FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 26 

結局、彩は朔良の父親の申し出を受ける事にした。

考えた末に決めた彩の報告を、母親は涙を浮かべて聞いた。
無理をしていると分かっていても、朔良の父親が提示した条件は大卒と同じもので、彩の家にとってもありがたい申し出だった。

「そう……。そうすることにしたの。彩はそれでいいのね?」

彩は肯いた。

「俺も今のままだと身分は高卒でしかないわけだし、伯父さんの所みたいな企業にはなかなか入れないからね。でも、いつになるか分からないけど、朔良の足が良くなったらいつかは大学に行くよ。折角だから、貰った給料を貯めて学費にする。そうすれば張合いもできるからさ。少しは家にも入れられると思うから、お母さんはお父さんの事を考えてあげて。」

*****

それから彩は、仕事の忙しさに流されるようにして、日々を過ごしていた。
朔良もリハビリを続けながら復学して、一年遅れで卒業した。
朔良が卒業証書を広げて見せた時、彩はふと思いだすこともなくなっていた後輩の事を思った。
里流は今頃どうしているだろう。明るい目をして、まっすぐに見つけた夢に向かっているだろうか……

三日に一度はリハビリの為に時間を取られたが、近隣の各種学校に派遣されてゆくパソコン講師の役は、彩の性に合った。
顔を見るなり、あ、パソコンの先生だ!と駆けてくる子供たちは、とても可愛い。
街中で彼らは彩に向かってぶんぶんと手を振った。

「気を付けて帰るんだぞ!」

「は~い!先生、またね~。」

朔良の足はあまり思わしくなかったが、病院からの帰り道、彩はいつも容赦なく歩かせることにしていた。

「買い物して帰ろう、朔良。そろそろ春物が必要だろう?給料が出たから、何か買ってやるよ。」

「おにいちゃんが買ってくれるの?じゃあね、アルマーニのスーツ……と言いたいところだけど、ウォーキングシューズにする。片方だけ直ぐに擦り減ってしまうから買ってくれる?」

「よし、じゃあ靴屋まで歩くぞ。少し距離はあるけど、頑張れ。」

朔良はう~と口をとがらせたが、やがてアルミの杖を両手に立ち上がった。身体が左右に揺れるのが痛々しかったが、敢えて手は貸さなかった。

「歩くと身体が揺れるでしょう?みんながじろじろ見るから本当はすごく嫌なんだよ。」

「ほら、ぶつくさ言わないで歩く。これもリハビリの延長だ。もう少しきちんと踵が上がるようにならないとな。綺麗に歩けたほうが、反対側の足に負担がかからなくなるって、先生も言ってたからな。まだ片方だけ筋力が無くて細いから、体幹がぐらぐらぶれるんだよ。」

「ぼく、モデルになれるほど、毎日ウォーキングの練習してると思う。」

「そうだな。最近は少しは頑張ってるって認めてやるよ。それに、もうじき仮免許も取れるんだろ?」

「おにいちゃんを乗せてあげるからね。免許取ったら一緒に旅行に行くんだ。」

「いつになるかな。」

「すぐだよ。どこに行くか決めておいて。」

足が悪くても、車に乗ることはできる。朔良も少しずつ前を向こうとしていた。
本人は歩く姿が奇異で目を引くと思っているようだったが、顔を上げた朔良の容姿は、花が咲くように周囲の目を引いた。
行き交う人がほうっとため息をついて、朔良の顔を盗み見る。

「朔良。さっき通りすがりの中学生が、あの人かっこいいって言ってたぞ。」

「かっこいいのはおにいちゃんだよ。ぼくは自分の顔は嫌いだ。これまで碌な事なかったもの……」

両手にアルミ製の杖を持って、ゆっくりと歩く朔良の歩調に合わせて、彩はさりげなく道路側に立つ。
彩の視線は、朔良だけに注がれていた。

額に汗しながら、懸命に足を運ぶ。
朔良は、大好きな彩に見守られて、つかの間幸せだった。





にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

0 Comments

Leave a comment