FC2ブログ
FC2ブログ

朔良咲く 10 

朔良の様子のおかしいことに気付いた理学療法士……島本の行動は迅速だった。

伸ばされた手を、一番触れてほしくない男が掴んだが、すでに朔良は意識を手放しかけていて気付いてはいない。
床に叩きつけられる前に、島本は素早く朔良の身体を拾い上げた。
一目でパニックの発作だと見抜くと、すぐに食事療法指導室が空いていることを確かめて、抱き上げた朔良を運んだ。
パニックの症状は、本人の苦しみに反して、数値に出る事は少ない。救急車で運ばれるほど苦しんでも、僅かな時間で発作が治まり、病院に到着する頃には本人が驚くほど何ともなかったりする。

丸くなって震える朔良を思わず懐に抱えると、島本は見た目よりもはるかに細い朔良に驚いた。
榊原の話を聞き、相変らず尊大で不遜にさえ見える朔良を想像していた。
島本は、突然パニックを起こした朔良を、落ち着かせることに専念した。
子供のように頼りない朔良を包み込むように優しく抱きしめると、背中をゆっくりと繊細に撫でた。

「大丈夫だ。何も怖くないから……大丈夫。」
「……怖い……おにい……ちゃん……怖い……」
「大丈夫。直ぐに落ち着く。君はいつだって強かったじゃないか。直ぐに収まるよ。よしよし……」

10分もそうしていただろうか。
静かに朔良を抱いていた島本は、自分を見上げる視線に気が付いた。

「どうした?治まったか?」
「……何で、あんたが……」

島本は優しい目を向けた。

「ここに居るのかって?」

朔良は肯いた。高飛車な言葉が口を突いて出てくる。

「あんたの顔なんて、見たくもないんだけど?……つか、その手を離してくれない?キモイ。」

島本は苦笑した。朔良から手を伸ばして来たのだとは言えなかった。

「それとも、昔のように押し倒してみる?ここでも親の威光は健在なの?」
「……さっきまで、可愛かったのに相変らず毒気が多いな。とんだ野良猫だ。」
「ふん……僕が猫なら、あんたは死肉を喰らうハイエナじゃないか。」

島本の顔が歪む。
朔良の暴言は、容赦なく島本の心をえぐった。
自分が過去に朔良に何をしてきたか、決して忘れたわけではない。

何事もなかったように朔良は立ち上がった。一瞬軽く眩暈がしたが、その場から早く立ち去りたかった。

病院内でスタッフの持つPHSで島本が連絡し、さっき別れたばかりの主治医が飛んで来た。

「朔良君!倒れたんだって?驚いたよ。」
「もう……平気です。ちょっと胸が苦しくなっただけだから……」
「まだ顔色が良くないな。心療内科の診察を受けて帰るかい?」
「いいえ。まだ薬もありますし、大したことないです。それに……あの、理学療法士さんがちょうど傍に居てくれたので……」
「ああ、そうか。島本君がいたんだったね。運が良かった。」
「いえ。……仕事に戻ります。」

朔良と島本の過去を何も知らない主治医はそう言ったが、島本はいたたまれずその場から逃げるように去ろうとした。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

朔良がチクチク嫌味を言っています。♪ψ(=ФωФ)ψふふ~んだ……


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

> お久しゅうです! リアルの転居もすみ、段ボール箱との格闘です

お久しぶり~ふでっす。(〃゚∇゚〃) おお、お引越しされてたんですね。お疲れさまです。
まだまだ寒いので、お体にお気を付け下さいね。お疲れが出ませんように。

> 朔良と島本がどうかかわってくるか。。。 彩をずっとナイトのように頼っている状態だしね

どうなりますやら……なんか、どんどん朔良が女王さまみたいになってゆきそうです。♪ψ(=ФωФ)ψ

> 巻末のコントも面白いですね~~~♪ψ(=ФωФ)ψ←いや違うって!

♪ψ(=ФωФ)ψうふふ~、つい遊んでしまいます。
まじめなお話書いてると、遊びたくなってしまいます。(〃゚∇゚〃)
コメントありがとうございました。

2014/03/01 (Sat) 23:03 | REPLY |   

nichika  

一気に読んだ

お久しゅうです! リアルの転居もすみ、段ボール箱との格闘です
朔良と島本がどうかかわってくるか。。。 彩をずっとナイトのように頼っている状態だしね

巻末のコントも面白いですね~~~♪ψ(=ФωФ)ψ←いや違うって!

2014/03/01 (Sat) 17:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment