FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 25 

それに、この話を受けてしまったら枷(かせ)になるのではないかと、心の片隅に引っかかるものがあった。

「仕事のことは分かりました。それで伯父さんの会社にお世話になったとして、仕事の合間に俺に朔良の面倒を見ろと言う事ですか?それだったら、バイトの合間にでも出来ると思います。コンビニとかだったら、時間ごとにシフトが組めるから大丈夫なはずです……。」

「いや。朔良の面倒を見る代わりに、仕事として日当を受け取ると思ってほしいんだ。妻もそろそろ仕事に復帰してくれと言われているし、正直、君以外に誰も朔良の機嫌を取れる者がいないんだよ。あの子が訳合って、昔から人を信用しないのは彩君も知っているだろう?」

「……知ってます。」

父親の言う「訳」というのは、朔良の少女めいた容姿に起因する。少年でありながら持ってしまった透明な美貌が、朔良の不幸だったと言えるかもしれない。

彩の目には見慣れた朔良の顔は、嗜虐の性向を持つ者にとって「そそる」特別なものらしかった。
小さな子供のころから、理不尽な目に何度もあってきた朔良が、盲目的に彩の手を求めるのは無償で守護をする存在として認識しているのかもしれないと思う。

彩が覚えている限り、最初に朔良が同性に性的暴行を受けたのは、小学生の低学年の頃だった。
近所の高校生に連れ出された朔良が、公園の茂みで呆然としているのを発見したのは彩だった。身体中に赤い水玉の模様がついた朔良は、あちこちに擦り傷が出来ていて、首には絞められたらしい赤い指の痕がついていた。
朔良を連れ出した犯人は、ぐったりとした朔良を死んだと思いうち捨てたのだが、幸運にも朔良は息を吹き返した。

自分の着ていたジャンバーを羽織らせて、震える朔良を何とか背負って自宅に連れ帰ってから、周囲が大騒ぎになったのを覚えている。大人の目には一目で朔良がどんな目に遭ったかわかってしまった。
白い太腿に流れる一条の血の筋は、お気に入りのジャンパーを汚し、染みになった。
彩は哀しかったが、母親は決して血のことを口にしてはいけないと厳命した。

彩には詳細は知らされなかったが、大人たちの言葉の端々から、話を推測した。
朔良を連れ出した高校生が朔良を乱暴した後、殺すつもりだったことや、連れだしたのはこれが初めてではなかったこと。
締め切ったカーテンの向こうから、時々朔良の悲鳴が聞こえた。その度に、彩が呼ばれ朔良は彩の顔を見て落ち着いた。彩は幼い朔良にとって、眠れない夜の精神安定剤になった。

「おにいちゃん……」

首にかきつく朔良の身体は、一つ違いの彩が抱けるほど軽かった。
彩は仲の良い朔良が無事だったことに安堵したが、見えない場所に出来た深い傷まで思いやったりはできなかった。
彩はごく普通の子供で、いつしか日々の喧騒の中で、朔良のこうむった災禍は記憶の片隅に埋もれた。

病弱だった朔良が、彩の後をどこまでも追うようになったのは、そんな事件があった後だったかもしれない。
彩はただの甘えん坊だと思って来たが、朔良にとって恐ろしい魔人の手から救いだしてくれたヒーローとして刷り込まれたと気づいていなかった。

必死に後を追う朔良は、彩と同じ高校を受験した。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

ちょっと事情がありまして、数日のお休みをいただきます。
もしわけありません。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

5 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメント様

あっという間に、12月です。
あれこれと多忙な日々が続いていて、更新がままなりません。
早く書きたいのですけどね~(´・ω・`)
もう少ししたら、時間が取れるかと思います。待っててくださったらうれしいです。
よろしくお願いします。(〃゚∇゚〃)

2013/12/07 (Sat) 22:11 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/03 (Tue) 22:47 | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメントさま

美少年は大変なのです……(´・ω・`)
いつか、うんとぼろぞうきんな美少年のお話も書いてみたいですが、このちんハピエン主義だから~。■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ
ネタバレになってしまいますが、実は彩は朔良のパパの会社に就職してしまいます。
……束の間の平穏な時間が訪れますが……続く~

身内に不幸があって、更新をお休みしています。もう2・3日すれば落ち着くと思うので再開しましたら、どうぞよろしくお願いします。(`・ω・´)

2013/12/02 (Mon) 23:45 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> 過去の出来事は 今も朔良には 忘れられないもの
> その時に救ってくれた彩は ずっと 朔良のヒーローで 一番 心を委ねられる存在なのでしょう

たぶん傷は癒えても、怖かった想いとかは残っているのだと思います。
トラウマでしょうか……朔良がちょっと可哀想でした。。・゚゚ ’゜(*/□\*) ’゜゚゚・。←

> 彩は それだけ依存されているとは 気付かなかったんだねー

たぶん当たり前のことをしただけで、記憶の隅っこにうっすらあるくらいかな……と思います。

> 朔良の親の会社に就職という 今回の話しは、
> 大学に行けなかった彩を思っての事とと思ったり、 一生 縛り付けるものと聞こえたり...

観方によっては重い枷となりそうです。いい話ではあるのですけれど。

> ただ 親の借金が 重く重く 圧し掛かりますよね!
> 彩は、どんな答えを 出すのかな?

結構まじめなタイプなので(長男だしね~)自分を追い詰めていきそうです。

> もうすぐ テレビでは 「年末」と名が付く番組が放送される時期になって来ました。
> 気忙しさも手伝って 何かと 慌ただしく感じられます。
> 事情で 暫く 更新をお休みされるとの事ですが、 此花さま くれぐれも お体に無理の無い様に お過ごし下さいませ。

書きたいのですけどね~、ちょっと身内に不幸事があってまとまった時間を取るのが難しかったのです。

(´・ω・`) なんとか年内でハッピーエンドにしたいです。今年も早くも12月です。一年たつのは本当に早いです。けいったんさんもお風邪など召しませんように。

> (〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~byebye☆ 

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/12/01 (Sun) 09:24 | REPLY |   

けいったん  

過去の出来事は 今も朔良には 忘れられないもの
その時に救ってくれた彩は ずっと 朔良のヒーローで 一番 心を委ねられる存在なのでしょう

彩は それだけ依存されているとは 気付かなかったんだねー

朔良の親の会社に就職という 今回の話しは、
大学に行けなかった彩を思っての事とと思ったり、 一生 縛り付けるものと聞こえたり...
ただ 親の借金が 重く重く 圧し掛かりますよね!
彩は、どんな答えを 出すのかな?

もうすぐ テレビでは 「年末」と名が付く番組が放送される時期になって来ました。
気忙しさも手伝って 何かと 慌ただしく感じられます。
事情で 暫く 更新をお休みされるとの事ですが、 此花さま くれぐれも お体に無理の無い様に お過ごし下さいませ。
(〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~byebye☆ 





2013/11/28 (Thu) 17:13 | REPLY |   

Leave a comment