FC2ブログ

小説・若様と過ごした夏・35 

「良いわ。

何とかやってみましょう。


おばあちゃんは、何事か決心したらしい。


「ちょっと、佳奈。」


おばあちゃんが、佳奈叔母さんを借りた住職の部屋へと呼んだ。


「何?

後は、お料理の手配をしておかないと・・・

まだ、忙しいのよ、お母さん。」


「いいから、ちょっといらっしゃい。」

おばあちゃんは、凛としていた。


「あなたね、宗太郎が生まれた時のこと、覚えている?」


「なんなのよ、もう。

そんな昔の事どうだっていいじゃない。」


「宗太郎が生まれたとき、双子の片方の男の子が死んで、佳奈は病み疲れていたんだわね。」


え!?宗ちゃんも、双子だったの?

「・・・いいのよ。宗の方は無事だったんだから。」


「あたしは、宗が無事ならそれでいいの。」


どこか不自然な、佳奈叔母さんの言葉だった。


「おまえは、死んでしまった宗太郎の兄弟のことは、考えなかったの?」


「・・・」


佳奈叔母さんの顔は白かった。


視線はおばあちゃんから離れない。


「名前は何と付けたの?おっしゃい。」


「宗太郎の・・・兄弟の名前・・・?」


「宗太郎の・・・」

佳奈叔母さんは、記憶の底に沈んだものを無理矢理に、思い出そうとしていた。


「待って、お母さん。

・・・そうよ、わたしが名前をつけたのよ。」


「いつも、死んでしまう・・・

あなたの生んだ子は、双子だった。」


おばあちゃんは、佳奈叔母さんの中にいる人に、記憶を取り戻してもらおうと懸命に話しかけているのだった。


宗ちゃんが双子で、しかも兄弟は亡くなっていたなんて話は衝撃だった。


そんな風に何度も、繰り返されてしまったのだろうか・・・


若様は、再び生まれたもののやはり早くに亡くなったらしかった。


でも、そんな話の記憶は若様に無いと思う。


突然に、お墓の前に自分でもわからぬまま、佇んでいたのだから・・・


迷子になったまま、ずっとこの世に生まれてこれなくなった魂が若様だった・・・

関連記事

0 Comments

Leave a comment