FC2ブログ
FC2ブログ

朔良―そのままの君でいい 9 

得物を手にした看護師たちの気色ばんだ様子に、思わず顔を見合わせた朔良と小橋だった。

「何かあったんですか?」
「何が有ったって?その部屋の中ですよ。森本先生の研究室です。」
「は……?」
「織田さん、大丈夫だったんですか?妙な大声が森本先生の部屋から聞こえて来たと、患者さんがナースステーションに血相変えて走って来たんです。だから、わたし達。ねぇ、看護師長?」
「そうですよ。森本先生が顔色を変えて、織田さんが部屋にいるっておっしゃったものだから……若いナース達が、すっかり慌ててしまって。」
「もしかすると病院の裏手の山から、猪か猿でも入って来たのかもしれないって、みんな大騒ぎ。」
「もし動物じゃないなら不審者が侵入したんじゃないかって、言いだす者もいて、今、玄関の警備員さんを呼びに行ったところです。」
「何でも、大型犬が盛ってるみたいな声だったそうですよ。」
「いや~ん、気味悪い。」

小橋は絶句した。

「盛……って。」
「……あの……すみません。」

朔良はちらと小橋を見やった後、仕方なく頭を下げた。

「僕の足のマッサージを小橋先生がしてくださっていたのですが、余りに痛かったので思わず叫んでしまったんです。……その……盛った犬みたいな大声は、僕の声です。」

看護師たちは顔を見合わせた。

「うそ~!」
「え~、そうなんですか?織田さんの声なら、わたし達も分かると思うんですけど……」
「でも、まあ、声の正体がわかって一安心しました。じゃ、わたし達、持ち場に戻りま~す。」
「申し訳ありませんでした。」
「あっ!そう言えば誰か島本先生を呼びに行ったんじゃなかった?」
「行きましたよ、外科のナースが数人……あ、来た。島本先生だ~!」
「喧嘩強いんでしょ?ほら、前に酔っ払いが暴れた時も、島本先生が捕まえて警察に突き出したんじゃなかった?」
「そうそう……ほら、気合入ってるんじゃない?誰か、言わないと。」

そこにいた看護師が手を振ったのに、島本は気付いたが、誤解したままだった。
朔良の姿を確かめ、側に佇む小橋を見て、島本は何を思ったかすごい勢いで走ってきた。

「貴様が不審者かーっ!朔良姫……朔良から離れろ!」
「あ……違っ……!」

小橋に言い訳を許さぬまま、島本は襟首をつかむと締め上げようとしたが、実際空中に飛んだのは島本の方だった。

「せいっ!」

腕を掴まれたまま、綺麗に背負い投げを決められて、島本は床に落とされた。

「う~!あたたっ……」
「……何してるの?」
「く……っ……くそ~、不審者に襲われてたんじゃなかったのか?朔良。」
「誤解だって説明しようとしているのに、いきなり飛び掛かって来るからこんなことになるんですよ。」
「織田朔良が不審者に襲われてるって、外科のナースが血相変えて走って来たんだよ。慌てるだろう?」
「はぁ?小橋先生は柔道の有段者ですよ。それに……こんな白昼堂々、医者の部屋で誰が襲うって?ちょっと考えればわかるでしょう。」
「すまん。事態をちゃんと確認すべきだった。」
「僕を幾つだと。それに、助けに来て投げられたら何の意味もないでしょう、みっともない。」

しょんぼりとその場に恥じ入る島本に朔良は容赦なかった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

|ω・`) お騒がせして申し訳ない……←小橋

\(゜ロ\)(/ロ゜)/「朔良ーーっ!」

あと、もう少しで終わります。お付き合いくださればうれしいです。此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

6 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 想いが通じあった小橋さんが
> そばに居てくれるのなら…
> 朔良は、過去に囚われて
> 怯えることもなくなったかな!?

きっと小橋は、朔良が信じようと思った初めての相手です。彩意外のね。
このまま、前を向いて行ければいいなぁと思います。
[壁]ω・)チラッ 問題はエチだな~
>
> 島本に対する凜とした態度が、
> かっこいいぞ~!!(*˘︶˘*).。.:*♡

おお~、結構ちよさんも島本には冷たいタイプ?♪ψ(=ФωФ)ψ
今日も冷たい朔良、全開です。(〃゚∇゚〃)
コメントありがとうございました。

2014/04/01 (Tue) 20:47 | REPLY |   

此花咲耶  

nichikaさま

> 得物を手にした看護師たち~ってっきり、朔良たちを覗いてる腐女子かと思った ('ω'*)アハ♪

 ヾ(〃^∇^)ノ(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)←皆さま

きっと朔良は看護師さんたちの間では、王子さま扱いです。
中身を知ったら……|)≡サッ!!
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/04/01 (Tue) 20:44 | REPLY |   

此花咲耶  

奈々さま

> 「僕を幾つだと。それに、助けに来て投げられたら何の意味もないでしょう、みっともない。」
> って朔良くん。それはないでしょう。このセリフで笑ってしまいました。


冷たいですよね~。朔良は島本には何を言っても許されると思っているので、ぼこぼこです。(〃゚∇゚〃)

朔良くんもう島本のことはきっと完全消化してるみたいですね。本当に良かったです。小橋先生のおかげかしら?そうなんだ。もうじき終わるんですね。うん。ちょっと淋しいな。でもでも朔良くんが幸せならば。それでいいです。最後まで応援してます。いつも有難う。このちん。


こちらこそお読みいただきありがとうございます。(〃▽〃)
小橋先生とらぶらぶ~♡を何とか…と思っているのですが、エチ場面が難しい~のです。
奈々ちんも、応援ありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
最後まで頑張ります~

2014/04/01 (Tue) 20:40 | REPLY |   

ちよ  

想いが通じあった小橋さんが
そばに居てくれるのなら…
朔良は、過去に囚われて
怯えることもなくなったかな!?

島本に対する凜とした態度が、
かっこいいぞ~!!(*˘︶˘*).。.:*♡

2014/04/01 (Tue) 19:53 | EDIT | REPLY |   

nichika  

なるほど!!!

得物を手にした看護師たち~ってっきり、朔良たちを覗いてる腐女子かと思った ('ω'*)アハ♪

2014/04/01 (Tue) 12:16 | EDIT | REPLY |   

奈々  

「僕を幾つだと。それに、助けに来て投げられたら何の意味もないでしょう、みっともない。」
って朔良くん。それはないでしょう。このセリフで笑ってしまいました。朔良くんもう島本のことはきっと完全消化してるみたいですね。本当に良かったです。小橋先生のおかげかしら?そうなんだ。もうじき終わるんですね。うん。ちょっと淋しいな。でもでも朔良くんが幸せならば。それでいいです。最後まで応援してます。いつも有難う。このちん。

2014/03/31 (Mon) 22:57 | REPLY |   

Leave a comment