FC2ブログ
FC2ブログ

風に哭く花 37 

出かけるのか?と問う兄に、光揮は玄関で振り返って、久しぶりに明るい顔を向けた。

「うん。けんかしてた友達と、仲直り出来たんだ。これから遊びに行って来る。」

「そうか。もう、大丈夫なんだな?最近、元気なかったから、気になってたんだ。」

兄は、歳の離れた弟の最近の異変に気付いていた。
口数も少なくなり、食欲もない。いつも、昏い顔をして学校に向かう足取りは重かった。
親が何かあったのかと問うても、静かに首を振るばかりだった。

「ごめんね、兄ちゃん。心配かけて。」

「良かったな。」

だが、つかの間の平安はあっさりと裏切られた。

その夜遅く、光揮は出かけた時とはまるで別人のようになって、こっそりと帰ってきた。自室のベッドに倒れ込んで声を殺して泣く光揮の様子を伺って、兄はまた喧嘩してしまったのかと思った。兄の目には、光揮はいつまでも自分の後を追って泣く小さな弟でしかなかった。

髪は乱れ、瞳に生気はなかった。伸びたTシャツの襟元、腕に痣がある。仲直りしたと言う相手と、再び揉めるほどの何があったのだろうか。

「光揮……兄ちゃんに、何があったか話せないか?」

力なく首を振る光揮のうなじに、赤い筋がいくつか見えた。兄は傷ついた弟を、抱きしめるしかできなかった。無力な自分を責めて、兄も自分を不甲斐ないと思う。
まだ大学生になったばかりの兄は、それを見ても喧嘩の延長で暴力行為を受けたとしか思っていなかった。
品行方正で優等生の兄は、これまで自分の周囲にうごめく悪の影を見たことがなかった。
直樹には、おとなしい光揮が捕らわれた物の正体が何なのか、見極める事さえできなかった。

*****

「話は、そんな簡単なものではなかったんだよ。……一度きりで終わればまだ良かったんだろうけどね。その日が光揮の地獄の、始まりだったんだ。可哀そうにね……」

まるで他人事のように、柏木は翔月の方を向いたまま、話をした。青児は、黙って話を聞いた。そうするしかなかった。
柏木の語る深い闇。
それは、ただ一人の弟を守りきれずに喪失した、余りに昏い深淵だった。

見かねた柏木は学校に出向き、光揮の友人数人と会い、光揮を虐めているという少年を特定したという。

「まだ、話をすれば何とかなる、僕が間に入っていじめさえなくなれば、光揮は元に戻れると能天気なことを思っていたんだよ。だから、俊哉の止めるのも聞かずに、僕はその子を呼び出してとっちめたんだ。こっちは高校生で、向こうは中学生だって言うのもあったしね。」

「弟をいじめるのをやめてくれないか……って、相手に頼んだんですか?」

「そう……そうだよ。相手の家まで行ってね、玄関先でとっちめた。喧嘩をするのは良いけど、怪我までさせるのは酷いじゃないか。こっちは出るところへ出てもいいんだ、そうすれば君のことは世間がほおっておかない。こういうことが明るみに出たら、高校進学だってどうなるか分からないだろうって言ったんだよ。……そうしたら、そいつはゲラゲラ笑い始めたんだ。やがて、二階から降りてきた兄貴という男も一緒になって、言ったんだ。帰って弟に、どうやって虐められたかどうか聞いてみなよ。俺等は光揮が望む通りの事をしてやっただけだ。まあ、あいつが出来のいい兄貴に、本当のことを言うはずはないけどな……って。」

語尾が震え、柏木は酷くつらそうだった。

「もういい、直樹。君にはこれ以上は酷だ。青ちゃんには、聞く権利があると思うから、後は俺が話をする。」

俊哉が、柏木の肩を抱きリビングへと誘う。

翔月と同じ、風に哭く花だったという光揮。
言葉で弄られて、嫌だと言いながら、中心を固くして泣いていた翔月。

じっと見つめる青児の目に、静かに眠る翔月と、見たこともない華奢な少年がかぶって見えた。




本日もお読みいただき、ありがとうございます。 ヾ(〃^∇^)ノ

どこか似たところのある、翔月と光揮。
傍に誰がいるかどうかで、こんな風に変わっちゃうのね……翔月には青児がいて良かったけれど。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

2 Comments

此花咲耶  

nichika さま

> 柏木さん まさか自分たちの年代でそのような事を起こすとは
> 想像もできないでしょう。。。

たぶん、優等生の柏木には余計わからなかったと思います。きっと、世俗にはとても疎いはずですから。

> 俊哉さんが話すとは うー怖いぞ 深層心理

全てを知っているらしい俊哉です。こわいね~(ノд-。)←
>
> あ 続きを見ないと

(〃゚∇゚〃) お読みいただき、ありがとうございます。

2013/08/23 (Fri) 22:07 | REPLY |   

nichika  

ガンガンガーン

柏木さん まさか自分たちの年代でそのような事を起こすとは
想像もできないでしょう。。。
俊哉さんが話すとは うー怖いぞ 深層心理

あ 続きを見ないと

2013/08/23 (Fri) 15:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment