FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 36 

一体何が彩を怒らせているのか、里流には激昂の理由が分からなかった。
喉元に苦い胃液がこみ上げて吐きそうになるのを、何とか耐えた。
血走った眼の彩が、苦しむ里流に一瞬驚いて、目を逸らした気がする。里流は精一杯、静かに声を掛けた。

「織田……さん……?どうした……んですか?」

「うるさいっ!何も知らないで俺に同情するな!いいから、もう帰れ!」

普段滅多に声を荒げる事の無い彩が、里流の前で無防備に本音を吐露しようとしていた。

会いたかったが会いたくなかった、裏腹な感情が彩の中で交錯する。

「帰れませんよ……。何も聞かされていないのに何を同情するんですか?おれに、先輩の話をしてください。教えてください。」

「おまえに話すことなど無い。子供じみた夢が全部、一夜でご破算になった。それだけの事だ……。」

安ホテルの埃じみた床のカーペットの上に、二人は直接座り込んでいた。
里流はそっと彩の手に触れた。

「織田さんの同僚の方が、織田さんのおかげで大きな仕事が上手くいったと喜んでいましたよ。おれはその話を聞いてうれしかったです。織田さんはいつだって……何に向かっても全力で戦う人だって知ってたから、どこにいても頑張っているんだなって。」

「里流……。お前が知っている俺は、もういない。俺の中に昔の俺を捜すのは止めろ。」

彩は苦しそうに視線をずらした。

「それは、例えば……おれを丈夫にするために、毎朝一緒に走ってくれた事ですか?くじけそうなおれに、諦めるなって言ってくれました。だからおれには事情は分からないけど織田さんにも諦めて欲しくないです……」

「それ以上、綺麗ごとを言うな。虫唾が走る……理屈では割り切れない思いがあるんだよ。里流は、これまで挫折を味わった事は無いのか……?」

「挫折……大切な人を一晩で失ったことなら、おれにだってありますよ。」

「そうか、お前の所は母親しかいなかったな。」

「父の事じゃありません。初恋が成就した次の日、おれは恋人を失いました。」

「……」

居酒屋で眠り込んだ彩を見ても、関わりを持たず放っておけば良かったのかもしれない。しかし里流は自分には未来を見せておきながら、もがいている彩を置き去りにできなかった。

「織田先輩……彩さん。おれは、彩さんの力になりたい。おれには何も出来ませんか?おれに出来る事があるなら、何でもします。」

「何でも……?ははっ……俺の屈折した鬱憤(うっぷん)を、丸ごと受け止めると言うのか。酔ってるんだ。酒のせいだと言い訳して、何をするかわからんぞ。これ以上乱暴されたくなかったらさっさと帰れ!」

「彩さん……傍に居させてください。おれも、もう何もわからない子供じゃありません。今の彩さんの事、知りたいです。」

里流は手を伸ばし、彩の頬に触れた。

酔いの醒めかけた冷たい唇に、柔らかな吐息がかかる。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

素直になれない彩は、きっと里流に弱みを見せたくないのです………だから、きっと甘い夜にはなりません。
(´・ω・`) 泣かないでがんばれ、里流。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 彩に告げた言葉は、もちろん 今の里流の本心でしょう
> でも 吐き出す先も無く ドロドロと溜め込み積もった 彩の此の感情を 本当に受け止められるの??

その辺りを、どうするか悩んでいます。受け止める方法が、身体というのはどうなのかと……
納得していただけるかどうかわかりませんが、里流になったつもりで……「やめろっ!」■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ「きゃあ~」

> 彩の中で ずっと 煌き輝いている里流と居た頃の思い出
> 今の 卑屈な彩の側に居る事で 唯一のものが 壊れてしまう気がして…

きっと里流は卑屈になった彩の中にも、過去の輝いていた先輩の姿を探しているのです。

> 一人 奈落の底に墜ちようとしている彩を 里流は 救い出せるのでしょうか
> それとも 共に…
> (。´Д⊂) ウワァァァン、切ないのぉ~~...byebye☆

気付くかどうかなんですけどね……BLの心象風景を交えて描くのはすごく時間がかかります。だって、このちんついてないからさ~(´・ω・`) えあ、てぃんこ……

コメントありがとうございました。
ちゃんと自力で復活しろよ、彩。 ヾ(〃^∇^)ノ

2014/01/15 (Wed) 20:34 | REPLY |   

けいったん  

彩に告げた言葉は、もちろん 今の里流の本心でしょう
でも 吐き出す先も無く ドロドロと溜め込み積もった 彩の此の感情を 本当に受け止められるの??

彩の中で ずっと 煌き輝いている里流と居た頃の思い出
今の 卑屈な彩の側に居る事で 唯一のものが 壊れてしまう気がして…

一人 奈落の底に墜ちようとしている彩を 里流は 救い出せるのでしょうか
それとも 共に…
(。´Д⊂) ウワァァァン、切ないのぉ~~...byebye☆

2014/01/15 (Wed) 10:29 | REPLY |   

Leave a comment