FC2ブログ
FC2ブログ

朔良咲く 22 

朔良が来ていることは知っているはずなのに、島本は顔を出さなかった。
本気でなるべく顔を合わせないようにしているのだろうか。
扉を開ける音に、島本は振り返った。

「朔良姫……?」

午後の誰もいないリハビリ室に、島本はいた。
半分灯りの消えた薄暗がりの中で、器具の点検に熱中していたようだ。

「もう帰ったのかと思っていたよ。」
「あんたさ、会いたくないときには、その辺りにいるのに、用がある時には何でいないわけ?」
「俺に何か用があったのか?」
「いずみちゃんの母親に、色々聞いたから一応伝えておこうと思って。あの子、転院して手術するんだってね。」
「ああ。聞いたのか。院長の友人が執刀するそうだ。神の手と言われる脳腫瘍の手術の権威だそうだ。上手くいくと良いな……」

向き直った島本は、朔良の格好を見やった。

「今日はまた、ずいぶんらしい恰好をしているんだな。さすがに似合う。看護師達が騒ぐだけのことはある。」
「あんたが余計な事を言ったから、このざまだよ。僕はいずみちゃんの魔法の王子さまだそうだからね。」
「色々とすまなかったな、朔良姫。だけど、朔良姫の姿を見て目を丸くしているあの子を、どうしても喜ばせてやりたかったんだ。手術できなければ、命の保証はできないと言われていた。俺は無能で、見守る以外何も出来なくて落ち込んでいるところへ、朔良姫に会って、あの子がたくさん話をして嬉しそうに笑うのを初めて見たんだ。酷いことしかしていない朔良姫に、俺は救われた気がした……」

朔良はふいとそっぽを向き、ぶっきらぼうに告げた。

「……朔良。」
「何?」
「姫は余分だって言ったんだよ。わかった?ガラパゴスゾウガメ。」
「ガラ……ゾウガメ?……朔良って……俺は名前を呼んでもいいのか?」
「元々、僕には朔良の他に名前はない。何度も言わせるな、面倒くさい。」
「……朔良姫……」
「ドアホウ。」

しばらく朔良を見つめていた島本の顔が、いきなりくしゃと歪んだ。
そのまま、ゆっくりとその場に崩れ落ちるのを朔良は見つめていた。
頭を抱え、リノリウムの床に突っ伏した島本の嗚咽が、リハビリ室に響く。

「さ、朔良……っ……!朔良……!」

しばらくそのまま眺めていた朔良は、やがて近づくとハンカチを差し出した。

「みっともない。」
「すま……ん……」
「許したわけじゃないけど、忘れる事にする。」
「俺は……これから、どう償えばいいんだろう?」
「自分で考えれば?」
「そうか……そうだよな。虫が良すぎるよな。」
「あんた言ったよね?僕がどこかで苦しんでいるなら、せめて代わりの誰かを助けるって。」
「ああ。偽りはない。そのつもりで進路を選んだんだ。」
「それでいいんじゃないの?どんなカードが配られても、逃げる事は出来ない。それが人生だってパ……誰かが言ってた。僕も誰にも恥じない毎日を送ることにしたから。」

ふっと差し込んできた夕日を背負って笑った朔良を、島本は眩しそうに見つめていた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

(°∇°;) 「あの、朔良姫。 ガラパゴスゾウガメって……なんでつか?」
 ヾ(〃^∇^)ノ 「知らないです~」


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ






関連記事

3 Comments

此花咲耶  

奈々さま

> このちんさん。あっこのちんって呼ばせて頂いていいですか?

勿論です。このちんでいいですよ~。(〃゚∇゚〃) 何なら、カメムシ……あ、それはいやかも~(〃ー〃)

イヤイヤ参りましたな~~~。カメムシが昇格しましたか(爆)ガラパゴスゾウガメって!!(爆)  そして「元々、僕には朔良の他に名前はない。何度も言わせるな、面倒くさい」って朔良姫は、島本が自分のしたことを後悔しているのが分かって、少しだけ許してあげたんですね。うん!良い奴。男前!ますます朔良姫のこと大好きになりました。

(ノ´▽`)ノきゃあ~、男前だって~←どうやら、ものすごくうれしいらしい。朔良が何とか島本を許せるようにと思って、話を書きはじめました。正直言うと、そこが結構、難しかったです。
朔良は頑固だし。(´・ω・`) 「頑固じゃないもん……」

朔良姫には頑張ってもらって沢山の病気の人々を助けてあげて欲しいな。いいな。このお話。心が温まります。・・・でやっぱ、後書き笑けます。 ヾ(〃^∇^)ノ 「知らないです~」

(`・ω・´)大変なこともいっぱいあると思うけど、これからがんばります。
心が温まるって言ってくださって、うれしいいです。(*/∇\*) きゃあ~

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/03/14 (Fri) 20:34 | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメントkさま

朔良もやっと吹っ切れたみたいです。(〃ー〃)
かなりの時間がかかりました。
島本もハイエナに始まって、いろいろな動物になりました。名前を呼んでも良いと言われただけで突っ伏して泣く島本にも、いろいろな思いがあったのかも……

( *`ω´) 「どさくさに紛れて、ふんづけてやればよかった。」

(°∇°;) 「が~ん……」

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)




2014/03/14 (Fri) 20:14 | REPLY |   

奈々  

このちんさん。あっこのちんって呼ばせて頂いていいですか?イヤイヤ参りましたな~~~。カメムシが昇格しましたか(爆)ガラパゴスゾウガメって!!(爆)  そして「元々、僕には朔良の他に名前はない。何度も言わせるな、面倒くさい」って朔良姫は、島本が自分のしたことを後悔しているのが分かって、少しだけ許してあげたんですね。うん!良い奴。男前!ますます朔良姫のこと大好きになりました。朔良姫には頑張ってもらって沢山の病気の人々を助けてあげて欲しいな。いいな。このお話。心が温まります。・・・でやっぱ、後書き笑けます。 ヾ(〃^∇^)ノ 「知らないです~」

2014/03/13 (Thu) 22:21 | REPLY |   

Leave a comment