔色も変えない朔良の冗談に、小橋はふいた。

「やっぱり見栄張るの止めようかなあ。晩御飯はレトルトのカレーでいい?サラダは作るから。」
「いいですよ。でも、どうしてですか?」
「どうしてって、少しでも長く一緒にいたいからに決まってるじゃないか。」
「そうですね。来年の今頃は、きっと僕はいなくなりますから。旭日さんの言う、ぴちぴちに囲まれて……あ、それ以前に受験勉強が忙しくなるかな。」
「朔良君。小父さんをいじめると、後悔するぞ。」

くすくすと朔良が笑う。

「小父さんだなんて思っていませんよ……って言ったのに、信じないんですか?」

小橋はグラスを取り上げると、冷たいジンジャーエールを一口飲んだ。
そのまま近寄ると、ついと朔良の顎を持ち上げた。
朔良が頷くと、小橋の顔が近づいて来る。こくりと喉を冷たい飲み物が流れてゆく。
首筋に溢れたジンジャーエールを、小橋は舐めとった。
朔良の腕が、小橋の背に回り、二人は何度も口づけた。浅く深く、求め合うキスは、ジンジャーエールの味がした。





本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ





関連記事

2 Comments

此花咲耶  

奈々さま

> かわいいかわいい。朔良姫。小橋先生あいてに冗談も軽くいえるなんて。なんか以前のイメージからずい分変わっていきました。もちろん良い方向に。

(〃゚∇゚〃) 良い方向だと言っていただいて、胸をなでおろした此花です。何か、女王さま朔良のはずが、どんどん可愛い朔良になってしまいそうで、困ってます。( *`ω´)「 僕はいつでも可愛い朔良だぞ、ぷんっ。」←ぬけぬけ~

二人のラブラブで終了されるとのこと。うん、うれしいです。たしかに、この間で完結っていわれても、良い状況でしたが、読者がRへの熱い要望?(笑)で+していただけると。このちん、ありがとうさんです。ななちんはだらしない顔でまってます。えへへ。

あ、ななちん。よだれ、よだれ……(〃^∇^)ノ□ はい、ハンカチ貸してあげる~
時間のうんとかかるエチ場面に突入です。拙いですけど、精いっぱい頑張りまっす!(`・ω・´)
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/04/05 (Sat) 20:57 | REPLY |   

奈々  

かわいいかわいい。朔良姫。小橋先生あいてに冗談も軽くいえるなんて。なんか以前のイメージからずい分変わっていきました。もちろん良い方向に。二人のラブラブで終了されるとのこと。うん、うれしいです。たしかに、この間で完結っていわれても、良い状況でしたが、読者がRへの熱い要望?(笑)で+していただけると。このちん、ありがとうさんです。ななちんはだらしない顔でまってます。えへへ。

2014/04/05 (Sat) 10:54 | REPLY |   

Leave a comment