FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 11 

大通りに向かう救急車両とパトカーのサイレンが、けたたましく鳴り響いていた。
思わず沢口と顔を見かわした。

「近いな、里流。行ってみるか?」

「そうだな。何か手伝うことが有るかもしれない。」

彼等は駆け出した。
そしてトラックの下部から引き出された、ありえない曲がり方をした自転車に、自分たちの高校のステッカーを見つけた。

アスファルトには、漏れたオイルで黒い染みが出来ていた。
細長いタイヤの跡が、細長く蛇行して焼き付いていた。
タイヤに挟まった自転車をトラックが引きずって出来たんだと、多くの野次馬が話をしていた。

「自転車の二人乗り」、「トラックに轢かれた」、「高校生」……口々に上る単語を聞く度、早鐘のように胸が鳴った。
少し離れた所に、彩の姿が見えた。

「里流、しっかりしろ。とにかく学校に帰って、先生に話そう。な?」

沢口がふらついた里流にささやいた。

「ここに居ても、できる事はない。帰るぞ。彩先輩は自分の足で立ってるから大丈夫だ。な?」

「うん……」

里流の目は、別れたばかりの彩が蒼白の顔をして、駆けつけた警察官に支えられるようにして立っているのを凝視していた。
後部ドアから、救急車の奥にいる誰かを、救急隊員が慌ただしく処置をしているのが見えた。彩が呼ばれて乗車し、覗き込んで必死に何か話している。彩は血にまみれた手を握っていた。
視線を送る里流に気付くことなく、騒然とした中、救急車に乗りこんだ彩は去った。
沢口は現場で目撃したと言う付近の店の店員を見つけ、話を聞いてきた。

「小雨が降ってただろ?織田先輩の乗った自転車がそこのカーブでタイヤが滑って、横滑りしたんだって。あそこは細かい砂が溜まって滑る場所で、この間も単車が転倒して大怪我したところだって。織田が道路に投げ出された所へ、運悪くトラックが走ってきたらしい。」

「沢口。自転車……めちゃめちゃに壊れてた……あそこの染み……きっと、織田朔良の血だ。」

沢口は里流の握り締めた拳が、震えているのに気が付いた。

「里流。落ち着けって。織田先輩は無事だったろ?見ただろ?織田先輩が無事なのは確かだから。」

「でも、真っ白だった……彩さんの顔、血の気が無かった。一緒に乗ってた織田朔良は?なぁ……おれ、どうしよう……どうすればいいんだろう……」

動転して、幾度も同じことを繰り返す里流の頬を、仕方なく沢口はパンと打った。

「しっかりしろって、里流。お前が部員の指揮を執るんだろ?みんな待ってるぞ。」

「……沢口……」

「起きてしまったことを、ここでとやかく言っても仕方がない。想像したって、今の里流には悪いことしか思いつかないだろ?先生に報告して、先輩が行った病院を聞いてもらった方が良い。きっと織田は怪我をしているだろうけど、死んだわけじゃない。動けなかったけど意識はあったって、近所の人が話してたから、少なくとも最悪の場合はないんだ。」

打たれた頬がじんと痺れた。沢口の言うとおりだと思う。何をおたおたしているんだと、自分も両手でぱんと活を入れた。
ロードに出た部員たちは皆、沢口と自分が何か言うのを待っていた。

「……今日はロード練習は中止にする。全員、ここで見たことは口外無用だ。学校に戻って事実確認した後で、おれが報告するから自主練しててくれ。バック!」

*****

里流と沢口が学校に戻った時、既に教員室も騒然としていた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(´・ω・`)
交通事故に遭ってしまった、彩と朔良。なんか……不幸な匂いが……



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 粗筋にも書いてた この場面が!
> とうとう 不幸の時へと 物語は突入して行くのですね!

幸せな時間は、もう終わってしまいました。里流と彩の接点はなくなってしまいました。(´・ω・`)
>
> 彩と朔良が乗っていた自転車が 横滑りして 運悪く そこへトラックが来るなんて~~!(T▽T)
> 具合の悪い朔良を乗せて 彩が無謀な行動はしないと思うのに どうして!?

雨が降っていたので彩は無理をしました。
路肩に砂がたまっていて、滑ったのです。実は此花、昔単車で路肩で滑ってこけたことがあります。経験談……(*ノ▽ノ)きゃ~どんくさかった~

> でも 起きてしまった事は 今更 何を言ってもしょうがない。。。

(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚「彩さん……」誰が里流を励ましてくれるかな。
>
> 御心配掛けました 母の風邪ですが、声嗄れと咳は残っているも 熱は下がり 今まで以上に 我がままし放題です。(苦笑)
> でも それくらい 元気になってくれて 良かったと思ってます。

良かったですね~こじれると大変です。大切にしてあげてくださいね。
>
> 私の住んでいる所は、今晩から急激に寒くなるそうです。
> 此花さまの所は、もう 真冬並みに寒いのかな?

なんか昨日まで20度あったのに、今日は16度でした。そろそろ寒くなるみたいです。あったか下着を着なきゃね。(〃^∇^)o彡▽毛糸のぱんつ~

> 風邪の季節到来ですので 此花さまも くれぐれも お体に無理の無い様に お過ごし下さいませ。
> ブルブルブル((*´д`*))サムゥ...byebye☆

寒いのは嫌いです~。こたつでゆっくりしたいです。でもこたつって入ると、なぜか眠くなってしまうのです、いかん、いかん……
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/11/11 (Mon) 22:16 | REPLY |   

けいったん  

Σ(TρT)あーーー・・・!!

粗筋にも書いてた この場面が!
とうとう 不幸の時へと 物語は突入して行くのですね!

彩と朔良が乗っていた自転車が 横滑りして 運悪く そこへトラックが来るなんて~~!(T▽T)
具合の悪い朔良を乗せて 彩が無謀な行動はしないと思うのに どうして!?
でも 起きてしまった事は 今更 何を言ってもしょうがない。。。


御心配掛けました 母の風邪ですが、声嗄れと咳は残っているも 熱は下がり 今まで以上に 我がままし放題です。(苦笑)
でも それくらい 元気になってくれて 良かったと思ってます。

私の住んでいる所は、今晩から急激に寒くなるそうです。
此花さまの所は、もう 真冬並みに寒いのかな?
風邪の季節到来ですので 此花さまも くれぐれも お体に無理の無い様に お過ごし下さいませ。
ブルブルブル((*´д`*))サムゥ...byebye☆

2013/11/11 (Mon) 10:15 | REPLY |   

Leave a comment