FC2ブログ
FC2ブログ

朔良咲く 14 

いずみという名の少女は、殆ど病院で過ごしているせいか、年齢よりもっと幼く見えた。
小学校も入学以来、ほんの数日しか通えていないという。

「せんせい。王子さまは、いずちゃんに会いに来たのかなぁ。」
「どうかな?お話してみようか。」
「いずちゃん、王子さまとお話するのはじめて……。どきどきする。」

島本が手を上げて自分を呼んでいるのに、朔良は気付いた。
出来る限りの不機嫌そうな表情を作り、渋々傍に行く。

「……なに?」
「悪いが、話し合わせてくれ。」
「は?」

「王子さま。いずちゃんに会いに来たの?」
「僕……?王子さまなんかじゃな……っ!」

ぎゅっといきなり上から肩を押されて、朔良は仕方なく少女の目線まで降りた。

「王子さま。はじめまして。いずちゃん、ドレスじゃなくてごめんなさい。」
「……はじめ……まして……」

少女のきらきらと輝く目には、朔良は絵本の王子さまにでも見えるのだろうか。上気した頬で、じっと朔良の言葉を待っている。
その状態に困ってしまった朔良は、そっと手を伸ばし頭を撫でようとしたが、ヘッドギアに阻まれた。
仕方なく上げた手で、柔らかな子供の両頬をゆっくりと包み込んだ。
朔良の行動に、訳の分からない島本は唖然としながら見守っていた。

「あ……の。がんばってね……。歩く練習は、痛くてとても辛いと思うけど。」
「うん。いずちゃんね、時々一人で泣くの。」
「そうか……一人で。えらいね。」
「王子さま。また、いずちゃんに会いに来る?」

ちらと島本を見たら、頼むと目の前で手を合わせていた。

「え……っと……うん。この病院には時々来るから、会えるといいね。後ね、僕は王子さまじゃなくて、朔良って言う名前なの。織田朔良っていうんだよ。」
「王子さまじゃなくて、さくらちゃん?いずちゃんの保育園のお友達と同じお名前だ~!」

いずみの目線に島本も降りた。

「いずみちゃん。それじゃ訓練室に戻ろうか。先生に抱っこする?」
「ううん、せんせい。いずちゃんはさくらちゃんと手をつなぐの。いこ、さくらちゃん。」

すみませんと、母親が声を掛けて来た。朔良の希な美貌に母親の方が戸惑って、目を瞠っている。

「いいえ。別に急ぎませんから……」

朔良の手に、小さな手がぶら下がるようにしてぎゅっと握った。リハビリ室なら、朔良も良く知っている。

「さくらちゃんにも、王子さまが会いに来る?」
「そうだね。今は一人なんだけど、いつか来てくれると嬉しいね。」
「いずちゃんね、さくらちゃんがぷりきゅあの王子さまなら、魔法が使えると思ったんだけどなぁ。ざんねん。」
「魔法?お願いしたいことが有ったの?」
「ううん、いいの。……さくらちゃんも、パパにお姫さまのドレス買ってもらうの?」
「僕は男だからドレスは着ないよ。ドレスは可愛い女の子が着なきゃね。いずみちゃんが大きくなったら、きっと似合うよ。」

いずみは下から朔良を見上げた。どこか悲しい諦めに満ちた子供らしくない顔だった。

「さくらちゃん、あのね。いずちゃんは大きくならないの。ママが泣くから、ないしょね。」
「え……っ?」

大きくならないって……?
その場で固まってしまった朔良に、いずみは微笑んでばいばいと手を振った。
屈託のない笑顔で、身体を揺らしながら去る少女に、それ以上掛ける言葉を持たない朔良だった。

「朔良姫、ありがとう。助かった。正直、どうしようかと思った。あの子には、朔良姫が王子さまに見えたんだな。」
「どういうこと?あの子、大きくならないって言ってたよ。ママが泣くから、内緒だって。」
「悪いけど守秘義務があるから、患者のことは話せないんだ。ただ、あの子の言う通りだと思う。じゃ……な。」

小さくなっていく少女の姿が、廊下の角を曲がり見えなくなった。

「そんな……」

朔良の中にあった小さな気泡が、ゆらゆらと浮かび上がってぱちんと弾けた。通いなれた総合病院を、いつもとは違う気持ちで朔良は後にした。




本日もお読みいただきありがとございます。(〃゚∇゚〃)

朔良の前に現れた少女の言葉に、深く沈めていた何かが浮かび上がってきました。

(。・ω・。)ノ 「さくらちゃん、またね~」

(´・ω・`) 「うん……」


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

奈々さま

> こんなに小さな子供なのに。諦めたような。悟ったような。悲しい運命を背負っているんですね。

病院に学校があって、泉ちゃんは病室からそこに通っている設定です。
チョイ役のはずだったのだけど、一応こまごま最初に考えて書いています。脳腫瘍が取りきれなくて、歩行困難になっています。
(´・ω・`) 「ごめんね、いずみちゃん……」
(。・ω・。)ノ 「いずちゃん、だいじょぶなの~♪」
( *`ω´) 「此花のぼけ~、かす~」
|・ω・`) 「……ごめんって。」


朔良姫、頑張れ!もちろん朔良姫も誰もが経験しない過酷な運命の中で何とか生きてきたと思います。
でも良いご両親と大好きな彩くんがいつも傍で見守っていてくれたんだよね。だから頑張ってほしいな。

そうそう。そこに気づいてほしいです。でも自己中だからな~

いずみちゃんの言葉を思い出すと涙が溢れます。

此花も読み直しているときに、ちょっとだけじんわりしてしまいました。
いずみちゃんも幸せになりますように。

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)


2014/03/05 (Wed) 13:58 | REPLY |   

奈々  

こんなに小さな子供なのに。諦めたような。悟ったような。悲しい運命を背負っているんですね。朔良姫、頑張れ!もちろん朔良姫も誰もが経験しない過酷な運命の中で何とか生きてきたと思います。でも良いご両親と大好きな彩くんがいつも傍で見守っていてくれたんだよね。だから頑張ってほしいな。いずみちゃんの言葉を思い出すと涙が溢れます。

2014/03/04 (Tue) 21:45 | REPLY |   

Leave a comment