FC2ブログ
FC2ブログ

朔良咲く 4 

ひっそりと遠くから彩の姿を見て居たいと願っただけの朔良を、悪魔が蹂躙する。
陸上部部室に入部届を持って足を踏み入れた時、朔良はいきなり誰かに襲われた。
ぐるりと天地がひっくり返る。

成長した朔良は、社会と隔絶された高校という狭い世界では、何も起こらないだろうと油断していたのかもしれない。
だが、朔良の容姿は思春期を超える頃には、本人の思いとは裏腹に爛漫と咲く華美な枝垂れ桜のようにどうしようもなく際立っていた。
同じ年代の同性の中に入ると、異質な美貌は顔を伏せていても注目を集める。
誰かに言わせれば、物憂げに佇む朔良は「手折るべき一輪の花」だった。
一途で潔癖な性格にそぐわぬ妖艶な容姿を持ったのが、朔良の一番の不幸だった。

*****

姿かたちは違っても、這う手と荒い息に、自分を襲ったのが鏡の向こうからいつも朔良を呼ぶ夢魔だとわかった。
夢魔は数人居て、容赦なく朔良を蹂躙した。

「あ……あぁっ……!おにいちゃん……!助けて!」

助けを呼ぶ声も伸ばした手も、彩に届かなかった。
乱暴されたことは、誰にも知られてはならなかった。
誰かの口から自分が穢されたと、彩の耳に入るのを朔良は恐れた。唇をかみしめ、朔良はあの日のように呆然と虚空を見つめたまま静かだった。

「明日も来いよ?良いな。仲良くしようぜ?」
「可愛いなぁ……何か、そこらの女より綺麗な面してるのな、お前。誘ってるような濡れた目だな、ぞくぞくする。……こういう美人、何ていうんだったっけ……青蛾?」
「俺のものになれ、朔良姫。手放すのが惜しくなっちまった。」

あちこち撫でまわしながら、相手が吐いたその言葉にはっと瞠目した朔良は、自分が再び恐ろしい夢魔の手に落ちてしまったのだと理解した。
そして黙って耐えてさえいれば、いつか相手が女ではない骨ばった自分に飽きて自由になれるだろうと考えた。

どれ程嫌悪しても、雪花石膏の肌が薄く色づき、胸の突起が朱色に固くしこる。
やわやわと揉みこまれて、屹立する青いセクス。
気持ちを裏切り、生理的に反応する自身の身体を朔良は呪った。

のしかかる巨躯に蹂躙されながら、唇をかむ朔良を眺める島本という名の夢魔は、上機嫌だった。不思議と島本は、朔良の身体を手酷く痛めつけるようなことはしなかった。

グラウンドの片隅の部室の中に迷い込んできたような朔良を、面白がって仲間と共に貶めたのち、改めて朔良の姿を陽の中で見たとき、島本は驚愕し密かに固唾をのんだ。
粗暴な島本は、倒れ込んだ朔良の姿に一目で心を奪われた。そして無垢な天使の純潔を穢したことに畏怖し、後悔していた。

島本は、乱暴者だったが一度朔良を酷く抱いた以外は、壊れ物に接するように注意深く扱った。
そればかりか自分以外の者が、朔良の肌に勝手に触れることを許さなかった。

「これからは、あいつに手を出すな。あいつは俺の女にする。いいな。」

顔を見合わせた彼らは、不満を押し込め仕方なく島本の言葉に従った。

*****

朔良は島本にどんな目に遭わされても、大好きな彩の姿を見る為だけに、学校に通っていた。
時折、練習中の彩が視線が絡めて手を上げてくれる。確証のない、ほんの数秒の逢瀬の為に、朔良は不良の巣食う陸上部に在籍した。
朔良が上級生と付き合っているという噂は、一部の生徒の間で広がったが彩だけは知らなかった。


それから数年後、朔良は彼らと思わぬ再会をする。
交通事故で大怪我を負って以来、高校を休学し一切関わりもなくなっていたはずだった。






本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

昨日はパソコン工事が入って、ネットにつなげなくなっていたのです。。・゚゚ ’゜(*/□\*) ’゜゚゚・。
すぐにパソコンもつないでくれると思っていたのですが、一日遅れてしまったのです。何か、先日の大雪のせいで工事がずれ込んでいたらしい……
携帯でお知らせ記事を上げたはずだったのですが……(´・ω・`) 「あら……記事が上がってない。どゆこと?」←あんぽんたん

明日から、朔良に新しい展開があります。
きちんと前を向いて歩けるようになるといいね。(〃゚∇゚〃) 此花次第?

( *`ω´) 「てめぇ……」

♪ψ(=ФωФ)ψ 



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ







関連記事

0 Comments

Leave a comment