FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 52 

※BL的性表現があります。ご注意ください。

きっぱりと言い切った彩の言葉に安堵して、里流はとうとう嗚咽を漏らした。

「おれも……おれも……叶わないと思っていたけど、彩さん……彩さんっ……。」

彩は忙しなく服を脱ぎ捨てると、首筋から胸へと胸の中の里流に吸痕を付けながら舌先を滑らせた。

「……んっ。」

小柱を舌で転がされると、甘い痺れが走る。強く吸われて、何もない胸の突起だけが膨らんで赤みを増した。
乳首を甘噛みされて、里流の先走りに濡れたセクスは、早く触れてほしくて求めるようにふるりと震えた。

「……あぁぁっ!」

しかし脱げかけたシャツが、里流の腕を自由にさせなかった。
気が付いた彩は、そのままふっと笑って背後で緩く袖を結んでしまう。

「どうして欲しいか言ってみろ、里流。俺にどうして欲しい?」

夕べのように酷くされたら……と思うと、まぶたが熱くなる。

「い、や。……さ、触って……彩さん……」

「どこを?」

「や……だぁ。」

「ちゃんと言葉にしなきゃ、わからないよ。里流?」

「う……っ、ぅ……」

もどかしさに耐えきれず、ついに欲求を口にした里流の下肢に、彩はわざとゆっくりと焦らすように手を伸ばした。濡れた先端の滴を指先に絡め、熱く猛ったモノを握り込みながら彩はささやいた。

「なぁ、里流。俺は馬鹿みたいに大学だけに固執していたんだ。そうしないと俺の夢はかなわないと思い込んでいた。でも、今日分かった。夢をかなえる方法は一つじゃない。里流のグラブに小学生が投げたボールが答えだったんだ。ほんとにバカだよなぁ……。この上、里流まで失くしてしまったら途方に暮れるところだった。里流……」

がくがくと腰が揺れる。
彩の言葉は里流にはもう届いていなかった。開放を求めて揺れる腰を突きだして、もっと触って欲しいと里流は身悶えた。
狂おしく彩を求める荒い息が、彩を触りたいと必死に訴える。

「おれも……彩さんに触れたい……彩さん……」

後ろ手に緩く拘束されたような格好になって、里流は彩の腹に頬をこすり付けた。そのまま両頬を挟まれて上を向かされた里流に、再び深いキスが落とされた。
枷にもならないシャツを床に落とされて、安堵の涙が頬を伝う。まぶたの上にも優しく唇が落とされた。

昨夜と違う彩の愛撫に蕩けながら里流は、自由になった両手で彩を抱きしめた。彩の滑らかな腹に里流の涙が転がってゆく。

「おれ……諦めなくて良かった……」

本音が零れ落ちる。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

[壁]ω・)……いつ終わるんだ……



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

0 Comments

Leave a comment