FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 46 

ゲームに興じる子供たちも、誰かと共に白球を追う喜びを知ってしまったら、時には恋しく思うらしい。

「ボール持ってるの?お兄さん。僕ら、ソフトボールしか触ったことないんだ。へぇ、高校生の使うボールってこんな小さいの?固いねぇ。」

「そうだな。中学校へ行くと軟式野球だからボールは小さくなってもまだ柔らかいけど、高校は硬球だから慣れるまで大変だぞ。今からちゃんと身体の正面で捕れるように、キャッチボールしておけよ。」

わきゃわきゃと喧しい子供たちに囲まれて、三人は懐かしい感情を思いだしていた。
ふと、困ったような顔をして輪から外れ、会話に入れない少年を見つけ、彩は声を掛けた。

「ねぇ、君は野球しないの?あ、ソフトボールか。」

「先生。ぼくね、運動神経無いんだって。キャッチボールしても、届かないから……みんなが入れてくれないの」

「そうなのか?でも、好き?」

悲しげにこくりと頷く少年は、上気している。
里流は自分と同じ目をした少年に近付くと、目線に降りた。

「おれもね、めちゃくちゃ運動神経無かったんだ。でも、ずっと諦めないで頑張ったんだ。君たちのパソコンの先生が、おれに野球を教えてくれたんだよ。」

「ほんと?お兄ちゃんも届かなかった?」

「ああ、すごく下手くそだったんだ。でもね、織田先生はパソコンの先生だけど、野球も上手いし教えるのも上手なんだ。だから、ほら。キャッチボール教えてくださいって頼んでみな。」

「ボール固いよ……当たったら痛そう……」

「受け取る時は転がしてあげる。投げる時だけ、うんと力いっぱい投げればいい。俺が向こうに行って手を上げたら、思い切り投げるんだよ。彩さん、この子とキャッチボールするから、ちょっと見てあげてください。」

*****

「いいよ~~!」

離れた所から手を上げる里流に向かって、少年は力いっぱいボールを投げたが、力んだボールはすぐ間近に叩きつけられたように落ちて、転々と転がった。やっぱりと、他の子供たちは顔を見合わせた。

「駄目だよ……できないもん。」

「ちょっと見てて。これが君の投げ方。ほら!」

彩が同じように投げたボールは、思いっきり逸れて、少年は哀しそうに見つめた。

「投げ方変……」

「そうだね。で、これが俺の投げ方。」

里流に届く真っ直ぐな軌道に、思わず少年が声を上げる。

「わ~……!」

「いいかい?いきなり投げないで、投げる前に左手を伸ばすんだ。投げたいところを決めて……あのお兄ちゃんの胸のあたりに指先を向ける。やってみな?」

「こう……?」

「そうだ。そうすれば俺と同じ投げ方が出来るよ。右足を引いて、胸を張る。それから指先を向けた所に思いっきり投げろ。」

「えいっ!」

少年は気付いていなかったが、たったそれだけで腕は後ろに引かれ、力強くしなって振れるようになる。
全身を使って投げたボールは、最初の手投げと違い、弓なりではなく力強い弧を描いて、里流のグローブに乾いた音を立てて吸いこまれた。

ぱんっ……!!

「届いた!?うわ~……やったぁ!」

「な?もう一回やってみろ。できるから。」

「うんっ!」

何度もボールを投げる少年の目が、輝いて来るのを彩は感じていた。見守っていた子供たちも驚いていた。

「出来るじゃないか。一度で出来るなんてすごいよ。これから毎日練習すれば、もっと上手くなる。」

微笑む彩に、どんと少年は抱き付いた。

「やった~!先生、ありがとう~!」

彩はどうしていいか分からず、取りあえずその子の頭をぽんぽんと撫でたが、里流にはその子の気持ちが良くわかった。
何も出来なかったあの日、手を伸ばしてくれた彩がそこにいるようで、里流は嬉しかった。

傍に寄って来た沢口がささやいた。

「惚れ直した?」

「なっ……!」




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

子供たちのおかげで、二人は大切なものを思い出せたでしょうか。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

njchikaさま

> 此花ちん 先生かと思うような描写 (あくまでも勝手にです) 良いとこを言葉にするのも大変ですよね
> どれほどの影響があるか。。。 

小学校の先生の言葉は、此花も結構覚えていたりします。いい意味でも、悪い意味でも、人間形成途中に関わる人達の責任は重大です。

彩の思い描くものにたどりつけばいいね

案外欲しかったものはすぐそばにあったのだと気付き始めているかもしれません。(〃゚∇゚〃)
早くらぶらぶになれるといいなぁ……と思います。
コメントありがとうございました。(〃^∇^)o彡

2014/01/31 (Fri) 14:41 | REPLY |   

nichika  

ひゃ!!!

此花ちん 先生かと思うような描写 (あくまでも勝手にです) 良いとこを言葉にするのも大変ですよね
どれほどの影響があるか。。。 彩の思い描くものにたどりつけばいいね

2014/01/30 (Thu) 21:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment