FC2ブログ
FC2ブログ

嘘つきな唇 1 

盛夏

思い出すだけで、胸が締め付けられる切ない過去があった。
今も色あせる事のない情景が、倒れそうな里流を支えていた。

*****

白球が弧を描き、スタンドに吸い込まれていく。
暫しの無音の後、勝者側の割れんばかりの歓喜の声と、敗者側の落胆のため息が交差する。
毎年、全国のあちこちで繰り返される、悲喜こもごもの夏の風景だった。

二回戦。
5回裏、相手チームの走者一掃のホームランで、コールドゲームが成立した。
最後までマウンドに立ち続けた三年生投手、織田彩は力投虚しく力尽きた。
駆け寄った捕手に抱えられてベンチに下がるその姿を、サードに居た二年の里流は滂沱の涙をぬぐおうともせず、じっと見つめていた。
試合ができるぎりぎりの人数しかいないチームで、誰も孤軍奮闘する彩を助けられなかった。

整列した弱小チームにも、応援席から惜しみないねぎらいの拍手が贈られた。
里流の一つ上の先輩、織田彩にとって高校生活最期の試合が終わった。
学校に帰ると、彩は直ぐに部室に急ごうとする二年生の片桐里流に声を掛けた。

「里流。次期キャプテンはお前だ。頑張れよ。」

「は……い。」

裏返った声に、彩は思わず帽子を取り上げ、がしがしと涙ぐんだ後輩の頭を撫ぜた。

「泣くな。俺は一回戦勝っただけでも上出来だと思っているんだ。お前ら二年が頑張ったから、このチームはここまで来たんだぞ。」

「先輩たちの……実力です。」

「ははっ。レギュラーの中に、三年は4人しかいないけどな。なぁ、来年は、もっと上を目指せよ。これだけ、経験者が残るんだ。きっとやれる。」

「先輩たちと、一緒にやれて良かったです……」

日焼けした顔に、彩は眩しい笑顔を浮かべる。
もう明日から、三年生と共に練習することもない。進学校で野球を続けて来た彼らは、これから大学受験を目指して勉強三昧の日々へと突入する。
ぐいと、手の甲で涙をぬぐった里流は、大きく頷いた。

「がんばります!先輩。これまでありがとうございました!」

「あしたーーーーっ!(ありがとうございました!)」

揃って頭を下げる下級生の頭を、一人ずつ乱暴に小突いて、三年生の彩は友人と共に野球部から去った。

*****

「終わったな~。もう先輩たちと野球できないんだな。」

「来年、一年生が入って来るまで、この人数で練習だな。里流?」

「わりぃ。ちょっとトイレ。」

しばらく迷った末に、里流は自転車置き場に急いだ。

「織田先輩!」

「どうした?部室に何か忘れていたか?」

「いえ……違います。言いたいことが有って……あの、今日の最後の一球……抜けてしまったけど、もし、うちのチームに交代要員がいて、先輩位投げられる奴が居たらって思って。……おれ……サードでいつも先輩の背中見てたから、わかったんです。最後の投球の時、とても投げれる状態じゃなかった。おれ、先輩には散々迷惑もかけたし、最後まで役に立たなくてすみませんでした。」

「ああ……足がつったの、ばれてたのか。体力配分できなかったのも、敗因だな。きっと、軽い熱中症になったんだと思う。今年の夏は、特別暑かったからな。本当のことを言うと、立ってるのがやっとだった。バッターがかすんで見えなかった。」

「先輩の最後の試合だったのに、コールド何て無様な記録を作らせてすみませんでした。おれ、もっと打てるように身体つくります。来年は、三回戦に行きます……」

里流は一生懸命話をしながら、だんだん支離滅裂になっていると自覚していた。しかし、今を逃してしまえば、もう会話すらできなくなるかもしれない。
彩が近寄って来て、ひょいと顔を覗き込んだ。
見つめる優しい視線に晒されていると、何だか今を逃してしまうと、もう二度と機会はないような気がする。一度、涙もろくなった涙腺は、歯止めが聞かなかった。

「おれ……先輩の事、尊敬……してます。好きでした、ずっと。」

「里流。」

「……迷惑かけるつもりはありません。でも、最期だから打ち明けます。先輩がいたから野球続けられました。これまで毎日付き合って下さって、ありがとうございました……」

彩は、目の前で必死に言葉を選んでいる後輩が、初めて野球部に入った時の事を思いだしていた。




本日から連載を始めます。(〃゚∇゚〃) ←昨日、寝てしまった……
野球部の先輩後輩が主人公です。
上手く、最後はらぶらぶになればいいなぁ……と思います。
よろしくお付き合いください。  此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

好き同士なのに、思いが交差する切ないお話になる予定です。

> タイトル 「嘘つきな唇」が いい!
> もう タイトルだけで 胸が ズキューンの バキューンです!!

きゃあ~(*/∇\*) このタイトルにしてよかったです~
実は、「君は二度目の嘘をつく」と、どちらにしようかと迷ったのでした。
>
> 粗筋も読みましたが、
> これから どんな展開になるのか 楽しみしてま~す♪
> (〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~byebye☆

ありがとうございます。少年時代から始めて、大人の二人のお話になるはずです。
よろしくお願いします。(`・ω・´) 

2013/11/01 (Fri) 19:40 | REPLY |   

けいったん  

切な系な お話しですよね?‥d(´・ω・`)

タイトル 「嘘つきな唇」が いい!
もう タイトルだけで 胸が ズキューンの バキューンです!!

粗筋も読みましたが、
これから どんな展開になるのか 楽しみしてま~す♪
(〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~byebye☆ 

2013/11/01 (Fri) 11:02 | REPLY |   

Leave a comment