FC2ブログ
FC2ブログ

朔良咲く 18 

朔良が思わず引くほど、はしゃぐ彩には酒も入っていた。
だから、余計にテンションが上がったのかもしれない。

「すごいな~!甘ったれの朔良が自分で進路を考えるなんて、思いもしなかったよ。さあ、飲め。酔ったら負ぶってやる。」
「十分飲んでるよ。……あのさ、おにいちゃん。僕だって少しは考えるんだよ。」
「いや、それはないだろ。」

言い切る彩に、さすがに若干むっとする。

「何それ。僕だって、いつまでもこのままじゃ駄目だって思ってたんだからね。ただ、どこに行けばいいのか分からなかっただけなんだから。」
「そうか、そうか。えらかったな~、朔良。」
彩は朔良をぎゅうと抱きしめた。

「ちょっ、何やってるの……おにいちゃん……まさかの泣き上戸?」
「嬉しいんだよ。何か、もう感動したぞ。朔良~!」

涙ぐむ彩に、困ってしまった朔良は、とうとう打ち明けた。

「おにいちゃんの夢を奪うようなことをして、自分だけ大学に行きたいなんて、虫が良すぎると思ったからこれまで言えなかったんだ。打ち明けてもいいのか、それとも黙って進学して事後承諾って形にしてしまおうかって、迷ったよ。だけど……だけどね、話をしたら、おにいちゃんに本当に悔いはないんだってわかった。だから、僕はこれから勉強して大学に行きます。」
「ま、行きますって言っても、そこは通ればの話だな。朔良、数学嫌いだろ?」
「そうだけど……。」
「あのな~、朔良は簡単に言うけどな、理学療法士になるのは、難しいらしいぞ。一応、医療系だから理系の勉強は勿論、人間を相手にするんだからな。リハビリセンターから逃げ出した時みたいにはいかないぞ。むしろ逃げ出す奴を励ましたりしなきゃならないんだから。」
「わかってるよ……でも、詳しいね。なんでそんな話知ってるの?」
「同級生に、理学療法士になった奴が居るんだ。何でも、そいつの好きな奴が大怪我をして、少しでも力になりたいからって言う話だったかな。親しいやつじゃないんで直接聞いた話じゃないけど。勉強が大変だったと言う話を聞いた事が有る。」
「そう……」
「もし詳しい話を聞きたかったら、連絡取ってやろうか?」
「ううん、いい。主治医の先生に相談することになってるから。」
「そうか?」

その理学療法士の名前を、朔良は知っている。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

ヽ(゚∀゚)ノ「朔良~!すごいな~!がんばったな~!」

(´・ω・`) 「おにいちゃん……僕の事、相当ダメっ子だと思ってるでしょ?」

(°∇°;) 「そ……そんなことは……あるかも、だけど……」

( *`ω´) 「もう~、僕だって少しは考えてるんだからね。」

(〃^∇^)「そうか。だったら偏差値は大丈夫なんだな。」

(つд・`。)・゚ 「……おにいちゃんの、あんぽんたん……」←がんばれ、朔良。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

3 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

> 今になると 彩があんぽんたんで良かった~~~やった== ぐ腐腐

とても鈍いです。長男タイプかな……(〃ー〃)
朔良はきっと秘密にしたかったから、あんぽんたんで良かったです。

> 朔良も大人なっていくんだね  見守っていた方に気づけるか~~(無理でしょう)

ゆっくりですけど、自分で考えています。いい方向に進めばいいと思います。
コメントありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

2014/03/09 (Sun) 21:12 | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメントさま

 ヾ(〃^∇^)ノえへへ……ばれちゃった。
島本君とは、きっとうまくいかないと思うけど、朔良に少しは影響を与えたと思います。

今日は、文章の推敲をする時間が取れなかったので、連載はお休みすることにしました。
もし、覗いてくださっていたら申し訳ないです。(´・ω・`)
また、明日よろしくお願いします。
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2014/03/09 (Sun) 21:09 | REPLY |   

nichika  

今になると 彩があんぽんたんで良かった~~~やった== ぐ腐腐
朔良も大人なっていくんだね  見守っていた方に気づけるか~~(無理でしょう)

2014/03/09 (Sun) 14:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment