FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 20 

生活に疲弊し、汚れたシャツは皺だらけで昔の面影の欠片もない彩に、一体何があったのか。
……里流が知るのはずっと先になる。

*****

里流が壇上の姿を見て涙したその頃、彩はずっと朔良に付き添っていた。
朔良はほんの少しの間も、彩が傍を離れるのを嫌がった。
卒業式に出席できたのは、最後だからと朔良を根気よく宥めたりすかしたりして、やっと小さく諾と頷いたからだ。
それでも制服に身を包んだ彩が、行って来るからと病室を出て行こうとすると朔良は、やっぱり嫌だと言い出した。

「朔良。何度も話をしただろう?」

「だって、本当に卒業式かどうか、わからないもの。おにいちゃんは、ぼくをほおっておいてそのまま誰かと遊びに行ってしまうんだ。やだ。」

彩はため息を吐いた。朔良は入院して以来、すっかり聞き分けの悪い子供のようになっている。寝台の横に腰を掛けて、彩はそっと朔良に一枚の紙を見せた。

「朔良。……ほら、これが式次第だよ。ちゃんと今日の日付と時間が書いてあるだろう?俺も両親に出席してもらいたいし、卒業式位出ておきたいんだ。もう最後なんだよ?」

朔良は彩の様子をうかがった。

「おにいちゃん……怒ってる……?」

「怒ってなんかない。朔良は昔から一人で留守番するの嫌いだったからな。式が終わったら、すぐに戻ってくるから、少しの間一人で待っていて。おみやげは何が良い?いい子にしてるなら何か買って来てやるよ。」

「うさぎやのモンブラン・シュー……おにいちゃんと食べる。」

「二時間待ちのやつか。まあ、いいよ。朔良が食べたいなら、並んで買って来てやる。」

「……買ったらすぐに帰ってくる?」

見つめる朔良に彩は肯き返した。まだ身動きもままならない朔良の足の状態は酷かった。手術できる状態になるまでに、20日近くを擁した。
全身麻酔で八時間もかかった手術後、数日して局所麻酔で三時間、整復に時間がかかった。
足首にはボルトが二本突き出していて、術後の朔良の足を見た母親は、その場で脳貧血を起こした。

「こんな大きな傷が残るんですか?!先生、この子まともに歩けるようになるんですか?元通りになるんですか?」

「よさないか、紗子。」

「だって、あなた!朔良が……」

手術の成功を告げた外科医に食い下がる母親をなだめながら、父親はちらりとそこにいる彩を頼った。

「済まないね、彩君。紗子は朔良の事に関しては、平常でいられなくてね。君にもきついことを言うかもしれないが、我慢してくれよ。」

結婚して長く子供に恵まれなかった朔良の母親にとって、朔良は文字通り我身を削った分身だった。しかも小さく生まれた上に身体も弱かったので、傍目には過保護に見えるほど甘やかして大切に育ててきた。朔良の両親にとって、朔良は何物にも代えがたいただ一つの掌中の玉だった。

「いいえ、叔母さんが言うのは無理ないです。朔良にも叔母さんにも悪いことをしたと思ってます。もう学校は自由登校だから、少しでも良くなるまで当分朔良の傍にいます。」

「そうか。すまないね。君も大学受験があるだろうに。」

結局、彩はセンター試験を棒に振り、大学受験を諦めた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

卒業してしまった彩はこれからどうなるのでしょう……(´・ω・`)
里流と彩の今後は……


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ





関連記事

3 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 今までだって 彩に依存していた朔良が、この怪我で 更に 強く強くなって来ましたね。
> ひと時も 離さない離したくない その気持ちも分かるけど...

そうなのです。わがままな朔良が全開です。彩はこんなはずではなかったと、呆然としています。
>
> でも 彩にとってみれば それは 贖罪であって 決して 愛へと変わる事は無いと 私には思えます。

Σ( ̄口 ̄*)はっ……まずい。色々ばれてる気がするぞ……(〃ー〃)どきどき。
>
> 放り投げたくても 逃げたくても 出来ない
> 今の状況が この先も 長く続く事に 彩は耐えるしかないけど、精神は 次第に 壊れて行かないか 心配です。
> だから 数年後の 彩の姿へと 変貌しているのでしょうか?

逃げ出せない真面目な彩だからこそ、追い詰められてゆきます。う~ん……やっぱりけいったんさん、鋭いなぁ。精神が壊れてしまえば、いっそ楽になれるかもしれないのですが、そうはならないのです。

(´・ω・`) すまぬ~

> (つω-`。)…(´;д;`)ウッ・・。+゚(pωq)゚+。エーン...byebye☆

いつか笑える日までがんばります。(*/∇\*) ほんとよ。
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/11/22 (Fri) 19:50 | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメントりんごさま

続きを楽しみにしてくださってありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
朔良ママのことまで……(ノд-。)うれしいっす。でも、ママは甘やかしすぎるのですよね~

朔良は不安な反面、彩が傍に居るので甘えています。もっと他人を思いやれる子になってくれればいいのですが……(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

コメントありがとうございました。うれしかったです~(〃゚∇゚〃)

2013/11/22 (Fri) 19:40 | REPLY |   

けいったん  

今までだって 彩に依存していた朔良が、この怪我で 更に 強く強くなって来ましたね。
ひと時も 離さない離したくない その気持ちも分かるけど...

でも 彩にとってみれば それは 贖罪であって 決して 愛へと変わる事は無いと 私には思えます。

放り投げたくても 逃げたくても 出来ない
今の状況が この先も 長く続く事に 彩は耐えるしかないけど、精神は 次第に 壊れて行かないか 心配です。
だから 数年後の 彩の姿へと 変貌しているのでしょうか?
(つω-`。)…(´;д;`)ウッ・・。+゚(pωq)゚+。エーン...byebye☆







2013/11/22 (Fri) 10:05 | REPLY |   

Leave a comment