FC2ブログ
FC2ブログ

これまでと、今後のあらすじ 

(先輩×後輩 再会物)

片桐里流(かたぎりさとる)

織田彩(おだひかる)

***

織田朔良(おださくら)





自分のせいで怪我をしてしまった朔良の足が治るまで、傍に居ると決めた彩。

我儘に手を焼きながらも少しずつ良くなってきた朔良に、彩はふと自分の夢を思い出す。

いつかは大学に行って、子供達の手助けをしたい……そんな夢を話す彩に母は彩の知らなかった現実を語る。

思いがけない父親の多額の借金に、彩は打ちのめされ、夢が遠のくのを実感した。

朔良の父親の申し出を受け、就職すべきかどうか深く悩む。

それでも前を向こうとした矢先、再び彩を襲ったものは…………





「きえちんのこと」

本編とは関係ありませんが、此花と仲良くしてくださっていた「たつみきえ」さんの訃報が届きました。


何も知らないでBLを書きはじめて、多くの方にいろいろなことを教えていただきました。
その中の一人が、きえちんでした。


大みそかにコメントをいただいて、いつもと変わらぬ様子に、新しい年も変わらぬ親交を続けて行けるものと思っていました。

いきなりの悲報……とても信じられないです。

此花の拙い絵を差し上げるたび、いつも大喜びしてくださったきえちん。

今年はもっと上手になるはずだったんだよ。

優しい住人を次々生み出していく、魔法の指を持っていたきえちん。

此花は自分にはないきえちんの筆力が、いつもとてもうらやましくて……そして妬ましかったです。

最後の記事を自分で書いて、もしもの時のために誰かに託して準備していたきえちん。
心中を思うと、胸が痛いです。
いつかその日が来るのだとしても、もっともっとうんと先だと思っていました。


きえちんが待ってるからねって言ってくれて、年が明けたら連載を再開するからねと約束しました。
此花もきえちんが少しお休みしていた時に、ずっと待ってるからねって同じことを言いました。
書くこと大好きだったね。
読者様のことも、身内のように深く愛していたきえちん。
此花もそうありたいと思いました。

字書きの端くれだったから、きえちんと知り合えました。
約束をしたから、これからも書いてゆきます。

多くのものをいただいたのに、此花は何の返す術も持たないけれど、こうして拙い小説を一生懸命書いていることで、きえちんとどこかでつながっている気がします。

だけど……だけどね、きえちん。

メールを送ったけどお返事なかったよ……

どこに行けば、もう一度優しいきえちんと会えるのかなぁ。

いっぱいありがとね。

いつかまた、どこかで逢おうね。

此花咲耶
関連記事

3 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 此花さま、きえちんに とても心が籠った優しい素敵な言葉を ありがとう

きえちんに届けばいいと思います。あの場所が大好きだったから……

> きえちん宅でのコメ欄と 今日の此花さまの記事を読んでは 泣いてしまう私

此花はけいったんさんのコメを読んで泣きました。きえちんはきっとみんなわかっていたのかもしれません。
でも突然すぎるよ……きえちんのあんぽんたん~。

> そんな私を きえちんは 呆れ笑っているかもしれません
> いつまでも ウジウジしていたら 夢にきえちんが出て来て 怒るかな?
> きえちんは、優し過ぎる女性だから 仕方ないなぁと 笑っているかな?

きえちんはいつも、読者さまにとても感謝していました。
読んでくださる方が背中を押してくれるのが、うれしい、それが新しい作品を書く原動力になるとおっしゃっていました。
余り泣いてると、心配するかもしれません。
でも、新しいお話に逢えなくなると思うと悲しいです……

> いつもの けいったんになるまで コメは書けないかもしれませんが、絶対に読んでますから
> 更新を 楽しみに お待ちしております。

ありがとうございます。
此花のことはいいのです。書いているといつも思い出せる気がしますから。
これからもずっと、きえちんのこと忘れないでいます。

2014/01/05 (Sun) 14:17 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/04 (Sat) 21:40 | REPLY |   

けいったん  

此花さま、きえちんに とても心が籠った優しい素敵な言葉を ありがとう

きえちん宅でのコメ欄と 今日の此花さまの記事を読んでは 泣いてしまう私
そんな私を きえちんは 呆れ笑っているかもしれません
いつまでも ウジウジしていたら 夢にきえちんが出て来て 怒るかな?
きえちんは、優し過ぎる女性だから 仕方ないなぁと 笑っているかな?

いつもの けいったんになるまで コメは書けないかもしれませんが、絶対に読んでますから
更新を 楽しみ お待ちしております。

2014/01/04 (Sat) 17:09 | REPLY |   

Leave a comment