FC2ブログ

小説・若様と過ごした夏・36 

あたしは、宗ちゃんを呼びに篠塚の家へ走った。


宗ちゃん。


宗ちゃんが、佳奈叔母さんの記憶の鍵なの。


佳奈叔母さんは、若様のお母さんの生まれ変わりなの。


情報が多すぎて、筋道立てて話をするのは、あたしの脳みそには不可能だった。


お寺へ向かう道中、思いつく限りの話を宗ちゃんに浴びせ、宗ちゃんは何となく理解したらしかった。


宗ちゃんは双子で生まれて、片方の兄弟が亡くなったというのも知らなかったらしい。


だとすると、宗ちゃんは若様の兄上の生まれ変わりなのかもしれなかった。


繰り返される兄弟の死。


封印され続ける、若様の記憶。


いつしか生まれてくる子供が、一人亡くなってしまうことに慣れてしまった奥方様。


哀しみの輪廻は、あたしの生まれるうんと前から続いていたのだ・・・


「で?

俺は、母さんに何ていえばいいんだ?」


早足で急ぎながら、あたしと宗ちゃんは相談していた。


「若様に、佳奈叔母さんの事、お母さんって呼んでもらったらどうかな。」


「それでもし、母さんがこんな子知らないって言ったら、どうするんだ、真子。」


「う~・・・そこまで考えてないよ~。」


「母さんに、俺の片割れが亡くなった覚えは、あるのか?」


「たぶん・・・その辺はおばあちゃんが話してくれてると思う。

でも、怪しかった。」


「あっ、やば。若様が・・・憑く・・・」

え~~!?


「宗ちゃんっ!駄目だって!」


「気を確かに持ってよっ。今、若様が入ったら、困ったことに・・・」

宗ちゃんの、雰囲気が変わった・・・


うわ~、若様来ちゃったよ・・・


「真子。探したぞ。」


「うん、あたしも。」(棒読み)


「お芳が、母上に会わせてくれると言ったから、なにやら今日は、気持ちが浮き立つようなのじゃ。」


「若様は、お母さんの顔を覚えている?」


「・・・会えば判ると思う。

母上は、お体が丈夫ではなくてわたしは数えるほどしか会ってはおらぬ。」


縁の薄い親子のようだった・・・


関連記事

0 Comments

Leave a comment