FC2ブログ

紅蓮の虹・14 

「真っ直ぐ飛べるかどうかはわからないけど、とにかく一度、やってみなきゃね。」

こいつと一体になるって・・・?

あれかな、多重人格みたいな感じになるのかな・・・?

「こっちよ。」

部屋数の多い洋館は、迷子になりそうだ。

まだ昼前だと言うのに、暗幕を張った広い部屋に陽光はなかった。

足元にあるのは、何かの陣形だ。

衣類は、有無を言わさず、全て外すようにと言われた。

「異物が混入しては具合が悪い」のだそうだ。

「これって、悪魔を召喚する魔法陣じゃないの?」

「俺、似たようなのみたことあるよ。」

急かされて俺は、イレーネを中心にコウゲイと手をつないだ。

爺さんは昨夜みた、古い旗をうやうやしく捧げ持っていた。

ゆっくりと足元が揺れた。

陣から風が吹き上げてくる。

イレーネは髪を逆立てたまま、ずっと呪文(?)を唱えていた。

つないだコウゲイの手が、火のようだ。

食い入るように俺をを見つめるコウゲイの瞳が燃えあがった。

紅い瞳・・・そいつは俺と同じだった。

俺の髪も逆立ち、足元は立っているのか浮いているのか感覚がなかった。

時間の流れも良くわからない・・・




つないだ手が変化し始めていた。

透明な小さな三角形の模様が浮かんでは消えた。

指先が透明になってきて、俺は戦慄した。

指先からこのまま熔けて、俺は一体何になるんだ・・・?

わずかな疑問が、俺を現実の世界へと引き戻した。

ショートするように、青白い火花を上げて、俺とコウゲイ、イレーネの三人は陣内に崩れ落ちた。

何もまとっていない裸の胸がひどく痛んだ。

肩先から袈裟懸けにみみずばれが広がって、何か鋭利な刃物で切られた跡のようだ。

きっと俺の顔は今、蒼白なんだと思う。

「わたしの虹。大丈夫だ、これは古傷だから、忘れておしまい。」

俺のせいでしくじったのに、コウゲイは不思議と優しかった。

ただ、両腕が悲惨な状態になっていた。

思わず、声がひっくり返る。

「うわ・・・わっ!」

先ほど浮かび上がった三角状の模様は、重なり合った鱗になってびっちりと、俺の肌に定着していた。



「う、腕が何か、魚の鱗みたいになってる・・・」

泣きべそをかいた俺に、コウゲイは笑った。

「そんな綺麗な魚がいるものか。」

「一息したら、もう一度始めてみよう。」

「わたしの虹。君が柔軟な神経の持ち主でよかった。」

余り、物事に執着しないのは、いつかこんな日がくるのを本能で知っていたってことなのか・・・?

上手く丸め込まれて、俺は再度陣の中に立った。


幾たびかの中途半端な変身を繰り返し、そのたび鱗は広がってゆく。

やがて全身が大きな暖かい光に飲み込まれたとき、真っ白なスパークに周囲は輪郭をなくした。

関連記事

0 Comments

Leave a comment